スポンサーリンク

雑談 2021年に鑑賞した映画ベスト10 ネタバレなし

映画ブログイメージ2
スポンサーリンク

雑談 2021年に鑑賞した映画ベスト10 ネタバレなし

スポンサーリンク

2021年の個人的なベスト(順位付けなし)

てなことで、今年もいろいろ映画を観た。ブログを続けるためだけに観ているような感があって、一本ずつの感想投稿の質を上げたいのに、そういう方向性に踏み切れない一年だった(去年、一昨年と全く同じことを言ってるw)。

このブログは始めてそろそろ5年くらい経つと思うのだが、PVは相変わらず横ばい。正月から夏くらいにかけて右肩あがりで増えてきたんだけども、この年末に至るまでにまた現象傾向にあって、なんだかようわからん。とはいえ、リピートしてくれてる人もいるし、コメント残してくれる人もいて、それは本当にありがたいです。ありがとうございます。

てなことで、今年は映画館で鑑賞した映画の数は13本と、最近ではかなり少なかった。そのぶん、レンタル配信などをいろいろ使って鑑賞したので、劇場と家で鑑賞したものを分けずに、2021年に公開・配信・レンタルされた映画ベスト10(順位付けなし)として記録に残しておく。

この茫漠たる荒野で

映画 この茫漠たる荒野で ネタバレ感想 退役軍人と少女のロードムービー
南北戦争を生き抜いた退役軍人と、移民の子で現地人に親を殺され、その現地人は軍に殺されたという、2度親を亡くした少女との交流と絆が深まる過程を描いた西部劇的ロードムービー。派手さはないけど主演のトムハンクス、ヘレナゼンゲルの存在感が光る良作。ネタバレあり。

日本未公開。ネットフリックスで配信されたのを鑑賞。これは何で未公開だったんだろうね。と、思うくらい楽しめる作品。昔のアメリカが舞台だけど、その背景には現代社会への風刺も込められている。おすすめ。

暗数殺人

映画 暗数殺人 ネタバレ感想 釜山での実話を基にした物語
釜山で起きた事件の事実を基に構成された物語。暗数に該当する事件について執拗に捜査を続ける、ヒョンミン刑事の執念が描かれている。キムユンソクとチュジフンの存在感が良く、二人の対決がスリリング。

これは実話を基にした物語。相変わらず韓国映画は質の高い作品が多い。ほかには『KCIA南山の部長たち』も良かったし、アクションだと『ただ悪より救いたまえ』も楽しめた。

ゴーストランドの惨劇

映画 ゴーストランドの惨劇 ネタバレ感想 大男と女装男VS姉妹と母
ハラハラドキドキのホラー展開の中に、途中である驚きをもたらしつつ、話が面白いところもすごい。おそらく、2回目を鑑賞すれば、細かいところに伏線がかなりあるんだろうなと思わせる内容であった。

パスカルロジェ監督の見せる物語展開って鑑賞者をだまくらかす驚きがあって、そこが素晴らしい。そういう作風を今後も続けるのかは知らんけど、驚かせ続けてもらいたいねぇ。

ザ・ハント

映画 ザハント ネタバレ感想 上級国民が下層市民を襲う人間狩り
人間狩り映画としては評判通り、非常に優れた作品で、しかも面白い! 物語がサクサク進んでいきあっという間に劇終を迎えるスピーディな展開の中で、ユーモアのある殺しのシーンやセリフが入り、しかも昨今の社会情勢を風刺した内容になっている。

単なるアクション作品としてもスピーディな展開で面白いけども、そこに社会風刺も込められている良作。

隔たる世界の二人

映画 隔たる世界の二人 ネタバレ感想 タイムループで人種差別を描く
タイムループという設定を持ち込むことによって、人種差別という大きな問題の根深さを30分という短い尺のなかで見事に表現してる素晴らしい作品。

タイムループ作品が好きなのと、尺が短いこともあって軽い気持ちで鑑賞したら、これがすごい。タイムループというSF設定の中で、人種差別をテーマにしているという異色の作品。しかもその手法を取っているからこそ、訴えられるメッセージに重みと深みがある。素晴らしい。

プラットフォーム

映画 プラットフォーム ネタバレ感想 子どもは実在したか
原題は『穴』。作中の施設は一番底から最上階まで穴が続いているわけで、そこを行き来する食事を運ぶエレベーター的な台座が『プラットフォーム』なわけだ。ドン・キホーテや聖書が作中に出てきて、それが鍵になっているようだが、それらの知識がなくても楽しめる。『CUBE』みたいな雰囲気の格差拡大風刺作品。ネタバレあり。

なんかこうして個人的ベストを上げてみると、今年は社会風刺的な内容が込められてる作品が多いね…。ほかにも『ビバリウム』とかも悪くなかったよなぁ。この作品の記事は今年、最もPVを稼いでくれた1本。コメントを残してくれた人にも助けられた記事になった。

恐怖のセンセイ

映画 恐怖のセンセイ ネタバレ感想 スポ根ではないカルトな空手道
地味に、淡々と空手にのめりこんだ男の狂気を描き、そこに白黒で割り切れない暴力の恐ろしさや、スポーツを背景にマチズモを肯定するセンセイの気味悪さみたいなんも感じさせられて、楽しめる作品。

これもどうやら日本未公開だったみたい。すごく楽しめるブラックコメディ。暴力を肯定も否定もしないスタンスがよろしい。

フロッグ

映画 フロッグ ネタバレ感想 犯人は誰か 面白い伏線回収型スリラー
少年の失踪事件を捜査する刑事の自宅で、なぜか不可解な出来事がたくさん起こる。しかもその町では、15年前にも少年誘拐殺害事件が起きていた。その事件と今回の事件の関連性は? そして刑事一家で起こる謎の出来事の正体とは。前後半を異なるグループの視点で描いた、楽しめる伏線回収スリラー。

これは全然期待しないで、むしろ駄作だろうと思ってレンタルしたら、楽しめた。鑑賞者にミスリードさせていく物語展開が秀逸。

コンティニュー

映画 コンティニュー ネタバレ感想 ゲーム的タイムループアクション
元軍人が謎の殺し屋集団と戦うタイムループアクション。ゲーム的な設定でコミカルな展開もありつつ、スッキリ劇終を迎える楽しめる作品です。ネタバレあり。

今年はタイムループ系の新作がいっぱいあって、その中でもっとも楽しめた作品。メルギブの扱いがもったいないけど、楽しめます。

レイジングファイア

映画 レイジングファイア ネタバレ感想 ドニーイェンVSニコラスツェー
ドニーイェンVSニコラスツェー。犯罪組織の撲滅に奮闘するチョン警部(ドニーイェン)の前に、捜査を邪魔するものの姿。そこには過去に彼の部下だった優秀な刑事、ンゴウ(ニコラスツェー)の影が。ラストのド派手な銃撃戦とアクションが見ものの、ベニーチャン監督の遺作。ネタバレ。

今年最初の劇場鑑賞は『燃えよデブゴン』だった。そして最後に劇場で観た作品がこれ。そう考えると、ドニー先生に始まり、ドニー先生に終わった1年でしたな。ニコラスツェーの悪役ぶりも悪くなかったし、ラストの銃撃戦からのラストバトルの興奮度が最高。

ということで、今年鑑賞した中でのベスト10本でした。

おまけで邦画も2本

…邦画が入ってないね(笑)。邦画もそれなりの本数観たんだけどな…。ちょっと悲しい気もするので、おまけで邦画を2本。

孤狼の血 LEVEL2

映画 孤狼の血 LEVEL2 ネタバレ感想 ラストだけなんか抽象的
脇役たちの個性が際立っているところがいい。何より、鈴木亮平がすごい。やばすぎる存在感。全編通して上林の横暴ぶりにハラハラせずにはいられない。一方の日岡は耐久力高すぎ(笑)。

これは鈴木亮平がよかったね。

BLUE/ブルー

映画 BLUE/ブルー ネタバレ感想 ボクシング馬鹿の松山ケンイチが切ない
好きな女を友だちにとられ、しかも好きなボクシングでも、その友だちには勝てない。後輩にもどんどん抜かれていってしまうけど、ボクシング好き度だけはチャンピオンな男。そんなボクシング馬鹿を描いた切ない作品。ネタバレあり。

ボクシング馬鹿の松山ケンイチがさぁ…切ないんだよねぇ。

てなことで、個人的ベスト10作+邦画2本でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました