ヒューマン

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 リトルシングス ネタバレ感想 ラストまで犯人は誰?と思わせるものの期待しないほうがいい

連続殺人事件を捜査することになった保安官代理と刑事が、犯人と思われる男に振り回されてジタバタしつつ、保安官代理は自身の暗い過去に苛まれ、刑事は保安官と同じような道を進んでいっちゃいそうな感じ。二人はいったいどうなってまうのか、そして犯人は? 
2020年公開の映画

映画 ラストパニッシャー ネタバレ感想 ニコケイの復讐劇

ボスの代わりにムショでお勤めしてたニコケイが、19年ぶりに釈放。自分を嵌めやがったボス以下組織の奴らに復讐を試みるのだがーー。単なるリベンジものではなく、ニコケイB級映画にしてはなかなかエモくて余韻のある佳作(笑)。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 すべてが変わった日 ネタバレ感想 ケビンコスナーとダイアンレイン

息子を亡くした夫婦が、義理の娘の再婚先に孫を取り戻しに行ってみたら、その相手の家族と揉めちゃってバイオレンスな対決をする羽目になる話。ダイアンレイン演じる妻に終始振り回され続けるケビンコスナーが、不憫と言えば不憫(笑)。ネタバレあり。
スポンサーリンク
存在とかへの私的な疑問

映画 アノマリサ ネタバレ感想 声が同じなのはなぜか考察

他人の声がすべて同じに聞こえてしまう男、マイケル。彼は人生に飽きている。ある日、出張先に、唯一、自分の声を発声する女性に出会ったマイケルは、彼女に猛アタックして成就、添い遂げることを約束したのだがーーネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 無頼 ネタバレ感想 井筒監督の久しぶりの作品だが…

少年の頃からアウトローに生きることを選ばざるをえなかった男が、昭和から平成へと続く日本でどのように生き抜いたかを描いた作品。場面が目まぐるしく変わっていくので状況を把握しづらく、なんだかよくわからんうちに劇終を迎える残念作品。
2020年代の作品

映画 ドントルックアップ ネタバレ感想 笑えない風刺コメディ

『マネーショート』『バイス』など実話を基にしたブラックコメディを手がけたアダムマッケイ監督の作品。今回は実話を基にしてはいないけども、現代のアメリカで実際に起きた出来事などを内に秘めて戯画化したような内容になっている。正直、つまらなくはないけども大して笑えもしない普通な作品でした。ネタバレあり。
映画

映画 ゆきゆきて、神軍 ネタバレ感想 暴力も辞さない人を食ったような男、奥崎

ゆきゆきて、神軍太平洋戦争時、激戦区のパプアニューギニア戦から生き残った奥崎謙三は、彼の部隊で上官による兵隊の射殺事件が起こったことを知り、事の真相を究明すべくかつての部隊員たちを訪ね始める。そこで判明したこととはーーネタバレあり。 ―1...
映画

映画 チリ33人希望の軌跡 ネタバレ感想 実話を基にした救出劇

2010年、チリの鉱山で落盤事故が発生。地下700mに閉じ込められた33人の鉱員たちの運命を描く、実話を基にした物語。生き残りをかけた男たちの執念と鉱山の外側で彼らの救出に奔走する人たちの姿が描かれている。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました