1990年代の作品

スポンサーリンク
映画

映画 ダンテズピーク ネタバレ感想

映画 ダンテズピーク ネタバレ感想 90年代のディザスターパニックの作品と言えば、これと同年に公開されてた『ボルケーノ』が思い浮かぶし、当時10代だったこともあって、個人的には両方とも好きな作品だ。
映画

映画 ボーンコレクター ネタバレ感想 何度観ても犯人を忘れる

映画 ボーンコレクター ネタバレ感想 何度観ても犯人を忘れる この作品の面白味は、体を動かせないので現場に出られない安楽椅子探偵が、自分の目となり足となるアンジェリーナジョリー扮するドナヒーという優秀な助手を得たことで、遠隔操作的バディムービーとして展開していくところにある。
ホラー

映画 悪魔を憐れむ歌 ネタバレ感想 アザゼルVSデンゼルワシントンのラスト

映画 悪魔を憐れむ歌 ネタバレ感想 アザゼルVSデンゼルワシントンのラストはなかなか悲惨である。悪魔はいったいなぜにホブスを標的にしたのか。
スポンサーリンク
映画

映画 バックドラフト ネタバレ感想 消防士と放火犯

映画 バックドラフト ネタバレ感想 この作品のよいところは、火災現場のすさまじさが伝わる撮影をしているのと、放火犯は誰なのか? というサスペンス要素のあるところ。そこに兄弟の関わり合いが絡んでくるわけで、そこも見せ場なのはわかる。わかるけども、なんか、その関係性の深堀がすくないような気がして、物足りなさもある。
バイオレンス・クライム

映画 ハードターゲット ネタバレ感想 ヴァンダム&ジョンウー

映画 『ハードターゲット』細部は気にせずに、ジョンウーの演出したヴァンダミングアクションを楽しむ作品。
バイオレンス・クライム

映画 許されざる者 ネタバレ感想 無双ガンマンのイーストウッド

イーストウッドが監督としての存在感を強め始めたアカデミー賞受賞作品。この頃から大先生は単なるアクションやサスペンスではなく、そこに芸術性みたいなんを込めた作品を制作しだす。その芸術性ってのは人間の人生のやりきれなさみたいな絶望感や、人間の善悪を問うようなものだ。
映画

映画 浮き雲 ネタバレ感想 ラストで希望を見出せるか

人生がうまく行かうずにいる夫婦が、何とか希望を見出していく様に、静かな感動を得られる。
SF

映画 フラットライナーズ ネタバレ感想 臨死実験からの贖罪体験話

臨死体験からホラーな内容になっていくのかと思ったら、過去の罪に向き合う展開になってく贖罪話。キャストが豪華で、それぞれがに見せどころがあるところは見事。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました