犯罪者

スポンサーリンク
アクション

映画 アドレナリン ネタバレ感想 ステイサムとエイミースマート

アドレナリン全開になっちゃったステイサムが暴走するバカアクション。主人公が繰り広げるバカバカしい行動を追うだけの中身の薄い作品だけど、楽しめる。
バイオレンス・クライム

映画 ラストデイズオブアメリカンクライム ネタバレ感想

ネットフリックスオリジナル作品。率直に言うと、メチャクチャ退屈な映画。尺が長すぎてダレる。集中して観ているのが辛くなるくらいに何だか散漫な作品であった。
バイオレンス・クライム

映画 マスタープラン ネタバレ感想 スウェーデンの強盗リベンジ作品

相棒を金融会社に殺された自動車泥棒が、怒って復讐を企むケイパー映画。ネタバレあり。 ―2014年製作 瑞 92分―
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 HOMIE KEI チカーノになった日本人 ネタバレ感想

映画 『HOMIE KEI チカーノになった日本人』幼少期の生活環境が悪く、裏社会で生きざるを得なかった男が、いかにしてアメリカの刑務所で生き残り、メキシコ人ギャングのチカーノと絆を深めていったのかがわかる内容になっている。
バイオレンス・クライム

映画 コールドバレット凍てついた七月 ネタバレ感想 ドンジョンソンがいい

最初は息子を殺された親父が主人公をストーカーして嫌がらせしてる話なのに、気付くとその親父と主人公が仲間になって、事件の裏にある陰謀に関わっていくようになる超展開な作品。ある種の迫力がある内容で、ドンジョンソンがいい味出してる。ネタバレあり。
バイオレンス・クライム

映画 ザヤクザ ネタバレ感想 高倉健&ミッチャムの義理人情侠客作品

ロバートミッチャム、高倉健主演、アメリカ発の任侠ヤクザ映画。アメリカが描く日本と「らしさ」について考えさせられる。そして義理は重荷だ迷惑だ。「殺陣」と「おひかえなすって」と「指詰め」がみどころの作品。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 男たちの挽歌(2018) REBORN ネタバレ感想 オリジナルへのリスペクトはある

男たちの挽歌(2018) REBORN オリジナルへのリスペクトは感じる。ただ、マークの存在感が…。そして、日本風な日本描写に笑う。当然ではあるが、どうしてもオリジナルと比較しちゃうので、そういう観点からの感想です。
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

映画 女は二度決断する ネタバレ感想 ネオナチスVS生理が来ない女

大雑把に言うと、ネオナチスVS生理が来ない女 の話。偏見の目こそが、この映画において大事なことのように感じた。二度の決断どころか、三度も四度も決断しているようにも思える。ネタバレあり。 ―2018年公開 独 106分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました