格闘技

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 BLUE/ブルー ネタバレ感想 ボクシング馬鹿の松山ケンイチが切ない

好きな女を友だちにとられ、しかも好きなボクシングでも、その友だちには勝てない。後輩にもどんどん抜かれていってしまうけど、ボクシング好き度だけはチャンピオンな男。そんなボクシング馬鹿を描いた切ない作品。ネタバレあり。
韓国映画

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想 悪役は非常に嫌な奴だし、そいつに煮え湯を飲まされたヨフン(リュ・スンリョン)が怒りとともに捨て身の特攻精神で警察署にカチコミをかけるラストまで、なかなかにスリリングな格闘アクションが楽しめる。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 裸足のクンフーファイター ネタバレ感想

映画 裸足のクンフーファイター ネタバレ感想 ジョニートー監督のカンフー映画。『マッスルモンク』や『柔道龍虎房』的なハチャメチャ映画かと思っていたら、きちんとしたカンフー映画だった(笑)。人の生き方的なことを直截的に表現したジョニートー作品はあまり記憶になかったので、新鮮。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 肥龍過江 燃えよデブゴン TOKYO MISSION ネタバレなし感想

映画 肥龍過江 燃えよデブゴン TOKYO MISSION ネタバレなし感想 谷垣健治氏がドニーイェン先生と組んだアクションコメディ。イップマンシリーズを除く最近のドニー先生の香港格闘アクションの中でもかなり楽しめる作品。ネタバレなし。
2020年公開の映画

映画 イップマン完結 ネタバレ感想 ドニーイェンVSスコットアドキンス

映画 イップマン完結 ネタバレ感想 ドニーイェンVSスコットアドキンス アクションは相変わらずカッコいいし、どの戦いも名勝負ばかりだ。
2020年公開の映画

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャンが出てるだけ

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャン主演作ってことで期待して鑑賞したものの、肝心の格闘シーンの撮影が下手なのか何なのか、ビジュアル的にまったく迫力がなく感じてしまったのである。つまり見せ場である格闘シーンなのに、何の興奮もわかないのだ。これは残念すぎるだろ。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 ラストアライブ ネタバレ感想 女性限定の武術大会アクション

この作品の特徴は、行われる武術大会が女性限定の大会だというところ。その辺が華々しく感じられるかなと思ったら、主人公をはじめ、出演女優がみんな微妙なんだよ。ブスとは思わないけど、美人だなぁとも思えなくて、残念。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 カンフーハッスル ネタバレ感想 チャウシンチーの格闘コメディ

チャウシンチーの格闘コメディ。なかなか笑えるし最後の超展開に至るまでのアクションでもしっかりと楽しませてくれるのは、登場人物のキャラがそれぞれ個性的だからだろう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました