格闘技

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 アースフォールJIUJITSU ネタバレ感想 ひどいしつまらないSFアクション

6年に1度、彗星とともに地球へやってくる戦闘狂宇宙人を迎え撃つ、選ばれた9人の格闘家たち。彼らは異星人を倒せるのか。ニコラスケイジやトニージャー、フランクグリロらが出ていて、そこそこのアクションを見せるけども全然面白くない珍作。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 レイジングファイア ネタバレ感想 ドニーイェンVSニコラスツェー

ドニーイェンVSニコラスツェー。犯罪組織の撲滅に奮闘するチョン警部(ドニーイェン)の前に、捜査を邪魔するものの姿。そこには過去に彼の部下だった優秀な刑事、ンゴウ(ニコラスツェー)の影が。ラストのド派手な銃撃戦とアクションが見ものの、ベニーチャン監督の遺作。ネタバレ。
2021年公開の映画

映画 モータルコンバット(2021)ネタバレ感想 真田広之と浅野忠信も出てるグロアクション

ゲームで人気の格闘アクションが映画化された作品。以前のシリーズよりもグロ描写とかもちゃんとされてるし、真田広之のアクションも拝める。他にもジョータスリム、浅野忠信らが出てきて笑わせてくれるし、リュウの紋章の戦士たちがあまり頼りにならなかったりと、いろいろな面白要素がある。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 BLUE/ブルー ネタバレ感想 ボクシング馬鹿の松山ケンイチが切ない

好きな女を友だちにとられ、しかも好きなボクシングでも、その友だちには勝てない。後輩にもどんどん抜かれていってしまうけど、ボクシング好き度だけはチャンピオンな男。そんなボクシング馬鹿を描いた切ない作品。ネタバレあり。
韓国映画

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想 悪役は非常に嫌な奴だし、そいつに煮え湯を飲まされたヨフン(リュ・スンリョン)が怒りとともに捨て身の特攻精神で警察署にカチコミをかけるラストまで、なかなかにスリリングな格闘アクションが楽しめる。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 裸足のクンフーファイター ネタバレ感想

映画 裸足のクンフーファイター ネタバレ感想 ジョニートー監督のカンフー映画。『マッスルモンク』や『柔道龍虎房』的なハチャメチャ映画かと思っていたら、きちんとしたカンフー映画だった(笑)。人の生き方的なことを直截的に表現したジョニートー作品はあまり記憶になかったので、新鮮。
2021年公開の映画

映画 肥龍過江 燃えよデブゴン TOKYO MISSION ネタバレなし感想

映画 肥龍過江 燃えよデブゴン TOKYO MISSION ネタバレなし感想 谷垣健治氏がドニーイェン先生と組んだアクションコメディ。イップマンシリーズを除く最近のドニー先生の香港格闘アクションの中でもかなり楽しめる作品。ネタバレなし。
2020年公開の映画

映画 イップマン完結 ネタバレ感想 ドニーイェンVSスコットアドキンス

映画 イップマン完結 ネタバレ感想 ドニーイェンVSスコットアドキンス アクションは相変わらずカッコいいし、どの戦いも名勝負ばかりだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました