格闘技

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 ハイフォン ママは元ギャング ネタバレ ベトナム産格闘アクション

ヴェトナム産の格闘アクション。ネットフリックス配信作。都会のホーチミンと田舎町の風情を感じながらアクションも楽しめる。暇つぶしにはちょうどいい尺なので鑑賞しやすい作品です。 ―2019年制作 越 97分―
バイオレンス・クライム

映画 MARIA/マリア ネタバレ フィリピンの女殺し屋リベンジ作品

フィリピン製の女殺し屋リベンジムービー。この手のいろいろな作品の要素をいろいろごった煮にした感じのあるアクション作品。尺が短いので暇つぶしにはなるかな。ネタバレあり。―2019年製作 89分 比―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 イップ・マン外伝マスターZ ネタバレ感想 マックスチャン再び

前作でマックスチャンの詠春拳に痺れたので、ラストバトルのデイヴバウティスタとの対決が一番興奮した。イップ・マンに敗れたチョン・ティンチのその後を描く、彼の成長物語。ネタバレあり。―2019年公開 香=中 108分―
スポンサーリンク
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 導火線 ネタバレ感想 ドニーイェンの格闘アクション

香港から遅れること3年後くらいに日本でも上映されたドニー・イェン先生の格闘アクション。正義感強すぎて容疑者や犯人を半殺しにしてしまう暴力刑事の活躍を描いた良作。ラストバトルのカッコよさが際立つオススメ作品。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 87分―
アクション

映画 スカイライン 奪還 ネタバレ感想 エイリアンvsイコウワイス

『スカイライン 征服』の続編。一応前作の登場人物も出てくる。絶望的な状況から脱出しようとする人物たちのドタバタ劇から、侵略者とガチで戦闘を繰り広げるアクション要素の強い内容になった、エイリアン侵略アクション格闘ごった煮作品である。ネタバレあり。 ―2018年公開 英=中=加=印尼=新 106分―
映画

映画 クリード炎の宿敵 ネタバレ感想 ロッキーは涙腺緩みます

今までのシリーズは観るたびに泣けてきちゃうので、今作も涙出ちゃうんだろうなぁと思ってたら、やっぱりそうなった(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 脱出 Jailbreak ネタバレ感想 カンボジアの格闘アクション

『ザ・レイド』みたいな警官と悪者軍団の戦いを描いた格闘アクション。警官側が無敵すぎないところがよく、敵キャラもそれなりに個性的で楽しめる。ただ、ストーリーは適当な感じ(笑)。 ―2017年製作 柬 92分―
バイオレンス・クライム

映画 バイバスト ネタバレ感想 休む間もない格闘アクション

『ザ・レイド』の影響を受けたと思われるフィリピンの格闘アクション。敵の大軍団と戦い続ける警察側のスタミナがすごすぎ(笑)。ネタバレあり。 ―2018年製作 比 127分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました