格闘技

スポンサーリンク
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 ラストアライブ ネタバレ感想 女性限定の武術大会アクション

この作品の特徴は、行われる武術大会が女性限定の大会だというところ。その辺が華々しく感じられるかなと思ったら、主人公をはじめ、出演女優がみんな微妙なんだよ。ブスとは思わないけど、美人だなぁとも思えなくて、残念。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 カンフーハッスル ネタバレ感想 チャウシンチーの格闘コメディ

チャウシンチーの格闘コメディ。なかなか笑えるし最後の超展開に至るまでのアクションでもしっかりと楽しませてくれるのは、登場人物のキャラがそれぞれ個性的だからだろう。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 トリプルスレット ネタバレ感想 スコットアドキンスが強いんだけど…

トニー・ジャー、イコ・ウワイス、スコット・アドキンスらが大暴れする格闘アクション。銃撃戦あり、格闘戦ありでなかなかの迫力だ。だけど、ちょっと物足りない残念作品。
スポンサーリンク
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 龍の忍者 ネタバレ感想 真田広之VSコナンリーと田中浩の香港作品

真田広之のアクションが見たかったので鑑賞した。見てよかった。すごいの一言。殺陣もアクションもすごすぎ。ジャッキーのバッタもんみたいな表情のコナンリー(ごめん)よりぜんぜん動きがいいじゃん。ともかく、キレッキレでスピードが速い。ただし、それ以外に見どころはない。突っ込みどころはある(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 アヴェンジメント ネタバレ スコットアドキンス主演の格闘アクション

スコット・アドキンスがギャングのボスである兄に嵌められてムショ送りになる。ムショにも刺客が送られてきて血みどろの闘争を繰り返す中、脱獄に成功したアドキンス。娑婆でやることはただ一つ、兄とその仲間たちへの復讐であった。ネタバレあり。 ―2019年製作 英 88分―
バイオレンス・クライム

映画 沈黙の達人 ネタバレ感想 無敵のセガール拳が復活…か?

なんか間延びっていうか展開がのんびりしてて、必要あるかないかのエピソードもあって、ラストの20分くらい見とけば十分な感じ。まぁでもそれなりに楽しめる
アクション

映画 アメリカンアサシン ネタバレ感想 マイケルキートンが鬼教官

腐したいところもあるんだけども、全体的には楽しめる娯楽アクション作品であった。マイケルキートン演じる鬼教官の拷問シーンが、お笑い要素も感じる狂気(笑)。教え子に身をもって拷問のイロハを教えてやるとか、さすがだ(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 キスオブザドラゴン ネタバレ感想 ジェットリー主演作

ジェット・リー主演作は彼の格闘シーンを楽しむためにあるので、さほどストーリーに期待はできない。なので、そこは割り切って観ると楽しめると思います。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました