殺人鬼

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 スプリー ネタバレ感想 胸糞悪いインフルエンサーたち

ソーシャルメディアでフォロワーを増やしたい青年が、Uber Taxiみたいなサービスを開始。仕事風景を撮影しながら乗客を殺すことでバズりを狙う。登場人物のほぼ全員がバカかサイコ野郎。SNSサービスにのめり込む人々の風刺にはなっているが、面白くはない。
2020年代の作品

映画 殺人鬼から逃げる夜 ネタバレ感想 イライラするしツッコミどころも多いがおもしろい

聴覚障害のある女性が、目下人殺し中のサイコパスな男と遭遇したことで執拗に後を追われるスリラー。イラつく場面や突っ込みどころも多いがそれなりに楽しめます。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ビースト ネタバレ感想 韓国の刑事2人の対立と猟奇殺人犯の捜査と隠ぺい工作

元相棒同士だった刑事が、ある連続猟奇殺人を合同で捜査することに。お互いが出世のために悪事を隠そうとするなど汚いこともやってたら、後戻りできないほどにドツボにハマって行く――。いろいろな要素を詰め込み過ぎて長尺になっちゃってるが、それなりに楽しめる作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 悪魔のいけにえレザーフェイスリターンズ ネタバレ感想

あのレザーフェイスが帰ってきた。田舎でビジネスして一旗揚げようとしてた若者たち。いろいろあって、レザーフェイスの怒りを買ってしまい、次々にチェンソーの餌食になっていく。そこへ1作目の生き残り、サリーも登場するのだが…ネタバレあり。
サスペンス・スリラー

映画 クローブヒッチキラー ネタバレ感想 ラスト結末がおかしいがつまらなくはない

16歳のタイラーは、10年前に起きた連続殺人事件の犯人が父なのではないかという疑惑を抱く。不安に駆られた彼は同事件を独自に調べている同級生の女子と協力して真相究明に乗り出す。ストーリーがなかなか面白く、中盤以降の展開はお笑い要素もあって楽しめるが、ラストが納得いかない惜しい作品。
2020年代の作品

映画 さがす ネタバレ ラストの結末が意外

失踪した父親をむすめが必死こいて捜し続けていくうちに、娘は父親がどのような人物だったのかを見出し、ある決断をする話。時系列をいじって興味をひかせる展開はおもしろいが、なんかかけるものがあるように感じる話。ネタバレあり。
映画

映画 ジェニファー8 ネタバレ感想

ロサンゼルスから田舎町に赴任してきたジョン刑事は直後に起こった殺人事件を担当することになり、事件の目撃者である女性に会う。しかし、彼女は盲目の人だった。事件を追ううちに少しずつ距離が近づく二人であったが、そこには目撃者を葬ろうとする殺人鬼の影が。いったいどうなってまうのか。
映画

映画 ブラックサイト ネタバレ感想 殺し方が残酷な動画配信 殺人犯の動機とは

人殺しの様子をネットでライブ配信する殺人犯。サイトのPVが多ければ多いほど、被害者の死は早まる。事件を追うFBI捜査官のジェニファーは、殺人犯を追いつけることができるのか。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました