1970年代とそれ以前の作品

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 冬の華 ネタバレ感想 高倉健 チャイコフスキーのピアノコンチェルト

高倉健が主演を務めるヤクザ映画…なんだけど、シャガールの絵画だの、チャイコフスキーのピアノコンチェルトだの、西洋芸術が演出に使われているなんだが、ヘンテコな高尚さのある作品。
映画

映画 ディアハンター ネタバレ感想 カヴァティーナとロシアンルーレット

数年に一度は鑑賞したくなるんだけど、長すぎるので敬遠しちゃって5年に一度観れたらいいほうという作品。ロシア系アメリカ人の若者たちが体験したベトナム戦争とはいかなるものだったのか。ネタバレあり。 ―1978年製作 米 184分―
バイオレンス・クライム

映画 仁義なき戦い 広島死闘篇 ネタバレ感想 やっぱ大友勝利に尽きる

今作がすごいのは、やっぱり千葉真一が演じた大友勝利の存在だろう。ともかくアナーキーな奴で、自分の欲望に忠実に生きている。正直言ってお近づきになりたい輩ではないものの、彼みたいな人生を生きられたら、それはそれで幸せだろうと思う。ネタバレあり。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 仁義なき戦い ネタバレ感想 実話をもとにした抗争劇

数年に一度、無性にシリーズ作品をすべて鑑賞したくなってまう深作欣二監督による名作。何度も何度も観てると、ところどころの描写はギャグとしても受け取れるし、他人の信用できなさをこれでもかってくらいに知らしめてくれるお勉強作品にも感じられるし、ともかくいろんな味わいのある懐の深い映画なんである。
映画

映画 ジョーズ2 ネタバレ感想

スピルバーグ監督による名作、『ジョーズ』の続編。このあと3、4と物語が続き、ブロディ一家はそれぞれがホオジロザメと死闘を繰り広げることになるわけだが、今作は前作に引き続きブロディ署長(ロイ・シャイダー)が主役なので、ホオジロザメと嫌々ながら喧嘩する羽目になるのは彼の役目だ。
映画

映画 マラソンマン ネタバレ感想

名ランナーのアベベに憧れてマラソンに勤しむ大学院生が、兄の仕事に絡むダイヤモンド事件に巻き込まれて拷問を受けるなど悲惨な目に合う話。ネタバレあり。 1976年製作 米 125分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 片腕ドラゴン ネタバレ感想 ジミーウォング先生のカンフーアクション 続編の空飛ぶギロチンもおススメ

ジミーウォング先生のカンフーアクション。突っ込みどころ満載だけど、外連味ある敵役や適当なアクションが笑える良作。
バイオレンス・クライム

映画 三代目襲名 ネタバレ感想 山口組三代目 田岡一雄の自伝的作品

シリーズ2作目らしいのを知らずに鑑賞。でも話の内容はわかるので問題なく楽しめた。実在の人物で山口組の三代目親分、田岡一雄の自伝を映画化したものらしい。つまり、原作者が本人という。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました