2020年代の作品

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ベイビーわるきゅーれ ネタバレ感想

高校卒業を控えた二人の女子高生殺し屋が、社会適応のためにルームシェアをしつつ表社会の仕事にも就くことに。四苦八苦して過ごす裏で、あるヤクザ組織と対決することになった。いったいどうなっちゃうのかという話。漫画っぽい中身を実写で違和感なく面白く見せることに成功しているすごい作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 アンビュランス ネタバレ感想 お間抜け強盗の逃走劇

血のつながらない兄弟が銀行強盗を決行。しかし計画がうまく行かず警察に包囲され、居合わせた救急車をジャックして逃走するはなし。けっこうおもしろいけど、そりゃ失敗するだろって顔ぶれの強盗団には苦笑せざるを得ない内容。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 エンドオブロード ネタバレ感想 ネットフリックス配信作 ボーブリッジスが出てます

エンド・オブ・ロード (2022) 旦那を亡くした女が家を売って、娘と息子と弟を連れて引っ越すことに。車を走らせる中で、ある事件に出くわした家族は、謎の悪人の金をめぐって命を狙われる羽目になる。黒人に対して排他的な土地の人間に立ち向かう、...
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 アシスタント ネタバレ感想 ネットフリックス配信のマレーシア作品

無実の罪で刑務所に入れられた男が10年後に出所。妻子を殺した犯人を捜して復讐を企てるサスペンスアクション。男を助けることになる相棒がトチ狂っててどう収集つけるのかと思ってたら、なるほどそういうことかとは思わせてくれるが、内容は普通。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 スピリットウォーカー ネタバレなし感想 12時間ごとに精神が入れ替わる

12時間ごとに違う人間の身体に入れ替わっちゃう男。自分は誰なのか、何だかよくわからないままにジタバタしている間に、男は自分が大きな陰謀の中にいることを知っていく。設定はなかなか斬新だし、アクションもいいけども、何が何だかよくわからない作品。何だかよくわからないのでネタバレもできない。
2020年代の作品

映画 最強殺し屋伝説国岡 完全版 ネタバレ感想

阪元裕吾監督が京都で最強と言われる凄腕の殺し屋、国岡という男の仕事の日々を追ったモキュメンタリ―作品。日常の中に殺し屋という職業が当たり前のように機能してる感じが新鮮だし、ユーモアも感じられる、なかなか楽しめる作品。ネタバレあり。
2022年公開の映画

映画 バーニングダウン爆発都市SHOCKWAVE(ショックウェイブ) 2 ネタバレ感想

前作とは何のつながりもなさそうなシリーズ2作目。過去の話になったり現在に戻ったりする展開で主人公の真意をつかめなくしている演出は楽しめるが、わかりづらくもある。細かいツッコミどころもあるんだが、けっこう面白い爆発映画。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 サマリタン スタローンがハンマーで暴れるヒーロー作品

サマリタンというヒーローマニアの少年が、近所の老人をそのヒーローと思い込んでストーカーしてたら、その推測が当たってたっぽくてワクテカ。だが、街のチンピラと悪い関係になってしまい危機に陥る。ヒーローと思われるオッサンはどうするのか、という話。老人のスタローンがハンマーを持って特攻アクション。スタローンが出てなければ観る必要がない、大して面白くない珍作。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました