2020年代の作品

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 スカイライン逆襲 ネタバレ感想

シリーズ3作目。話自体はずっとつながっているけども、作品の内容自体はガラッと変わってるような感じ。前作のメチャクチャさ加減から比較するとなんだか物足りない感じのする内容だったかな。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 リーサルストーム ネタバレ メルギブソンがいるから面白い

巨大ハリケーンが迫る中、避難せずにマンションに居座っている老人たちを説得しに行った警官たち。しかし、そのマンションに武装した強盗が押し入ってくる。図らずも交戦状態となるわけだが、強盗たちは多勢に無勢。そこへ参戦してくるのがメルギブソン扮する元警察署長であった――。期待せずに見たら結構楽しめたお得な感じのアクション作品。
2020年代の作品

映画 バトルオールナイト武装集団の襲来 ネタバレ感想

麻薬カルテルから足を洗おうとしてた税理士の家に、謎の少女がやってきた。それどころじゃないんだけど、その彼女を追ってきた謎の集団を屋敷に入ろうと攻撃してきたので、税理士とその家族たちが反撃に転ずるべくジタバタするアクション作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 フロッグ ネタバレ感想 犯人は誰か 面白い伏線回収型スリラー

少年の失踪事件を捜査する刑事の自宅で、なぜか不可解な出来事がたくさん起こる。しかもその町では、15年前にも少年誘拐殺害事件が起きていた。その事件と今回の事件の関連性は? そして刑事一家で起こる謎の出来事の正体とは。前後半を異なるグループの視点で描いた、楽しめる伏線回収スリラー。
2020年公開の映画

映画 鵞鳥湖の夜 ネタバレ感想

バイク窃盗を生業とする犯罪集団の一員が、ムショでのお勤めを終えて戻ってきたはいいものの、組織内のいざこざに巻き込まれて、図らずも警官を殺してしまったせいで、指名手配犯になってまう。そして、なんとか妻子に金を残してやろうと目論み、いろいろと頑張る話
2020年代の作品

映画 ゴジラVSコング ネタバレ感想 小栗旬はほぼ白目(笑)

映画 ゴジラVSコング シリーズ4作目。前作でキングギドラやラドンなどをボコって怪獣王になったゴジラが、未対戦だった髑髏島のキングコングと喧嘩をすることになる話。相変わらずストーリーとかは適当なので、怪獣プロレスを楽しめないとみる価値なさそう。メカゴジラがダサいがかなり強い。そして小栗旬はほぼ白目(笑)ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 幼い依頼人 ネタバレ感想 児童虐待の実態と酷さ

児童虐待のリアルかつ厳しい韓国社会の現状が描かれていた。こんな酷い親本当にいるのかね、と思っちゃうくらいに継母と親父がクソすぎて、まるで同じ生き物には見えない。という意味では、この作品はホラーだ。この世はホラー的世界だなと思わされる。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 プラットフォーム ネタバレ感想 子どもは実在したか

原題は『穴』。作中の施設は一番底から最上階まで穴が続いているわけで、そこを行き来する食事を運ぶエレベーター的な台座が『プラットフォーム』なわけだ。ドン・キホーテや聖書が作中に出てきて、それが鍵になっているようだが、それらの知識がなくても楽しめる。『CUBE』みたいな雰囲気の格差拡大風刺作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました