ホラー

スポンサーリンク
ホラー

映画 ファウンド FOUND ネタバレ感想 弟愛が強すぎる(笑)

ホラー作品の愛好者で家族の秘密を覗くのが趣味な少年が、兄の部屋で生首を見つけてしまったために、生活が一変していく話。弟愛の強すぎる兄が取る行動が常軌を逸しているが、この兄弟を育てた両親のことも考えると、ホラーというだけでなく、不快感を抱かせるどぎつい家族映画でもある
SF

映画 ブライトバーン恐怖の拡散者 ネタバレ感想 エンドロールでも暴れるサイヤ人

あることがきっかけで子どもを授かることができた夫婦。優秀に育っていた子どもだが、思春期に差し掛かった頃から何だか言動がおかしなことに。夫婦が子どもの異変に気付き始めた頃には、取り返しのつかないことが起きだしていたーー。子育ては難しいと思わせる内容だが、別に面白くはないSFホラー。
ホラー

映画 シャッター写ると最期 ネタバレ感想

合コンパーティーみたいなのに参加した若者たち。ある山小屋で謎のポラロイドカメラを見つけ、それに撮影された人物はその写真の現像通りの姿で死んでしまう。若者たちは殺人カメラから逃れることができるのか。突っ込みどころが多いがラストに一捻りあるロシア産ホラー作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 チューズオアダイ 恐怖のサバイバルゲーム ネタバレ感想 ネットフリックス配信のレトロゲーホラー

底辺暮らしをしている女性が男友だちのジャンク品の中から見つけた80年代のレトロゲームを起動したら、それは呪われた死の選択を迫るゲームだった。ネットフリックス配信のホラー。短くまとまってるので気楽に観れる普通作品。
2020年代の作品

映画 悪魔のいけにえレザーフェイスリターンズ ネタバレ感想

あのレザーフェイスが帰ってきた。田舎でビジネスして一旗揚げようとしてた若者たち。いろいろあって、レザーフェイスの怒りを買ってしまい、次々にチェンソーの餌食になっていく。そこへ1作目の生き残り、サリーも登場するのだが…ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 クラシックホラーストーリー ネタバレ感想 最後に自己批判

それぞれの目的をもって車に相乗りした5人の男女が、事故をきっかけに迷い込んだ森の中に閉じ込められる。そこには怪しい儀式をしている集団がいた。果たして彼らはどうなっちまうのか。いろいろなホラー作品が混ざっているうえ、製作者側がホラー鑑賞者を批評するという謎のラストで終わるヘンテコ作品。ネタバレあり。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 返校 言葉が消えた日 ネタバレ感想 ゲームを基にした台湾作品

1962年の台湾、国民党による戒厳令下の学校では、反体制的な教師や生徒を密告することが奨励されていた。ある学校の男女の生徒が、校内で目覚めてみると、校舎の雰囲気が一変しており、しかもそこには誰もいない。いったい何が起こったのか。台湾でヒットしたゲームを基にした作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ビハインドユーその何かは鏡の中にいる ネタバレ感想

叔母の家に引っ越してきた姉妹の妹が、家に潜む何かにとりつかれてまう。姉と叔母は妹を救えるのかーー。少女が謎の存在にとりつくありがちな悪魔つきっぽい話。細部が適当すぎるし恐ろしさも感じない残念作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました