邦画

スポンサーリンク
映画

映画 シコふんじゃった。ネタバレ感想

スポーツ青春コメディ漫画っぽい内容を実写で違和感なく観られるところがすごい。笑える。鑑賞し終えると爽やかな気分になれる。そして、清水美沙がキレイ。
映画

映画 凪待ち ネタバレ感想 ラストを迎えて殺しの動機を考える

震災、被災地のその後、血のつながらない家族、殺人事件、ギャンブル依存症などさまざまな要素を詰め込んだ人間ドラマ。香取慎吾が俳優として新境地を開いたということだが、けっきょく何だったのかよくわからない中途半端な作品。
映画

映画 タンポポ ネタバレ感想 伊丹十三監督作 ラーメン食いたいおいしそうな飯テロ作品

食べ物にまつわるエピソードを描写することで、さまざまな人間の人生を描いた人間ドラマ。軸になるタンポポのラーメン修行エピソード以外も、すべては食べることや食材がキーワードになっており、それぞれの人間の食べ物に対する関わり方を描くことで各人の人生への思いなどを想起させる内容になっている。
スポンサーリンク
映画

映画 ごっこ ネタバレ感想 漫画原作の疑似親子の物語

ニートのオッサン城宮と少女のヨヨ子はお互いに秘密を抱えながらというか、過去のことを忘れたことにして関係性を築き、親子っぽい関係になっていく。特に城宮はヨヨ子を育てるうちに、自身に欠けていたものを埋めていき、大人の男になっていく様が描かれている。ネタバレあり。
映画

映画 キッズリターン ネタバレ感想 久石譲の音楽もよい

数ある北野作品の中でも、万人受けしそうな内容で、しかし北野色はまったく失われていない超良作。この作品の登場人物たちは大きく二つに分かれるという感想。
映画

映画 岬の兄妹 ネタバレ感想 マックのハンバーガーとポテトがうまそう(笑)

妹の売春を斡旋するポン引き兄貴。彼が他にできることは、ビラつくってポスティングとうんこを投げることくらい(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 仁義なき戦い 完結編 大友勝利が再登場。そして松方弘樹の目が(笑)

広島の暴力団の権力争いは引き続き行われていて、武田や広能らが血みどろの世界から身を引く選択をする過程が描かれる。松方弘樹が演じてた市岡の顔がヤバすぎ(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 GONIN ネタバレ感想 ビートたけしが最高なバイオレンス作品

この映画大好き。同性愛臭が漂ってるけども、それも男の絆であり愛情なのだ。何回観ても素晴らしいと思えるのは、ビートたけし演じる殺し屋の存在感によるところも大きい。ネタバレあり。 ―1995年公開 日 109分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました