2016年公開の映画

スポンサーリンク
ディストピア

映画 帰ってきたヒトラー ネタバレ感想 コメディ要素が楽しめる風刺作品

移民問題に揺れるドイツの現代社会にヒトラーを登場させ、全体主義の復活を予見させる風刺作品。ラストは恐ろしいけども、コメディ要素もたくさんあって楽しめる。ネタバレあり。―2016年公開 独 116分―
ディストピア

映画 マネーショート 華麗なる大逆転 ネタバレ感想 実話だから怖い

サブプライムローンによる住宅バブルが崩壊することを予測した男と、彼の予測を知った金融業界の何人かが、それぞれの思惑の中で、ウォール街の魑魅魍魎たちを出し抜いてやろうと目論む話。ネタバレなし。ー2016年公開 米 130分―
バイオレンス・クライム

映画 タイムトゥラン ネタバレ感想 デニーロも出てます

アクション要素はさほど多くはない、クライムサスペンス。結末に向かって都合よく物語が展開していく印象があるけども、主人公に感情移入して鑑賞できれば最後までそれなりに楽しめるし、展開に驚きもある作品だ。ネタバレあり。 ―2016年公開 米 92分―
スポンサーリンク
時間移動

映画 僕だけがいない街 ネタバレ感想 石田ゆり子と有村架純がよい

漫画原作は未読。時間移動系の作品が好きなので鑑賞。この作品の時間移動はずいぶん主人公にとって都合のよい感じだし、つっこみどころも多いけど、お話の展開自体はそれなりに楽しめる。ネタバレあり。 ―2016年公開 日 120分―
映画

映画 レヴェナント 蘇えりし者 ネタバレ感想 グリズリー怖い

西部開拓時代のアメリカで狩猟をしている一団の一人、グラス氏はネイティブアメリカンの襲撃に備えて斥候として森に出たところ、グリズリーに襲われて瀕死の重傷を負う。拠点の砦まで連れ帰れないと悟った仲間は、彼の息子を殺害し、グラスをその場に置き去りにしてしまう。いったいどうなってまうのかという話。ネタバレあり。 ―2016年公開 米 157分―
バイオレンス・クライム

映画 ザ・クルー ネタバレ感想 強盗チームvsギャングの潰しあい作品

強盗チームを率いる凄腕犯罪者、主人公のヤニスがボンクラな弟を仕事に参加させたことで、危機的状況に陥っていく作品。果たして彼は家族と仲間を守りきって無事に敵対するギャング団との抗争に終止符を打てるのか――。ネタバレあり。 ―2016年公開 仏 81分―
アクション

映画 ハイエナ・ロード ネタバレ感想 戦争がなくならない要因

序盤の敵がワラワラ出てくる戦闘シーンはなかなかの見もの。それ以降は、情報将校がいろいろと策を巡らせて伝説の戦士=亡霊を巻き込み、ハイエナ・ロード復興にむけた足がかりをつくろうとする取り組みに焦点が当たる。現地の掟とかよくわからんし、同種も異種もわかりあえないことが描かれている。ネタバレあり。 ―2016年公開 加 120分―
時間移動

映画『リバイバル 妻は二度殺される』ネタバレ感想

設定がなかなかに荒唐無稽だが、そこを気にしないで鑑賞すれば楽しめる作品。むしろその設定が物語を面白く展開する動力になっているところに関心した。ネタバレあり。 ―2016年公開 韓 115分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました