2016年公開の映画

スポンサーリンク
映画

映画 ヒメアノ~ル ネタバレ感想 いじめられっ子のサイコキラー

映画 ヒメアノ~ル ネタバレ感想 いじめられっ子のサイコキラー 古谷実原作ってことで、実写にしても彼のテイストは結構出てる感じ。序盤は古谷テイストのギャグマンガみたいな日常が描かれるんだが、そこに異分子としての森田という謎めいたキャラが陰の部分でいろいろやっていて、主人公の岡田がユカと付き合い始めた瞬間から、森田の異常な殺人癖が明るみに出始める。
バイオレンス・クライム

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ 話自体は暗いしさほど面白くないんだけど、ケイジ氏がなかなか渋くてカッコいい。けっこう切れやすい性格のようだが、弱者の味方でもあってそのダークな親分ぶりがかっこいいのだ。
映画

映画 オマールの壁 ネタバレ感想 パレスチナの若者たちの友情と裏切りの物語

パレスチナの作品なんて初めて。非常に社会派な感じの青春物語。こんなん見ちゃったら、日本なんてまだまだ平和だなって思うわけで、だからと言ってもちろん、よかったよかったてことにはならんけども、ここまで自由もへったくれもない社会で生きるよりはまだまだマシだってのは確かだ。
スポンサーリンク
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

映画 殺されたミンジュ ネタバレ感想 なぜかと思わせるキムギドク

この内容を表現したいがためのストーリーと人物設定で、そういう意味ではリアリティに薄く、ツッコミどころもたくさんあるんだけども、寓話的な物語と考えるにそれはそれで、いいのかなっていう感じ。
映画

映画 ブルーに生まれついて ネタバレ感想 ラストが切ない イーサンホーク主演のチェットベイカーの伝記

全体的な雰囲気は渋い感じ。で、物語自体はラブロマンスと、一人の男の生きざまを描いたような内容だ。そして、音楽映画でもある。ネタバレあり
映画

映画 ロングトレイル! ネタバレ感想 老人二人の友情トレイル

大したことは何も起こらない。ロバートレッドフォードとニックノルティ演じる二人のキャラがただ山道を歩き、休み、話をしているだけの内容なのに、いい作品だ。
映画

映画 手紙は憶えている ネタバレ感想 なかなかに驚きのラスト

もっとヒューマンドラマ的な話かと思って鑑賞したら、サスペンスフルな内容であった。ラストは結構驚きの展開なので、どんでん返し的な作品とも言えそう。ネタバレあり。 ―2016年公開 加=独 95分―
ディストピア

映画 帰ってきたヒトラー ネタバレ感想 コメディ要素が楽しめる風刺作品

移民問題に揺れるドイツの現代社会にヒトラーを登場させ、全体主義の復活を予見させる風刺作品。ラストは恐ろしいけども、コメディ要素もたくさんあって楽しめる。ネタバレあり。―2016年公開 独 116分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました