韓国映画

スポンサーリンク
韓国映画

映画 失われた殺人の記憶 ネタバレ感想

前の晩に酒を痛飲して朝起きたら昨晩の記憶がなく、自分の妻殺しの容疑をかけられた男が潔白を証明するためにジタバタする話。謎めいた展開は悪くないけど、何とも奥さんが気の毒な残念作品。
2020年代の作品

映画 スピリットウォーカー ネタバレなし感想 12時間ごとに精神が入れ替わる

12時間ごとに違う人間の身体に入れ替わっちゃう男。自分は誰なのか、何だかよくわからないままにジタバタしている間に、男は自分が大きな陰謀の中にいることを知っていく。設定はなかなか斬新だし、アクションもいいけども、何が何だかよくわからない作品。何だかよくわからないのでネタバレもできない。
2020年代の作品

映画 カーター ネタバレ感想 凄いアクションが続くだけのネットフリックス作品

ウィルスの蔓延する朝鮮半島。記憶を失くした男が襲い来る敵たちと戦いながら、ある少女と自分の妻子を助けるために奮闘するバイオレンスアクション。ストーリーとか気にせずに、純粋にアクションを楽しめる人にとっては良作かもしれんが、あまりにも繰り返しの展開が多すぎて、個人的には評価低め。ネタバレあり。
スポンサーリンク
韓国映画

映画 シルミド ネタバレ感想 実話を基にした684部隊

金日成暗殺のために集められた31人の死刑囚らが、シルミドと呼ばれる地で特殊訓練を受け、兵士として育てられる。地獄の訓練を経てついに作戦遂行かと思われたが、南北融和の機運が高まったことで作戦は中止。部隊の存在は宙に浮くことになり…。男汁全開の暑苦しい内容で、突っ込みどころも多い
2020年代の作品

映画 偽りの隣人 ある諜報員の告白 ネタバレ感想 コメディかと思わせてシリアス

次期大統領に出馬する予定の野党政治家イウィシクが帰国。国家安全政策部は彼を逮捕し自宅に軟禁。それを監視する役割を担う諜報員のデグォンだったが、ウィシクの隣人として仕事をする中で彼の心境に変化が起き始めて――。実在の金大中をモデルにしたフィクション。コミカルな展開から中盤以降はシリアスになっていく娯楽作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 殺人鬼から逃げる夜 ネタバレ感想 イライラするしツッコミどころも多いがおもしろい

聴覚障害のある女性が、目下人殺し中のサイコパスな男と遭遇したことで執拗に後を追われるスリラー。イラつく場面や突っ込みどころも多いがそれなりに楽しめます。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ビースト ネタバレ感想 韓国の刑事2人の対立と猟奇殺人犯の捜査と隠ぺい工作

元相棒同士だった刑事が、ある連続猟奇殺人を合同で捜査することに。お互いが出世のために悪事を隠そうとするなど汚いこともやってたら、後戻りできないほどにドツボにハマって行く――。いろいろな要素を詰め込み過ぎて長尺になっちゃってるが、それなりに楽しめる作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ただ悪より救いたまえ ネタバレ感想イジョンジェの殺戮マシーンぶりがよい

引退を決意した暗殺者のインナム(ファン・ジョンミン)と、インナムに義兄弟を殺されたレイ(イ・ジョンジェ)がタイを舞台に血みどろの死闘を繰り広げるバイオレンスアクション。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました