韓国映画

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 偽りの隣人 ある諜報員の告白 ネタバレ感想 コメディかと思わせてシリアス

次期大統領に出馬する予定の野党政治家イウィシクが帰国。国家安全政策部は彼を逮捕し自宅に軟禁。それを監視する役割を担う諜報員のデグォンだったが、ウィシクの隣人として仕事をする中で彼の心境に変化が起き始めて――。実在の金大中をモデルにしたフィクション。コミカルな展開から中盤以降はシリアスになっていく娯楽作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 殺人鬼から逃げる夜 ネタバレ感想 イライラするしツッコミどころも多いがおもしろい

聴覚障害のある女性が、目下人殺し中のサイコパスな男と遭遇したことで執拗に後を追われるスリラー。イラつく場面や突っ込みどころも多いがそれなりに楽しめます。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ビースト ネタバレ感想 韓国の刑事2人の対立と猟奇殺人犯の捜査と隠ぺい工作

元相棒同士だった刑事が、ある連続猟奇殺人を合同で捜査することに。お互いが出世のために悪事を隠そうとするなど汚いこともやってたら、後戻りできないほどにドツボにハマって行く――。いろいろな要素を詰め込み過ぎて長尺になっちゃってるが、それなりに楽しめる作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ただ悪より救いたまえ ネタバレ感想イジョンジェの殺戮マシーンぶりがよい

引退を決意した暗殺者のインナム(ファン・ジョンミン)と、インナムに義兄弟を殺されたレイ(イ・ジョンジェ)がタイを舞台に血みどろの死闘を繰り広げるバイオレンスアクション。ネタバレあり。
韓国映画

映画 テロライブ ネタバレ感想 ハジョンウVS爆弾テロ犯

元ニュースキャスターのハジョンウが放送局の一室で爆弾犯と電話でやりとりしつつ、局の人間や警察が回りでテンヤワンヤするワンシチュエーションものの作品。序盤から中盤くらいまでは、いろいろハラハラした展開が続くが、ラストのほうが残念な作品。
韓国映画

映画 春夏秋冬そして春 ネタバレ感想 キムギドク作品

キムギドク特有の変態性爆発炸裂映画かと思ったら、仏教観みたいのを感じさせる静謐な内容の作品で意外。ある山奥の湖の水面に浮かんでいる寺院があって、そこに和尚と小僧が住んでいる。小僧は時が経つにつれて成長して大人になっていく過程が描かれる。
2020年代の作品

映画 消えた時間 ネタバレ感想 夢か現実かよくわからない

田舎に引っ越してきた夫婦が謎の火事で焼死。事件を捜査していた刑事だが、なぜか自分が死亡した男の人生を生きるようになっており、刑事だった頃の生活に戻ろうとジタバタする話。つまらなくはないが、よくわからない作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 食われる家族 ネタバレ感想

建築士のソジンの前に、25年間も行方不明だった妹と名乗る女が現れる。確かに妹っぽくもあるが、確信は持てないソジン。両親と娘、妹(自称)と共に暮らすなかで、少しずつ家族の様子が変わってくる。自称妹に何かあると感じるソジンはいろいろジタバタする中で、孤立無援の状況に陥っていく――ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました