韓国映画

スポンサーリンク
韓国映画

映画 殺人の追憶 ネタバレ感想 実話を基にしたポンジュノ作品

1980年代に韓国の田舎町でおきた連続殺人事件。それを捜査する刑事たちが犯人を特定するためにジタバタするお話。
2020年公開の映画

映画 暗数殺人 ネタバレ感想 釜山での実話を基にした物語

釜山で起きた事件の事実を基に構成された物語。暗数に該当する事件について執拗に捜査を続ける、ヒョンミン刑事の執念が描かれている。キムユンソクとチュジフンの存在感が良く、二人の対決がスリリング。
2020年代の作品

映画 メタモルフォーゼ変身 ネタバレ感想 韓国版エクソシスト

物語の展開自体にはさほど不自然なところはないんだけど、いささか面白味に欠けるのはなぜか。個人的に見どころとして推したいのは、朝食時に母が豹変して長男を泣かせるシーン。あれは怖い。あとは、夜中に父親が二人になり、母親も二人になるところ。そのくらいかな。
スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 鬼手 ネタバレ感想 囲碁+バイオレンスアクション

囲碁の才能のある少年が、姉を自殺に追い込んだプロ棋士に復讐すべく、囲碁と格闘技の腕を磨き、裏の囲碁世界で生き残りながらジタバタする姿を描いた異色の囲碁バイオレンス作品。なんだか漫画みたいな設定だが、外連味のあるキャラクターがたくさん出てきて最後まで楽しめる。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 KCIA南山の部長たち ネタバレ感想 朴正煕大統領暗殺事件

映画 KCIA南山の部長たち ネタバレ感想 朴正煕大統領暗殺事件 朴正煕大統領暗殺事件を題材にした史実を基にしたフィクション作品。役者陣の演技がどれもいいし、ご飯が全部おいしそうだし、役者たちのタバコの吸いっぷりやウィスキーをあおる姿もかっこよく、ついでに、エンドロールの曲も重みがあってよい。
韓国映画

映画 国家が破産する日 ネタバレ感想 韓国の経済危機を題材にした風刺劇

映画 国家が破産する日 ネタバレ感想 韓国の経済危機を題材にした風刺劇 韓国で起きた経済危機を描きながら、格差社会がつくられる要因や資本主義に対する風刺や権力者たちの自己本位的な身の振り方など、リアルな世界の現在を描いている。
韓国映画

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想

映画 ポイントブランク 標的にされた男 ネタバレ感想 悪役は非常に嫌な奴だし、そいつに煮え湯を飲まされたヨフン(リュ・スンリョン)が怒りとともに捨て身の特攻精神で警察署にカチコミをかけるラストまで、なかなかにスリリングな格闘アクションが楽しめる。
韓国映画

映画 パラレルライフ ネタバレ感想 平行理論を辿った結末

映画 パラレルライフ ネタバレ感想 平行理論という軸を最後まで否定せずに終わるお話で、その軸に翻弄されてそのままあるべき結末を迎える主人公の人生を描いているだけで、そこから得られるカタルシスやらなんやらはなにもない。何も特筆すべきことがない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました