雑談

日々の雑感などを通じて、このブログのテーマでもある、人生を楽しく生きること、生きているって何なのかを考える内容にしたいと思ってます。
映画作品の話から派生した内容もあります。

スポンサーリンク
人物

映画 ヨーゼフボイスは挑発する 感想 アートで社会を変革する

ドイツのアーティスト、ヨーゼフ・ボイスの半生を描いたドキュメンタリー作品。彼を知らない人が観るには説明不足感が多く、人となりを知ることはできるものの、かなりの物足りなさがある。さらに問題なのは、映画的な盛り上がりがないので眠くなるところだ。
雑談

映画 銃 ネタバレ感想 中村文則のデビュー作がモノクロ作品に

昨日、私は拳銃を拾った。あるいは盗んだのかもしれないが、私にはよくわからない――確かこんな書き出しで始まる芥川賞作家、中村文則のデビュー作。モノクロ描写がマッチした暗い話だが、原作同様に楽しめる。記事後半は個人的な雑談。ネタバレあり。 ―2018年公開 日 97分―
趣味

雑談 楽器練習するならスタジオか音楽室借りるのがおすすめ!

楽器の練習は音楽スタジオと自治体の施設にある音楽室を借りるのがいいですーーというお話。
スポンサーリンク
人生半降り

映画 ボヘミアンラプソディ 作品というよりはクイーンの曲が素晴らしい

誰もが一回は耳にしたことのある名曲を出し続けたロック・バンド、クイーンのメンバー、フレディ・マーキュリーの生涯を題材にした作品。作品そのものは事実に基づいていない部分もあるらしい。内容に特筆すべき部分はないけども、クイーンの曲が素晴らしいということがよくわかる、貴重な映画体験ができる作品。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 135分―
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

雑談 私のマクシム 干からびた過去の黒歴史的糞をこの世の肥溜めにばら撒く

自分が過去につくった黒歴史とも言える格言的な言葉をさらす。一応、現在の自分が読んでも読むに耐えうるもの、過去の自分をぶん殴りこそすれ、殺したいとは思わない程度のものにとどめておく(笑)。
雑談

ジョンレグイザモのサルでもわかる中南米の歴史 感想

ジョン・レグイザモが中南米の歴史を一人芝居で語る、ネットフリックス配信作品。 ―2018年製作 米 90分―
韓国映画

映画 パンドラ ネタバレ感想 原発事故の悲劇を描いたパニック作品

津波の描写をしてないことを除けば、既視感覚えるほどに現在進行形である福島の原発騒動を想起させる作品。ネタバレあり。 ―2015年製作 韓 136分―
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

書籍 『何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成』 栗原康 感想

栗原氏のこれまでの著作、『死してなお踊れ 一遍上人伝』『村に火をつけ、白痴になれ』『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』の要素を入れ込みつつ、では実際に栗原氏の言うアナキズムな世の中をつくるにはどうすればいいのか。各人がどのような生き方で生きればいいのかを説明しているように感じた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました