SF

スポンサーリンク
韓国映画

映画 第7鉱区 ネタバレ感想 ハ・ジウォンのプロモーション作品

映画 第7鉱区 ネタバレ感想 閉鎖空間の中で働く従業員たち、そこにモンスターが襲ってくる。その中でジタバタしつつ、主人公的役柄の人間が最後まで奮闘してモンスターを退治するという流れ。王道といえば王道的な展開。あとは主役を演じたハ・ジウォンのプロモーション的作品てな印象。 
時間移動

映画 タイムクライム ネタバレ感想 韓国の時間移動サスペンス

映画 タイムクライム ネタバレ感想 研究者たちが24時間後の世界に移動する試験に成功するんだけど、それにより自分たちが死ぬことがわかってしまって、ジタバタし始める韓国の時間移動サスペンス作品
2020年公開の映画

映画 透明人間 ネタバレ感想 結末は何通りか解釈できる

映画 透明人間 ネタバレ感想 結末は何通りか解釈できる これは面白いです。おどろおどろしい音楽で緊迫感を出すシーンも多いので、劇場でみたほうがさらに楽しめたかもしれない。真犯人はセシリアか、トムか、やはりエイドリアンなのか。いろいろ解釈できるところもよい。ただ、突っ込みたい部分もかなりたくさんある。しかし、面白いこには間違いないので、観る価値はある。
スポンサーリンク
SF

映画 アライバル 侵略者 ネタバレ感想 チャーリーシーンVSエイリアン

映画 アライバル 侵略者 ネタバレ感想 チャーリーシーンVSエイリアン 電波天文学者のゼインは仕事熱心な奴で、宇宙人と交信することを生きがいにしている。ある日、仕事先の施設でキャッチした宇宙からの電波に興奮したのもつかの間、なんと解雇されてしまうので、何とか自力で傍受しようと頑張る。いろいろあってメキシコに飛んだ彼がみたいのは、エイリアンたちのーー。
2020年公開の映画

映画 人数の町 ネタバレ感想 風刺の効いたディストピア作品

映画 人数の町 ネタバレ感想 風刺の効いたディストピア作品 現代社会についての風刺が込められているように感じる、なかなかの佳作。
2020年公開の映画

映画 アトラクション 侵略 ネタバレ感想 映像は綺麗だがつまらない

映画 アトラクション 侵略 ネタバレ感想 映像は綺麗だがつまらない 今作はアクション要素もなかなか多いし、宇宙人の侵略攻撃のシーンなんかもスペクタクル感が出ているので、前作よりも見た目としての見どころは多いなと思う。しかし、だがしかし、やっぱりこのシリーズは面白くない。その面白くなさについて。
SF

映画 デッドゾーン ネタバレ感想 超能力者の迎えたラスト

映画 デッドゾーン ネタバレ感想 超能力者の迎えたラスト 真面目で常識人なクリストファーウォーケン扮するジョニーが交通事故に遭ったことで特殊な能力を手に入れ、その力に苦しみながらも世界を救うために頑張る話。
2020年代の作品

映画 アンダーウォーター ネタバレ感想 深海モンスターパニック

映画 アンダーウォーター ネタバレ感想 深海モンスターパニック 深海施設の崩壊から生き残った人たちが、脱出ポッドに乗るために、近隣の施設へ移動することに。深海1万メートルという危険な環境を耐圧スーツみたいなの着て進まなきゃいかんのに、そこに未知の深海生物が襲ってきて――。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました