2000年代の作品

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 バトルロワイアル ネタバレ感想 深作欣二監督のバイオレンス青春作品

深作欣二監督の遺作となったバイオレンス青春アクション。公開当時、社会的に物議を醸したような記憶がある。まぁ少年少女が殺し合う話だからなぁ。とは言え、別に暴力を肯定している作品ではない。ネタバレあり。 ―2000年公開 日 113分―
バイオレンス・クライム

映画 アナザヘヴン ネタバレ感想 脳みそシチューはいい匂い

内容的にはツッコミどころかなりあるんだけど、けっこう好きでDVD購入して何度も鑑賞している作品。昭和的やさぐれ刑事の飛鷹(原田芳雄)と、スマートなイケメン刑事、早瀬(江口洋介)。二人の刑事が犯人を追いつめるバディームービ―である。
バイオレンス・クライム

映画 インサイドマン ネタバレ感想 ホワイトなのに黒い女

出世欲を満たしたい人、自分の立場を守りたい人、物を盗みたい人――それぞれの思惑がこんがらがって、ややこしい話が展開していながらも、最後はなかなかスッキリできるので楽しめる物語。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 128分―
スポンサーリンク
アクション

映画 パニックフライト ネタバレ感想 マクアダムスVSキリアンマーフィ

有能なホテルマネージャーのリサ(レイチェル・マクアダムス)が要人暗殺を請け負う犯罪者、リップナー(キリアン・マーフィ)と対決するサスペンス作品。冷静に考えると突っ込みどころあるんだけど、二人の役者がいい味出してて楽しめる。ネタバレあり。―2005年公開 米 85分―
映画

映画 ビッグバグズパニック ネタバレ感想 B級モンスターコメディ

どうして虫が巨大化したのか。あの耳鳴りは何なのか、ハイブリッドされちゃう人とされない人にはどんな違いがあるのか――などなど、細部に突っ込みを入れたくなるアバウトな設定を気にしなければ、そこそこ楽しめるモンスターパニックコメディ。ネタバレあり。―2009年公開 米 91分―
バイオレンス・クライム

映画 バンクジョブ ネタバレ感想 暴れないステイサム

ある銀行強盗たちと、彼らが盗んだ物にまつわるドタバタ劇。登場人物いっぱい出てくるけど、相関図的なものは把握しやすく、見せ場もいくつかあってハラハラするうえ、最後にはスッキリした気分で劇終できる良作。ネタバレ少し。―2008年公開 英 110分―
バイオレンス・クライム

映画 アンダーカヴァー ネタバレ感想 ホアキンら豪華キャストだが

父と兄が警察官なのに、裏社会とかかわって生きている男が、家族の危機をきっかけに正義の道へ鞍替えする。果たしてその運命やいかに。ネタバレあり。―2008年公開 米 117分―
バイオレンス・クライム

映画 レイヤーケーキ ネタバレ感想 ダニエルクレイグは有能か

目立たぬように裏家業で稼いでた男が、懐があたたまりつつあったので引退を考える。しかし、足を洗うのは容易ではなく、彼はある選択を迫られることになる。その結末やいかに。ネタバレあり。―2006年公開 英 105分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました