刑事もの

スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャンが出てるだけ

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャン主演作ってことで期待して鑑賞したものの、肝心の格闘シーンの撮影が下手なのか何なのか、ビジュアル的にまったく迫力がなく感じてしまったのである。つまり見せ場である格闘シーンなのに、何の興奮もわかないのだ。これは残念すぎるだろ。
ホラー

映画 悪魔を憐れむ歌 ネタバレ感想 アザゼルVSデンゼルワシントンのラスト

映画 悪魔を憐れむ歌 ネタバレ感想 アザゼルVSデンゼルワシントンのラストはなかなか悲惨である。悪魔はいったいなぜにホブスを標的にしたのか。
バイオレンス・クライム

映画 DENGEKI 電撃 ネタバレ感想 セガールアクションのましなやつ

そこそこ楽しめるし、今作の格闘術を観るに、何か違う路線を模索してたのかなって思わせる内容だ。あと、この作品ではまだスリム(笑)。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 フルスロットル ネタバレ感想 ポールウォーカー主演作

ビビ・ナセリのパルクールは超人的。相棒役のポールウォーカーと彼が、お互いに自分に自信を持っている者同士として反目したり強さを誇示し合いながら次第に信頼関係を培っていくバディムービー的要素も込められているうえ、そのやりとりにユーモアがあるところが良い。
バイオレンス・クライム

映画 SWAT ネタバレ感想 ジェレミーレナ―がチンピラ

なかなか豪華なキャストのアクション作品。ジェレミーレナーてこういうチンピラ役が似合うよなぁ。そこが見どころ。
アクション

映画 ガントレット ネタバレ感想 銃弾浴びすぎバスツアー

終盤、何千発もの銃弾を浴びながらバスで目的地に乗り込むあの場面が、もちろんこの作品の見どころであるのは間違いない。間違いないんだけど、こうしてあらためて観なおしてみると、そこに至るまでもけっこうな銃弾乱発描写があることにおどろいた。
映画

映画 ブレスラウの凶禍 ネタバレなし感想 ラストまで二転三転する話

それぞれの犯行がけっこうな残虐さで、荒唐無稽なのが笑える。グロいシーンもあるんだけど作りものっぽさ丸出しなんで、特に気持ち悪くはない。短くまとまってるしそれなりに楽しめるので、悪くはない内容でした。
バイオレンス・クライム

映画 キングオブハーレー ネタバレ感想 チャーリーシーンとマイケルマドセン

チャーリーシーンて漢気爆発みたいな感じの役者ではない印象なので、今作の彼のキャラはけっこう新鮮だった。マイケルマドセンが出てくるところもいい。どうやら実話を基にした作品らしく、こんなバイカー犯罪集団がアメリカにはいたんだなぁというのは勉強にはなる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました