刑事もの

スポンサーリンク
2021年公開の映画

映画 アンコントロール ネタバレ感想 デンマーク警察VSアラブ系のゲットーの人々

物語自体はとてもハードな内容で楽しめた。単なるアクション作品ではなく非常に社会派でリアリティのある内容。世界各地で繰り広げあれる移民問題の根深さがよく伝わってくる良作。
バイオレンス・クライム

映画 レッドブル ネタバレ感想 シュワルツェネッガー&ジェームズベルーシ

ソ連の警察官イワン・ダンコが、親友を殺した麻薬犯罪者のビクターを追って、彼の潜伏先であるシカゴにやってくる。地元警察のリジック刑事の協力を得て捜査を進める中で、二人の警官に友情が芽生えていくバディームービー。
2020年代の作品

映画 ローグシティ ネタバレ感想 警察組織の闇を描いたバイオレンスアクション

オリヴィエマルシャル監督お得意の汚職警察映画。犯罪多発都市、マルセイユの警察で犯罪組織と戦う主人公のウロンスキーだったが、仲間のためにやったことがドツボにはまり、どっちが犯罪組織なのかよくわからないことになっていき、果たしてどうなっちゃうのかという話。ネタバレあり。
スポンサーリンク
映画

映画 X謀略都市 ネタバレ感想 ヘタレ主人公にイライラ

冒頭から謎シーンが続き、最後まで真相がわかりづらい刑事もののサスペンス。主人公のエーヴァには気の毒な過去があり、そのトラウマで病気になっちゃってる。そのせいで、彼女の立ち居振る舞いにイライラさせられるシーンがけっこうある。
韓国映画

映画 殺人の追憶 ネタバレ感想 実話を基にしたポンジュノ作品

1980年代に韓国の田舎町でおきた連続殺人事件。それを捜査する刑事たちが犯人を特定するためにジタバタするお話。
2020年公開の映画

映画 暗数殺人 ネタバレ感想 釜山での実話を基にした物語

釜山で起きた事件の事実を基に構成された物語。暗数に該当する事件について執拗に捜査を続ける、ヒョンミン刑事の執念が描かれている。キムユンソクとチュジフンの存在感が良く、二人の対決がスリリング。
バイオレンス・クライム

映画 48時間PART2帰って来たふたり ネタバレ感想

前作の焼き直し感がありありに感じちゃって、今回の鑑賞では少し物足りなさを感じた。10代の地上波で観てた頃は好きな作品だったんだけど。
アクション

映画 48時間 ネタバレ感想 ニックノルティ&エディマーフィ―

この作品はバディムービーで、白人の横暴な刑事と黒人の囚人がその絡み合いの中で絆を培っていくところがよいのである。スーツに身をまとったスマートかつキレのある動きをするエディマーフィ演ずるレジ―がカッコよく、相変わらず口達者な役柄で、そのセリフもなかなか洒落がきいていて笑える。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました