コメディ

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ドントルックアップ ネタバレ感想 笑えない風刺コメディ

『マネーショート』『バイス』など実話を基にしたブラックコメディを手がけたアダムマッケイ監督の作品。今回は実話を基にしてはいないけども、現代のアメリカで実際に起きた出来事などを内に秘めて戯画化したような内容になっている。正直、つまらなくはないけども大して笑えもしない普通な作品でした。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ハープーン船上のレクイエム ネタバレ感想 エンドロールのセリフがわからん

ある若いカップルとその友だちの男が、豪華なボートで遊びに出かけるんだけども、いざこざが始まり、関係がぐちゃぐちゃに。しかもボートが動かなくなって漂流することに。果たしてどうなっちまうのか。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ザトリップ ネタバレ感想 ネットフリックス配信作

うだつの上がらない映画監督と女優の夫婦。結婚生活は冷めきっており、仕事もうまく行ってない。ある日、所有する山小屋で出かける二人。実はお互いにある作戦を遂行する予定だったのだが、そこへ招かれざる3人の客がやってきて、事態は思わぬ方向へ展開していく。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ゾンビ津波 ネタバレ感想 シャークネードのスタッフによるB級バカ作品

B級のバカゾンビ作品。津波のようにゾンビが襲ってくるというか、ゾンビ津波がやってくるのだ(笑)。そこが一番の見せ所。その他もツッコミどころ満載だが、怒りが湧いたりイライラすることなく、きちんと最後まで観られるという意味では、この手の映画の中では良作と言える(笑)。
2020年公開の映画

映画 リトルモンスターズ ネタバレ感想 ゾンビコメディ

ダメ人間のミュージシャンの男が、甥っ子が通う学校の先生に一目惚れして、いいとこ見せようと遠足に同行したら、ゾンビ騒ぎに巻き込まれてジタバタする話。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ウィリーズワンダーランド ネタバレ感想 寡黙なニコケイ

メチャクチャ面白いというほどではないが、寡黙なニコケイが淡々と掃除をし、襲い掛かってくる機械人形を撲殺するその様がシュール。
2020年公開の映画

映画 デッドドントダイ ネタバレ感想 ゾンビにUFO ラストで物質主義への警鐘

淡々とした感じで展開するジムジャームッシュ監督作のゾンビコメディ。ラストのほうで作品に込めた意図などはわかりやすく説明してくれてて、その内容には共感できるんだけど、その過程がぜんぜん楽しめなかったなぁ。キャストは豪華。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ガンズアキンボ ネタバレ感想 元恋人役のナターシャリューボルディッゾが美人

ゴリゴリのバイオレンスアクションっぽさを出しておきながら、それを少し外した感じのコメディ的な要素も散りばめられた感じ。そして、主人公の成長を描く中で、わかりやすく、ネット社会を風刺するような内容になっていた。ラドクリフ演じる主人公と、彼の元恋人(ナターシャ・リュー・ボルディッゾ)、そして彼を狙う殺し屋のニックス(サマラ・ウィーヴィング)の関係性が、自分の予想とは異なる展開を見せたところが楽しめた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました