シリーズもの

スポンサーリンク
アクション

映画 トレマーズ5 ブラッドライン ネタバレ感想

今作の舞台は南アフリカってことで、これまでのグラボイズよりも強そうなやつが登場する。バートは「北半球以外にグラボイズは存在しない」と言っていたが、その説があっさりと覆される展開(笑)。
アクション

映画 トレマーズ4 ネタバレ感想 100年前のストーリー

シリーズ4作目は過去の話。100年前の西部開拓時代のリジェクションという町が舞台。ここがグラボイズとの戦いを通して100年後にパーフェクションと呼ばれるようになる顛末が描かれる。いささか飽きがきそうなところで過去の話を持ち出してくるのはなかなか渋いし工夫が見られる。
2020年公開の映画

映画 鬼手 ネタバレ感想 囲碁+バイオレンスアクション

囲碁の才能のある少年が、姉を自殺に追い込んだプロ棋士に復讐すべく、囲碁と格闘技の腕を磨き、裏の囲碁世界で生き残りながらジタバタする姿を描いた異色の囲碁バイオレンス作品。なんだか漫画みたいな設定だが、外連味のあるキャラクターがたくさん出てきて最後まで楽しめる。ネタバレあり。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 48時間PART2帰って来たふたり ネタバレ感想

前作の焼き直し感がありありに感じちゃって、今回の鑑賞では少し物足りなさを感じた。10代の地上波で観てた頃は好きな作品だったんだけど。
アクション

映画 48時間 ネタバレ感想 ニックノルティ&エディマーフィ―

この作品はバディムービーで、白人の横暴な刑事と黒人の囚人がその絡み合いの中で絆を培っていくところがよいのである。スーツに身をまとったスマートかつキレのある動きをするエディマーフィ演ずるレジ―がカッコよく、相変わらず口達者な役柄で、そのセリフもなかなか洒落がきいていて笑える。
2020年代の作品

映画 トレマーズ地獄島 ネタバレ感想 バートガンマー最終章

7作目の今回は、これまでの作品と少し毛色が違うように感じた。これまでの作品は、明るいコメディタッチな雰囲気だったのに対して、今作はなんとなくシリアスな感じが作品に漂っているのだ。もちろん、コメディ的な描写もたくさんあるんだけど、なんか明らかに雰囲気が違う。グラボイズハンターの、バートガンマー最終章。
アクション

映画 トレマーズ3 ネタバレ感想 バートの物語が始まる

シリーズ三作目。今作からは、マイケル・グロスが演じるバートが主人公。舞台は1作目のパーフェクションに戻ってくる。バルとかアールが住んでいた頃の住民もまだ残ってて、そいつらと新しく町で事業を始めたアジア系の女性とグラボイズのインチキテーマパークで小銭を稼いでる青年とが騒動に巻き込まれるようになっていく。
ホラー

映画 ファイナルデッドブリッジ/ファイナルデスティネーション5 ネタバレ感想

映画 ファイナルデッドブリッジ/ファイナルデスティネーション5 ネタバレ感想 シリーズ5作目。死の運命の連鎖にはまっている人間が、それから外れてる人間を殺すと、死を免れるのではないかという仮説がたてられ、それを実行に移す人物が出てくるーーという展開はなかなか新鮮。ラストも初見時は驚いた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました