2010年代の作品

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 暁に祈れ ネタバレ感想 異国の刑務所でムエタイに励む男の、実話をもとにした物語

ベストセラーになった小説を映画化した作品。タイの刑務所に収監された元ボクサーが、ムエタイと出会ったことで更生していく様が描かれる。 ―2018年公開 英=仏 117分―
SF

映画 アイ・アム・マザー ネタバレ感想 ラストで母になるのは誰か ネットフリックス

ドロイドというロボットにシェルターのような研究施設で育てられている少女。彼女は母親代わりのドロイドに英才教育を受けている。しかしある日、外界から傷ついた一人の女性がやってきたことで少女の信じる世界観に亀裂が生じ始めーー。ネタバレあり。
映画

映画 テッド ネタバレ感想

ぬいぐるみと30代の男の友情を描いたコメディ作品。80年代くらいのサブカルかぶれなテッドとジョンの掛け合いは面白い。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 バレッツ ネタバレ感想 足を洗ったジャンレノの復讐劇

実在したマフィアのボスをモデルにしてつくられた物語らしい。だが、どこまでが史実に沿ったものなのかはわからん。訴えたいものは何となくは伝わってくるものの、全容を把握しづらい、人物描写が残念な作品。ネタバレあり。 ―2011年公開 仏 115分―
アクション

映画 ハンガーゲーム ネタバレ感想 カットニスが嫌な女

適当ルールな殺し合い競技大会に駆り出された10代の若者たちがジタバタするバイオレンス作品。ネタバレあり。 ―2012年公開 米 143分―
映画

映画 英国王のスピーチ ネタバレ感想 実話をもとにしているのだが面白くはない

吃音の王太子が、言語聴覚士の支援で人前でスピーチできるようになるまでの成長と、その間に生まれる二人の友情と信頼の物語。実話をもとにしているそうで、なかなか素晴らしい話だなぁとは思うものの、映画としてそんなに面白くはなかったな。ネタバレあり。 ―2011年公開 英=豪 118分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 ソードオブデスティニー ネタバレ感想 碧名剣を巡る物語

『グリーンディスティニー』の続編。秦王朝時代に製造されたという名剣、「碧名剣(グリーンディスティニー)」を巡る、ワイヤーアクション武侠映画。ネタバレあり。 ―2016年公開 中=米 100分―
韓国映画

映画 プンサンケ ネタバレ感想 南北を行き来する寡黙な運び屋

『犯罪都市』でマ・ドンソクの極悪な敵役を演じていたユン・ゲサン主演ということで鑑賞。『犯罪都市』での存在感もよかったが、この作品においてもなかなかの演技を見せてくれていて、そこはよかったところだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました