2010年代の作品

スポンサーリンク
アクション

映画 6アンダーグラウンド ネタバレ感想 マイケルベイ監督のネットフリックス配信作

ド派手なカーチェイスや爆発や銃撃戦があるのですごいんだけども、登場人物の細部とかにはあまり触れられない。例えば主人公の成長を描こうとはしているものの、その急すぎる描写に感情移入できるほど説得力がない演出な放り投げっぱなし映画。 ―2019年公開 米 128分―
韓国映画

映画 さまよう刃 ネタバレ感想 東野圭吾原作の韓国作品

なかなか重たい内容で、娘を亡くした父の怒りや執念はよく感じられるし、罪の意識が薄い少年たちの言動に腹が立つ。鑑賞している間に、こんなクソガキども、ぶち殺したってかまわぬ――と思った。そして、少年犯罪に対する法律の行き届かなさなどは、現実の日本においてもそうなんだろうなと思わされる。
アクション

映画 エクスペンダブルズ3 ワールドミッション ネタバレ感想 悪役メルギブソンがいい!

それぞれに見せ場があった前作までよりは、メルギブとスタローンが前面に出ている印象があった。それ以外のメンバーはそれなりの活躍はするものの、ちょっと物足りない印象。ただ、スタローンとステイサムのバディ感ある掛け合いは健在というか、より友情を感じる深みがあるので、けっきょくは、いい映画だったなと思える。ネタバレあり。
スポンサーリンク
映画

映画 かぞくのくに ネタバレ感想 ラストの安藤サクラに…

在日の人が祖国の北朝鮮で暮らすために戻っていく帰国事業なるものがあったらしい。16歳にして半ば無理やり帰国させられた長男のソンホ。そして在日コリアン2世として、日本語教師として暮らす妹のリエ。この2人と家族とのやり取りを中心に、国交が断絶した国の狭間で引き裂かれた家族の悲哀が描かれている。ネタバレあり。
アクション

映画 エクスペンダブルズ2 ネタバレ感想 シュワとウィリスとノリスとヴァンダムが参戦

シリーズ2作目。久しぶりに観たら、こんなストーリーだったのか――と思った。まぁ仕方ない。忘れるのも無理がないくらい、適当な感じなんだから(笑)。でもいいのだ。このシリーズはこれで許されるのだ。これで楽しいんだから。 ―2012年公開 米 102分―
バイオレンス・クライム

映画 エクスペンダブルズ ネタバレ感想 豪華キャストが暴れ回る面白作品

スタローンが主演・監督・脚本を務め、脇を固めるのが往年のアクション俳優たちという贅沢作品。スタローンとステイサムのバディムービー的な部分もありつつ、それぞれの役者に見せ場をつくった気遣い映画でもある。ネタバレあり。 ―2010年公開 米 103分―
映画

映画 ザレポート ネタバレ感想 CIAの拷問リポート アマゾンプライム配信作品

日本未公開Amazonプライム配信作。9.11以降のCIAが取り入れた尋問プログラムを調査した男が、その尋問が拷問に近いことを突き止め、しかもそれに効果がなかったことを公にしたろうとするんだけども、その事実を隠蔽しにかかってくるCIAなどと悶着する話。ネタバレあり。 ―2019年製作 米 120分―
バイオレンス・クライム

映画 アウトレイジギャング ネタバレ感想 頑張れドルフラングレン

自分の仕えてたギャング組織のボスを嵌めた奴を見つけ出し、そいつに落とし前をつけるために奮闘するドルフ演じるボディーガードのお話。犯人は誰なのか的なミステリー要素(?)も散りばめつつ物語が展開。ところどころでドルフが独白するナレーションが入り、何が起こっているのかをそれなりに説明してくれる親切な内容(笑)。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました