クズ人間

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ドントルックアップ ネタバレ感想 笑えない風刺コメディ

『マネーショート』『バイス』など実話を基にしたブラックコメディを手がけたアダムマッケイ監督の作品。今回は実話を基にしてはいないけども、現代のアメリカで実際に起きた出来事などを内に秘めて戯画化したような内容になっている。正直、つまらなくはないけども大して笑えもしない普通な作品でした。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ハープーン船上のレクイエム ネタバレ感想 エンドロールのセリフがわからん

ある若いカップルとその友だちの男が、豪華なボートで遊びに出かけるんだけども、いざこざが始まり、関係がぐちゃぐちゃに。しかもボートが動かなくなって漂流することに。果たしてどうなっちまうのか。ネタバレあり。
バイオレンス・クライム

映画 裏切者(2000)The Yards ネタバレ感想 ウォルバーグとホアキン

仲間をかばってムショ送りになってた男が、出所後に更生しようと思ってたけど楽に稼げるほう選んじゃったらヤバイ事件に巻き込まれ、しかも仲間の裏切りにあう。男は無実の罪を晴らすため、裏切者たちを裏切ることに決めるのだった。ネタバレあり。
スポンサーリンク
映画

映画 ミセスノイズィ ネタバレ感想 騒動おばさんのラストがちょっと…

SNSやら動画配信やら、インターネットメディアが影響力を持った現代において、騒音おばさん的な人間とその隣人が巻き起こす騒動の顛末を描いた物語。ラストがちょっと納得いかないけど、それなりに楽しめる。
映画

映画 ナイトストーム ネタバレ感想 ニコケイとケイディー・ストリックランド

妻子がありながら金に困っているバディは、ニコケイと彼の妻の住む豪邸の庭にある柵の修理の仕事を請け負う。しかし、ニコケイとその妻は何とも怪しい奴らで、バディは災難を被ることにーーネタバレあり。
バイオレンス・クライム

映画 ドラッグチェイサー ネタバレ感想 ニコラスケイジとフィッシュバーン

コカインビジネスのサプライチェーンの中に、純正商品でないドラッグを混ぜている奴がいて、それを突き止めるためにニコケイがボスに命じられて、品質管理のために奔走するのが大きな話の軸。金のためにコカインの流通に加担してる奴がたくさんいることや、それによる犠牲者が出ていることや、摘発する行為そのものの虚しさなんかは描かれてるんだけど、何の感慨もわかぬしカタルシスもないのであった。
映画

映画 リービングラスベガス ネタバレ感想 アル中男と孤独な娼婦

洒落た音楽に合わせて、アル中の元脚本家とベガスで身を立てる高級娼婦の短い蜜月の時が描かれる。俺の好きなニコケイが今みたいにB級ばっかに出るようになる前の作品。彼の相手役であるエリザベスシューは『ベスト・キッド』や『バックトゥザフューチャー』シリーズの頃よりも大人になってあか抜けた感じがして美人。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ザトリップ ネタバレ感想 ネットフリックス配信作

うだつの上がらない映画監督と女優の夫婦。結婚生活は冷めきっており、仕事もうまく行ってない。ある日、所有する山小屋で出かける二人。実はお互いにある作戦を遂行する予定だったのだが、そこへ招かれざる3人の客がやってきて、事態は思わぬ方向へ展開していく。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました