2018年公開の映画

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 沈黙の達人 ネタバレ感想 無敵のセガール拳が復活…か?

なんか間延びっていうか展開がのんびりしてて、必要あるかないかのエピソードもあって、ラストの20分くらい見とけば十分な感じ。まぁでもそれなりに楽しめる
アクション

映画 アメリカンアサシン ネタバレ感想 マイケルキートンが鬼教官

腐したいところもあるんだけども、全体的には楽しめる娯楽アクション作品であった。マイケルキートン演じる鬼教官の拷問シーンが、お笑い要素も感じる狂気(笑)。教え子に身をもって拷問のイロハを教えてやるとか、さすがだ(笑)。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班 ネタバレ感想

アンディラウ主演の香港映画。久しぶりに香港の作品みたけど、この手のアクションになると大味感あって、終盤になるにつれ細部が適当になっていく感じあるけど、そんなのどうでもいいのだ。面白いから。
スポンサーリンク
映画

映画 生きてるだけで、愛。ネタバレ感想

「あんたは私と別れようと思えばできるけど、私は私と別れられない」このセリフは刺さりますね。
映画

映画 友罪 ネタバレ感想 ラストで結論は出るのか

何名かの登場人物の生きざまを巡る群像劇っぽいものの、中心となるのは生田斗真の演じる元ジャーナリスト益田と、瑛太が演じる謎の男、鈴木の交流だ。罪を犯した加害者やその家族は、死ぬまでその罪を背負い続けなければならないのかーーという問題に対して、その是非を結論づけずに最後まで描き切っているところはなかなかすごい。
映画

映画 ホースソルジャー ネタバレ感想 史実を基にした戦争アクション

実話を基にした物語らしい。9.11テロ以降、アルカイダとタリバン勢力をぶちのめすべく始まったアフガニスタンの紛争に参加した米国特殊部隊の活躍を描いている。アクション作品としてはなかなかの迫力で、楽しめる。
韓国映画

映画 タクシー運転手 約束は海を越えて ネタバレ感想

光州事件を取材しようとしているドイツ人記者ため、彼を立ち入り禁止区域になっている光州へ送迎することになったタクシードライバーのマンソプ。意思疎通もさほどうまくできない二人が、それぞれの主張をぶつけ合いながらも、事件の取材を通して絆を深めていく物語。ネタバレあり。
バイオレンス・クライム

映画 アンロック陰謀のコード ネタバレ感想

内容には、そんなに目新しさもないのでいずれ忘れちゃうような感じだけども、短い尺でしっかりサスペンスしているし、アクションパートもそれなりにあるので、なかなか楽しめた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました