異星人・怪物・UMA

スポンサーリンク
SF

映画 フリークスシティ ネタバレ感想 吸血鬼vs人間vsゾンビvs異星人

ヴァンパイアと人間とゾンビが共生している街にエイリアンが襲来してきてどうなっちまうのかという青春ホラーコメディ。コメディとして面白いかというのはおいておいて、吸血鬼とゾンビとエイリアンの話を一緒くたにごった煮にしてる設定がすごい。
SF

映画 サイン ネタバレ感想 シャマラン監督のお笑いエイリアン侵略もの

シャマランぱいせんによるSFパニックっぽいお笑い作品。茶番とも言えるラストバトルを、メルギブとホアキンが大真面目な顔して演じてくれるので、マジで笑えるのだ。
ホラー

映画 ピラニア 2010 ネタバレ感想 グロ面白いし、キャストも豪華

1978年作品のリメイク版。みどころは、遊泳客がいるゾーンにピラニアの大群が襲ってきて、パニック状態が描かれるシーン。これが、なかなかグロ面白い。ネタバレあり。 ―2010年製作 米 90分―
スポンサーリンク
SF

映画 レプリケイト 襲撃 ネタバレ感想 自分が全裸ダッシュで襲ってくる恐怖(笑)

ジャック・フィニイのSF小説『盗まれた街』に似た感じの内容。もしかしたら、題材にしてるのかも。退屈な田舎町で暮らす人々にインタビューをして回っている主人公とその親友が、ある女性の異変に関わることで、地元に何か不穏なことが起きていることを察知する。ネタバレあり。 ―2019年製作 米 94分―
アクション

映画 世界侵略ロサンゼルス決戦 ネタバレ感想 楽しめる宇宙人侵略もの

忘れたころに鑑賞すると、いつも楽しめる宇宙人侵略戦争アクション。
バイオレンス・クライム

映画 ダークマン ネタバレ感想 リーアム・ニーソンが人工皮膚を被って暴れる話

リーアム・ニーソンが人工皮膚を被ったダークマンを演じた怪作。大火傷によって神経がマヒしてしまった男が、超人的なパワーを発揮して自身を襲った悪党たちに復讐する話。パワー云々よりも、皮膚を使って変装する部分のほうが面白いかな。ネタバレあり。 ―1991年公開 米 96分―
バイオレンス・クライム

映画 アナザヘヴン ネタバレ感想 脳みそシチューはいい匂い

内容的にはツッコミどころかなりあるんだけど、けっこう好きでDVD購入して何度も鑑賞している作品。昭和的やさぐれ刑事の飛鷹(原田芳雄)と、スマートなイケメン刑事、早瀬(江口洋介)。二人の刑事が犯人を追いつめるバディームービ―である。
SF

映画 ゴジラ キングオブモンスターズ ネタバレ感想 歩く放射能の塊

『GODZILLA』から5年後の世界でゴジラやモスラやラドン、キングギドラが出現してバトルを繰り広げるモンスター映画。ネタバレあり。 ―2019年公開 米 132分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました