アブノーマル

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 哀れなるものたち ネタバレ感想 無支配主義者 アナキストなベラとラストのヤギ

天才外科医の手術によって死から蘇った女性・ベラが各地を旅しながら成長していく話。誰の下にもつかない、誰にも支配されずに生きるベラはさながらアナキスト。ネタバレあり。
映画

映画 ドンファン(1995) ネタバレ感想 ジョニーデップとマーロンブランド

愛の貴公子・ドンファンと名乗る精神病患者の青年を担当することになった精神科医のジャックが、青年の話にだんだん引き込まれて行って、自分の妻との夫婦生活を豊かにしていく話。当時のジョニーデップは美しいが、それだけの作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 Saltburnソルトバーン ネタバレ感想 アマゾンプライム配信作

名門大学に入学したオリヴァーは友だちができずに暗い学生生活を送ってたが、あることをきっかけに貴族階級のフィリックスと知り合い、夏の間は彼の一家が住む豪邸に邪魔することになった。内心に忸怩たるものを抱える青年が、自分の知るものとは桁違いの生活環境で過ごす中で起こる異様な物語。ネタバレ感想。
スポンサーリンク
ヒューマン

映画 刺さった男 ネタバレ感想

失業中の広告マン・ロベルトが、工事現場の鉄骨に頭が刺さっちゃう事故に遭う。彼の行く末を報道すべく群がるマスコミ。ロベルトは自分をダシにして一儲けを画策するのだがーー。ブラックコメディがラストのほうでヒューマンドラマになっていくが、そんなに面白くはない。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 見えざる手のある風景 ネタバレ感想 ディストピアを描いたSFブラックコメディ

エイリアンに地球を占領された人類は、その管理下の中で生活することを余儀なくされる。下層地域で暮らす若者のアダムとクロエは、貧困を脱出するためにエイリアン向けに自分たちの恋愛事情を紹介する動画配信を始めるのだが…。SF的設定を題材にした、風刺を感じるブラックコメディ。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 首(2023) ネタバレ感想 加瀬亮の織田信長がいいし期待よりも面白い

北野武が自身の書いた小説を原作に映画化した時代劇。天下を狙う武将たちの立ち振る舞いを群像劇的に描いていて、一癖も二癖もある男たちの権謀術数を駆使したジタバタ劇がなかなか面白い。中でも信長を演じた加瀬亮がよかったなぁ。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ヴィ―ガンズハム ネタバレ感想

肉屋を営む離婚危機にある夫婦が、ヴィーガンの死体から得た肉を売り始めたら商売繁盛しちゃってヴィーガン狩りを始めちゃうブラックコメディ。実にバカバカしい話だけどそれなりに面白いです。ネタバレあり。
映画

映画 ナイトウォッチ ネタバレ感想 死体置き場のユアンマクレガー

死体置き場の警備員のバイトを始めた青年が、死体愛好家の策略に嵌められて犯人扱いされそうになるスリラー。キャストがなかなかに豪華な普通作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク