サスペンス・スリラー

スポンサーリンク
映画

映画 ステラ 真昼の誘拐 ネタバレ感想 ネットフリックス配信作 トムがバカすぎ

尺が短いので暇つぶしに鑑賞したら、まぁ眠たい作品であった。そもそも登場人物が3人しかいないので、話にそれなりに捻りがないと平板になっちゃうわけで、その辺はけっこうストーリーを工夫して頑張っている感はあるんだけども、やっぱり眠いものは眠い。ネタバレあり。 ―2019年製作 独 89分―
映画

映画 半落ち ネタバレ感想 中盤までが面白い ラストは…

アルツハイマー病を患った妻を殺害したと自首してきた男=梶総一郎は敏腕警部であった。取り調べに対して黙秘を続け、犯行のみを認める梶の真意は何か――ネタバレあり。 ―2004年公開 日 122分―
映画

映画 ルイの9番目の人生 ネタバレ感想

ルイは9歳の誕生日を迎えるまでに、8度も瀕死の事故に遭っている。そして、9歳の誕生日に、9度目の重体に陥り、意識不明に。ルイはなぜありえないほどの回数、命の危険にさらされるのか、その真実が語られる話。 ―2018年公開 加=英 108分―
スポンサーリンク
アクション

映画 ワールドオブライズ ネタバレ感想 ラストまで楽しめるサスペンス

ディカプリオ扮するCIA工作員が上司とヨルダンの情報局のボスとの間で板挟みになりながら中東のテロリストの摘発に奮闘する物語。ネタバレあり。 ―2008年公開 米 128分―
映画

映画 彼女がその名を知らない鳥たち ネタバレ感想 ラストがよくわからんし別におもしろくない

松阪桃李と竹野内豊のクズっぷりが光る作品であった。蒼井優が演じる十和子もかなりの糞野郎。黒崎が失踪したことを十和子が知ってからは、がぜんミステリー作品ぽい内容になってくる。その辺はなかなか楽しめるんだけどそれ以外は特に…。
映画

映画 新聞記者 ネタバレ感想 ラストはどうでもいいとして

政府に不都合なニュースを監視して炎上に対しては火消しを行う、内閣情報調査室の若き官僚と、国税を使用して使途不明な施設を建設しようとたくらむ内閣府の闇を暴こうとする女性記者の物語。 ―2019年公開 日 113分―
映画

映画 JFK ネタバレ感想 ケネディ暗殺事件の真相に迫るサスペンス

ジョン・F・ケネディ暗殺事件の真相に迫ろうとする検事の活躍を描いた史実を基にしたフィクション。ラストのケビンコスナー扮するジム・ギャリソン検事の演説が光る良作。ネタバレあり。 ―1992年公開 米 206分―
バイオレンス・クライム

映画 アナザヘヴン ネタバレ感想 脳みそシチューはいい匂い

内容的にはツッコミどころかなりあるんだけど、けっこう好きでDVD購入して何度も鑑賞している作品。昭和的やさぐれ刑事の飛鷹(原田芳雄)と、スマートなイケメン刑事、早瀬(江口洋介)。二人の刑事が犯人を追いつめるバディームービ―である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました