バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 パリ、憎しみという名の罠 ネタバレ感想

映画 パリ、憎しみという名の罠 ネタバレ感想 邦題がなんかカッコ悪いし、主人公はさして有能でもないし、先が読めちゃうないようだけど、けっこう面白い。そして、犯罪は一人でやるべきと思わせる内容。
バイオレンス・クライム

映画 奪還 DAKKAN アルカトラズ ネタバレ感想

映画 奪還 DAKKAN アルカトラズ ネタバレ感想 セガールの作品の中ではまぁマシなほうかなというレベル作品。潜入捜査もの、監獄ものにアクション要素と男の友情みたいなんをごった煮にした感じの内容です。
バイオレンス・クライム

映画 狼は天使の匂い ネタバレ感想 男はビー玉遊び

映画 狼は天使の匂い ネタバレ感想 男はビー玉遊び ジョニートー監督が好きなので、彼が影響を受けたといわれている本作を鑑賞。町山智浩氏の解説なども踏まえた感想。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 不死身 ネタバレ感想 食人鬼の秘密とは

映画 不死身 ネタバレ感想 食人鬼の秘密とは 引き込もりニート生活してるオッサン。どうやら人肉大好き人間らしく、その欲望を抑えて生きているらしい。しかも、けっこうバイオレンスな生活をしていて、何かありそう。いったいこのオッサンは何者なのかという話。ネタバレあり。―2015年公開 米=加 97分-
バイオレンス・クライム

映画 マンディ 地獄のロードウォリアー ネタバレ感想 ニコケイVSカルト軍団

映画 マンディ 地獄のロードウォリアー ネタバレ感想 ニコケイVSカルト軍団 話の筋だけをシンプルに紹介すると、恋人をカルト集団に殺された男が怒り狂い、復讐に燃える話。それだけなんだけど、同じような展開の物語とは趣の異なる演出が特徴的。ただ、ニコラスケイジが出てなければ観なかっただろうな(笑)。ネタバレあり。 ―2018年公開 白 121分―
バイオレンス・クライム

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ 話自体は暗いしさほど面白くないんだけど、ケイジ氏がなかなか渋くてカッコいい。けっこう切れやすい性格のようだが、弱者の味方でもあってそのダークな親分ぶりがかっこいいのだ。
バイオレンス・クライム

映画 強盗放火殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹と若山富三郎

映画 強盗放火殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹の脱獄三部作の三作目。だいぶコミカル度がましてコメディ的な内容になってる。だからと言ってつまらないわけではない。楽しい。若山富三郎扮するオヤッさんとのバディムービーとも言えるし、彼との絆を描いた男の映画としても見て取れる。
バイオレンス・クライム

映画 脱獄広島殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹主演作

映画 脱獄広島殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹主演作 実在の人物をモデルにした作品らしい。ともかく松方弘樹ほか、役者たちがともかくギラギラしてる。これこそが昭和のバイオレンス作品のパワーだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました