バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 ウエスタン ワンスアポンアタイムインザウェスト ネタバレ感想

やっぱり西部劇なので見せ場のアクションは早打ち。特にヘンリーフォンダの早打ちはまさに目にも止まらぬって感じでカッコいい。ラストのブロンソンとの対決も痺れちゃうねぇ。
バイオレンス・クライム

映画 ジョンウィックパラベラム ネタバレ感想 戦いの準備というより続編の…

「パラベラム=戦闘の準備」とかいう意味らしいけど、この内容だと「4作目の準備」だろ。やっていることは1作目から変わらん。ジョンの周りにわらわらと殺し屋が群がってきて、そいつらと格闘を繰り返すだけ。ジョンがガンフーアクションでひたすら暴れまくる映画と割り切れば、それでいいんだけども、さすがに飽きてきた。
バイオレンス・クライム

映画 ミラーズクロッシング ネタバレ感想 ラストが渋い コーエン監督の良作

コーエン監督の作品の中では、『ファーゴ』に並ぶくらい好きな作品で、数年に一度は鑑賞している。裏切りと友情の物語って感じのハードボイルド的な内容。ガブリエルバーン扮するトムにはリアルな人間味があるし、あのダサさがかっこよくも見えてくる。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 狼よさらば 地獄のリベンジャーキングオブリベンジ カージーのラストファイト

ポールカージィのデスウィッシュシリーズ最終作。今回もやっぱり彼と関わりを持った女性が被害に遭う。で、今回の敵は前作とは別のマフィアたちだ。ということで、すでに自警団とは言えぬカージィ先生、本作での殺しの手順はバズーカや強力なライフルではなく、拳銃と、毒薬とラジコン爆弾(笑)。もはやなんでもあり、やっぱり自警団ではなく立派な殺し屋になっている。
バイオレンス・クライム

映画 バトルガンМ‐16 ネタバレ感想 Mr.自警団カージィVSマフィア

もはや自警団としての役割を越えて、犯罪組織を潰す殺し屋になったポール・カージィ、a.k.aキンボールの活躍を描く、シリーズ第四弾。メチャクチャだけど、面白いもんは面白い。ネタバレあり。 ―1989年製作 米 100分―
バイオレンス・クライム

映画 スーパーマグナム ネタバレ感想 ブロンソンが街に蔓延るダニを一層!

デスウィッシュシリーズ第三弾。このシリーズは回を重ねるごとにB級ハチャメチャアクションになっていき、カージィを取り巻く周辺人物が悲惨な死を迎えるのは相変わらずなんだけども、やっぱりこの三作目で何かこれまでの軸みたいなのが振り切れて違う場所に行っている気がする(いい意味で)。
バイオレンス・クライム

映画 ロサンゼルス ネタバレ感想 ブロンソン=ポールカージーのシリーズ2作目

街のダニに娘を殺されたカージィは表向きは建築士としての仕事を淡々とこなしながら、夜は一人自警団として、娘を殺したチンピラどもの捜索を続ける。ジミーペイジの曲が素晴らしく、特にラストの曲は本当に大好き。
バイオレンス・クライム

映画 クラスオブ1999 処刑教室2 ネタバレ感想 不良軍団VS殺人教師

殺人機械教師VSチンピラたちの世紀末学園戦争もの。チンピラどもの横行により学園が荒れている設定で、そこに肉体派教師が赴任してくる話はよくある内容だが、本作が一風変わっているのは、その題材にSF的要素を盛り込んだところだ。そこが異色であり、面白味のある内容に仕上がっている。ネタバレあり。 ―1990年公開 米 97分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました