スポンサーリンク

映画 犯罪都市2 THE ROUNDUP ネタバレ感想

犯罪都市2
スポンサーリンク

犯罪都市2 THE ROUNDUP

マ・ソクト刑事が犯罪者相手にステゴロで大暴れする、バイオレンスエンタテイメントの第2弾。今回はベトナムなども舞台にしつつ、誘拐殺人を繰り返す悪者、カン・ヘサンを追い詰めていく。1作目のほうが楽しめるが、マブリーの豪腕暴力は健在。ネタバレあり。

―2022年公開 韓 106分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソクが主演・プロデュースを兼任したクライムアクション。逃亡した容疑者を引き取るためにベトナムへ赴いた刑事が、残忍な犯罪を繰り返す男を相手に壮絶なバトルを繰り広げる。2018年日本公開「犯罪都市」の続編。共演は「恋愛の抜けたロマンス」のソン・ソック、「犯罪都市」のチェ・グィファ、パク・ジファン。(KINENOTE)

あらすじ:衿川(クムチョン)署の強行犯係に所属する怪物刑事マ・ソクト(マ・ドンソク)。ある日、逃亡した容疑者を引き取りにベトナムへと赴いたマ・ソクトとチョン・イルマン班長(チェ・グィファ)は、現地の容疑者から怪しい気配を感じ、秘密裏に異国での捜査を開始。やがて、背後に残忍な凶悪犯罪を繰り返すカン・ヘサン(ソン・ソック)の存在を知る。マ・ソクトと衿川署の刑事たちは、韓国とベトナムを行き来しながら歴代級の犯罪を引き起こすカン・ヘサンを追い始めてゆくが……。(KIENOTE)

監督:イ・サンヨン
出演:マ・ドンソク/ソン・ソック/チェ・グィファ/パク・チファン/ホ・ドンウォン/ハジュン/チョン・ジェグァン

ネタバレ感想

1作目と比べると…

非常に楽しみにしてたのをようやく鑑賞。1作目もそれなりにコメディタッチな描かれ方をしてて、その割には悪人の暴力性などは過激に描かれてて、そのギャップが良かったが、今作もその辺は健在。むしろコメディ性はより増した感もある。

てなことで、1作目が好きすぎるのもあってかなりの期待して鑑賞しに行ったので、その感想としては大いに楽しめはするが、1作目と比べると落ちるかなぁという印象。

前作の良さはマブリー演じる、マ刑事が追う凶悪犯だった中国系のチャンチェンて野郎がとても強いし嫌な奴で、この部下2名も結構強くて、その存在感が物語の面白さを支えていた。

しかもこいつらと敵対することになる、もともと土地に根付いていた中国系ヤクザ組織の二つ、ドクソ組とイス組、さらにはもう一つの朝鮮系ヤクザの組との絡みがまたよろしい。

これらの組同士の抗争にマ刑事たちの強力班が対抗していくその内容がスリリングかつ暴力、暴力、暴力のオンパレードで、しかしその暴力野郎をマ刑事の暴力で蹂躙していくとこがとても新鮮かつ楽しめたのだ。

見所はやっぱりマブリー演じるマ・ソクトの暴力

マ刑事は武器を使わずにかならずステゴロで相手を駆逐していく。普通だったら警察だって相手に対抗すべく銃を使うとかありそうなもんだが、その辺は韓国映画によくある感じで、銃器はほとんど登場しないのである。

しかし、そこがイイのだ。マ刑事は全身武器、全身暴力みたいな奴なので、このオッサンがパワーにものを言わせて凶悪な敵をぶっ飛ばしていく、そこが爽快なんである。

もちろん今作も基本的には前作とやっていることは同じなので、その辺は爽快感はある。あるんだが、今回はちょっと敵役のカンが小粒なんだよなぁ。もちろんやっていることは酷いし、それなりに強いんだけども、マ刑事が強すぎることもあってか、その暴力性が一方的過ぎる感があって、ちょっと物足りなかった。個人的には。

ついでにカンが呼び寄せる2人組も凶悪そうではあったがそんなに強さを感じられずに退場。前作のチャンの部下のほうが強さがあったように見えた。そういえば、前作で死んだと思ってたイス組の組長が詐欺師ととして登場。前作同様、マ刑事にいろいろ使われてて、その度合いは前作以上。

詐欺師のイス

ちょっと残念なのは、いろいろあってカンと相対したときに、「ハルピンのチャン」と前作で自身が煮え湯を飲まされた相手を名乗って難を逃れようとするヘタレぶりを発揮してたところだ。一応、組を背負ってた男でそれなりに喧嘩も強かったんだから、戦闘シーンがあっても面白かったんじゃないかね。

ついでに残念なのは、マ刑事の強力班で前作活躍してたそれなりに戦闘力ある兄ちゃんがひとり、今作では登場してないところ。何でだろう? 役者さんの都合がつかなかったのだろうか。

とかまぁ、いろいろ腐してはいるものの、マ刑事の暴力エンターテイメントシーンは映画館で見てこその迫力。彼の攻撃が敵の体に食い込んだときの痛そうな音とかは本当に痛そうで、やっぱり彼の暴れっぷりは観ていて楽しいのである。

3作目の國村準に期待!!

で、今作を鑑賞してて思ったのは、1作目も2作目も敵側が味方を信頼してなさすぎるため、敵ボスはある意味で勝手に孤立していくところが、この作品に通底しているなということころ。つまり、喧嘩が強いのはいいんだけども、やってることが直線的かつ暴力的なだけで、組織としての人心掌握術に欠けているため、自滅しちゃっているのだ。

まぁその辺が暴力だけで突き進んでる悪人の魅力ではあるんだけども、3作目がすでに決まっているそうなので、ぜひ次作は喧嘩だけでなく部下の信頼を得ているような凶悪人間を登場させたら、より楽しめる作品になるんじゃないかと勝手に期待。

すでに出ている情報によると、次作には國村準が日本ヤクザの組長として特別出演するらしい。彼はそれなりに歳をとっているので、チャンチェンやカンヘサンのような喧嘩師としてマ刑事と暴力合戦を繰り広げるとは思えないんだが、どんな悪人として活躍してくれるのか楽しみなところだ。

映画『犯罪都市』ネタバレ感想 マ・ドンソクが素敵すぎる暴力エンターテイメント
マ・ドンソク主演のエンターテイメント暴力韓国映画。しかも、実話をもとにした物語らしい。韓国映画特有の銃を用いない暴力描写がすさまじく、目を覆っちゃうような場面もあるものの、マ・ドンソク扮する人間味あふれる強面刑事、マ・ソクトのかっこよさが堪能できるとても面白い作品。ネタバレあり。
映画 悪人伝 ネタバレ感想 マドンソク主演のヤクザ&刑事VS殺人鬼
映画 悪人伝 ネタバレ感想 マドンソク主演のヤクザ&刑事VS殺人鬼 マ・ドンソク兄貴が主演の暴力映画。善人を演じることの多い兄貴が強面ヤクザとして登場し、殺人鬼相手に大暴れするバイオレンスエンターテイメント。―2020年公開 日 110分―
映画 ザバッドガイズ ネタバレ感想 ヤクザ相手に暴れるマドンソク
いわくつきの4人組が警察組織に所属して、協力し合いながら護送中に脱走した凶悪犯らをとっ捕まえるためにジタバタする娯楽アクション。ネタバレあり。
映画 守護教師 ネタバレ感想 マドンソク兄貴が筋肉教師を務める韓国作品
今作のドンソク兄貴の筋肉パワーで見どころになるのは、鍵のかかったドアをいくつか、力任せにぶっ壊すシーンと、車のパワーウィンドを素手でぶち割るところだろう。素手であんなことしたら普通、こぶしとか血まみれだし、骨折するだろ(笑)。
映画 無双の鉄拳 ネタバレ感想 マドンソク兄貴のマブリーな豪腕が炸裂
マドンソク兄貴のマブリーな豪腕が炸裂。マ・ドンソク兄貴の暴力映画。彼が演じるカン・ドンチョルが、ステゴロのみで敵の軍団をボッコボッコに粉砕していく壮快作品。 ―2019年公開 韓 116分―

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました