スポンサーリンク

映画 守護教師 ネタバレ感想 マドンソク兄貴が筋肉教師を務める韓国作品

スポンサーリンク

守護教師

マ・ドンソク兄貴が鉄拳制裁で悪をぶっ潰すお話。『犯罪都市』『無双の鉄拳』と似たような作品が出るごとに失速しちゃっている感があるのは、仕方のないところか。だがしかし、マブリー先生のファンなら楽しめる。

―2019年公開 韓 100分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「無双の鉄拳」のマ・ドンソクが女子高生失踪事件に挑む元ボクシング王者の体育教師に扮したアクション・スリラー。体育教師として女子高に赴任したギチョルは、生徒が失踪したにも関わらず町の人々が口をつぐむ様子に不穏な空気を感じ、少女の行方を探す。体育教師ギチョルをマ・ドンソクが、ギチョルと組み親友の行方を追う女子高生ユジンを「アジョシ」のキム・セロンが演じるほか、「FLU 運命の36時間」のイ・サンヨプ、「犯罪都市」のチン・ソンギュらが出演。(KIENOTE)

あらすじ:ボクシング元東洋チャンピオンのギチョルは、暴力沙汰によりコーチの職を失い、新たに静かな町にある女子高の体育教師となる。これまで男ばかりの世界で過ごしてきた彼は、女生徒たちに囲まれ戸惑うばかり。なんとか学校に馴染もうとする中、忽然と姿を消した同級生の行方を探すユジンと出会う。他の教師は単なる家出だとして取り合わず、警察も口ばかりで全く動いていない。意図的に失踪した少女の行方を探していないかのような町の人々の様子に不穏な空気を感じるギチョル。やがてユジンが何者かに襲われ、ギチョルは彼女に代わり不明の生徒の行方を探そうとするが……。(KINENOTE)

監督・脚本:イム・ジンスン
出演:マ・ドンソク/キム・セロン/イ・サンヨプ/チン・ソンギュ/チャン・グァン

ネタバレ感想

ということで、俺はマ・ドンソク兄貴は好きな役者なので楽しめた。だが、冒頭に記したように、ちょっと兄貴が己の鉄拳のみで悪を制裁するパターンの作品の中では、もっとも爽快感が薄かったのも本当のところだ。

しかし、それは仕方のない面もある。だって、兄貴の格闘パターンは基本、ダルマのように肉厚なボディを駆使した鉄壁の防御力と、その肉体を駆使した破壊的なパンチのみだから。どうしても格闘がワンパターンにならざるを得ない。

だから、いろいろと演出的な工夫やらが必要なんだけど、今回はそれがどうも心もとないうえ、兄貴の暴れるシーンもさほど多くもなく、そして致命的なのは、戦闘力で彼に匹敵しそうな人がいないところである。

『無双の鉄拳』の感想でも書いたように、『犯罪都市』が優れていたのは、敵対組織がメチャクチャ極悪かつ、強者だったことにある。しかもそのキャラに、魅力があった。しかも、そこに別の勢力も絡んできていたので、物語的にも見どころがたくさんあったのだ。

映画『犯罪都市』ネタバレ感想 マ・ドンソクが素敵すぎる暴力エンターテイメント
マ・ドンソク主演のエンターテイメント暴力韓国映画。しかも、実話をもとにした物語らしい。韓国映画特有の銃を用いない暴力描写がすさまじく、目を覆っちゃうような場面もあるものの、マ・ドンソク扮する人間味あふれる強面刑事、マ・ソクトのかっこよさが堪能できるとても面白い作品。ネタバレあり。
映画 無双の鉄拳 ネタバレ感想 マドンソク兄貴のマブリーな豪腕が炸裂
マドンソク兄貴のマブリーな豪腕が炸裂。マ・ドンソク兄貴の暴力映画。彼が演じるカン・ドンチョルが、ステゴロのみで敵の軍団をボッコボッコに粉砕していく壮快作品。 ―2019年公開 韓 116分―

だが、本作はどちらかというと、ある生徒を守ろうとする教師の奮闘を描いた物語なので、そもそも、俺が望むような展開の作品にはならないのだ。であるから、格闘シーンの少なさなども、致し方ない部分ではある。要は『犯罪都市』と比べて見ちゃっていた俺が悪いのである。

その中で今作のドンソク兄貴の筋肉パワーで見どころになるのは、鍵のかかったドアをいくつか、力任せにぶっ壊すシーンと、車のパワーウィンドを素手でぶち割るところだろう。素手であんなことしたら普通、こぶしとか血まみれだし、骨折するだろ(笑)。

てなことで、今回は『アジョシ』に出ていた少女がずいぶん成長した姿で登場し、その女優さんを守るのがドンソク兄貴の役回り。彼の演じる教師は、不正を許すことができず、それを正すための行為を止められないせいで、職を変えざるを得ないオッサンである。

この教師の仕事は彼の妹がコネで見つけてくれたらしく、ドンソク兄貴は後で気づくことだが、妹は学校の理事長に賄賂も渡していたのである。理事長の絡んでいた少女失踪事件に首を突っ込んだせいでその職を解雇されたドンソク兄貴は、妹から「世の中はそういうものよ」と言われるんだけども、それで「はいそうですか」と臭いものや不正に蓋をしておくことはできない。

なぜなら、自分の生徒が巻き込まれちゃっているから。要するに、冒頭でボクシングの協会みたいなところを脱退するシーンでも描かれるように、権力のあるやつらが、それだけの理由で弱者を虐げているのを許せないし、見て見ぬふりをできない人間なのである。

なんとも単純だが、そういう役柄を演じると、ドンソク兄貴ははまり役なのである。しかも、強面というほどでもなく、可愛げもある演技ができるところが、よいのだ。マブリーなる造語ができるのも、よくわかる。

というわけで、彼のファンが観るには十分彼の魅力が堪能できる作品である。しかし、内容そのものは別に面白くはない。

ちなみに、彼の主演作で韓国でもヒットした作品に『悪人伝』というのがあるらしい。これがメチャクチャおもしろそうなんだけど、なぜか日本ではまだ公開予定がない。残念すぎる。その作品はスタローンが製作に絡んで、ハリウッドでもリメイクされるらしい。しかも、ドンソク兄貴が主演するとかで、どちらも観た過ぎる。とりあえず早く、オリジナルを日本でも公開してくれ。

映画 ファイティン! ネタバレ感想 マドンソクの腕相撲作品
ムキムキ親父、マ・ドンソクがアームレスラーとして活躍する家族映画。ネタバレあり。―2018年公開 韓 108分―
映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』ネタバレ感想 ゾンビ系メロドラマ
韓国製ゾンビ映画ってことでかなり期待して鑑賞。描かれる感染者たちをゾンビって言っていいのかよくわからんが、噛まれると自分も感染して別の変な生き物になっちまうんだから、ゾンビでいいんだと思う。事前の期待に違わぬ娯楽作で、充分満足できました。ややネタバレあり。
映画『アンダードッグ 二人の男』ネタバレなし感想 マ・ドンソクがなかなか強い
『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも広く顔知られるようになった、マ・ドンソク主演作品。もう一人の主人公は映画初主演の歌手の人らしい。ストリートに生きる若者と裏社会で生きざるを得なくなった親父が繰り広げるドタバタサスペンス。ネタバレなし。 ―2018年公開 韓 92分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました