スポンサーリンク

映画『犯罪都市』ネタバレ感想 マ・ドンソクが素敵すぎる暴力エンターテイメント

スポンサーリンク

犯罪都市(2017)

マ・ドンソク主演のエンターテイメント暴力韓国映画。しかも、実話をもとにした物語らしい。韓国映画特有の銃を用いない暴力描写がすさまじく、目を覆っちゃうような場面もあるものの、マ・ドンソク扮する人間味あふれる強面刑事、マ・ソクトのかっこよさが堪能できるとても面白い作品。ネタバレあり。

―2017年公開 韓 121分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「新感染 ファイナル・エクスプレス」のマ・ドンソク主演による実際の事件を基にしたクライム・アクション。中国から来た犯罪集団を一網打尽にしようと画策する刑事ソクト。だが縄張りを荒らされた韓国マフィアも黙っておらず、事態は三つ巴の戦いへと発展する。共演は「国選弁護人 ユン・ジンウォン」のユン・ゲサン、「時間回廊の殺人」のチョ・ジェユン、「The NET網に囚われた男」のチェ・グィファ。音楽を「妖しい彼女」「密偵」のモグが担当。監督・脚本は新鋭カン・ユンソン。(KINENOTE)

あらすじ:2004年ソウル。衿川警察・強力班のマ・ソクト(マ・ドンソク)は、ナイフで向かってくるヤクザにも怯むことなく、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボス、毒蛇(ホ・ソンテ)とチャン・イス(パク・ジファン)の仲を取り持ち、街のバランスを保つのだった。だがそんな折、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャン・チェン(ユン・ゲサン)は、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国マフィアも黙っておらず、一触即発の事態に陥っていく。やがて、強力班は組織の一掃作戦を企てるが……(KINENOTE)

監督:カン・ユンソン
出演:マ・ドンソク/ユン・ゲサン/チョ・ジェユン/チェ・グィファ/チン・ソンギュ/パク・ジファン/ホ・ソンテ

ネタバレ感想

ともかく、マ・ドンソクがいい

ダルマのような体系のムキムキ兄貴・マ・ドンソク先生が暴力団を相手に大暴れ。女性には弱いが部下の面倒見がよく、地域住民にも優しい。その一方で、犯罪行為を行うヤクザたちには容赦なし。自慢の格闘術とパワーで、悪人どもをボコボコにしちゃうドンソク兄貴。このキャラがかっこよすぎて、本当にいい。こんな男を上司にしたいもんである。

悪役側にも魅力がある

悪役はユン・ゲサンなる役者が扮するチャン・チェン。中国の少数民族である朝鮮族で、中国でも名の知れた残忍な男は、その立ち居振る舞い全てが暴力の匂いしかしない。ともかくこいつが本当に酷い奴で、しかも強い。彼と一緒に韓国に流れてきた側近の2人も、かなり強い。

だから、土着の韓国系中国人暴力団の毒蛇組は、なすすべがない。毒蛇組と対立していたイス組はけっこう頑張るんだけども、けっきょくはボスの首を取られてまう。さらにはここに、韓国人暴力団の組織も絡んできて、血みどろの抗争が繰り広げられるのである。とはいっても、血みどろになるのは主に、チャン率いる黒竜組以外の奴らなんだが(笑)。

格闘描写も迫力がある

冒頭で触れたように、韓国のこうした暴力描写がある映画では、銃が登場することはほぼない。みんな、だいたい、刃物や手斧、鉄パイプやバットなどを凶器につかう。そのせいでどの暴力描写も、ものすごく痛そうに見えてくるのだ。一撃で死ねない凶器で戦うのは、銃撃をし合うのとは別の恐ろしさがあることを知らしめてくれる。

この作品でもそんな描写が満載。しかも、ドンソク兄貴は刃物を持った相手に対しても素手で立ち向かっていくのである。かっこいい。

警察が無能でない

俺がこれまでに見てきた韓国映画って、大体は警察が無能だったり、汚職にまみれたりしてて使い物にならない描写がされる作品が多かったが、本作は警察も町の犯罪を頑張って摘発する姿が描かれているので、個人的には珍しい韓国映画だと思った。監督がそういう物語にしたかったようで、それはエンドロールのときのメッセージからも読み取れた。

てなわけで、非常に楽しめる暴力映画であった。韓国では大ヒットしたそうだから、続編あるかもしれないなぁ。期待したい。

ちなみに、朝鮮族の絡む暴力映画には、『哀しき獣』という傑作もあります。こちらもかなりお勧め。

マ・ドンソクが出演している他作品の記事も紹介しときます↓

映画『アンダードッグ 二人の男』ネタバレなし感想 マ・ドンソクがなかなか強い
『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも広く顔知られるようになった、マ・ドンソク主演作品。もう一人の主人公は映画初主演の歌手の人らしい。ストリートに生きる若者と裏社会で生きざるを得なくなった親父が繰り広げるドタバタサスペンス。ネタバレなし。 ―2018年公開 韓 92分―
映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』ネタバレ感想 ゾンビ系メロドラマ
韓国製ゾンビ映画ってことでかなり期待して鑑賞。描かれる感染者たちをゾンビって言っていいのかよくわからんが、噛まれると自分も感染して別の変な生き物になっちまうんだから、ゾンビでいいんだと思う。事前の期待に違わぬ娯楽作で、充分満足できました。ややネタバレあり。
映画『ある母の復讐』ネタバレ感想 ラストは爽快だがハッピーではない
なかなか悲惨な母娘の話であった。ラストの展開はしてやったりと溜飲が下がりはするものの、母娘のその後の人生は、決して希望に満ちたものではないからねぇ。ネタバレあり。 ―2013年製作 韓 89分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました