ヒューマン

スポンサーリンク
映画

映画 GO ネタバレ感想 窪塚洋介がカッコイイ

この作品が面白いのは、単なる不良が恋愛をするのではなく、その主人公が在日であるという要素が一番の背景になっているところにある。若き日の窪塚洋介の本作でのギラギラした目とその存在感が、ピカ一。
映画

映画 街のあかり ネタバレ感想

街のあかり ―2007年公開 芬 78分― 解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:「浮き雲」では人間賛歌を、「過去のない男」(2002年カンヌ国際映画祭グランプリ、主演女優賞受賞)では再生のドラマを語ってきたフィンランドの名匠アキ...
2020年代の作品

映画 孤狼の血 LEVEL2 ネタバレ感想 ラストだけなんか抽象的

脇役たちの個性が際立っているところがいい。何より、鈴木亮平がすごい。やばすぎる存在感。全編通して上林の横暴ぶりにハラハラせずにはいられない。一方の日岡は耐久力高すぎ(笑)。
スポンサーリンク
映画

映画 過去のない男 ネタバレ感想

過去のない男 ―2003年公開 芬 97分― 解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:過去の記憶を失った男が新しい人生を歩いてゆく様を描いたユーモラスな感動作。監督・製作・脚本は「白い花びら」のアキ・カウリスマキ。出演は「白い花びら...
2020年公開の映画

映画 鵞鳥湖の夜 ネタバレ感想

バイク窃盗を生業とする犯罪集団の一員が、ムショでのお勤めを終えて戻ってきたはいいものの、組織内のいざこざに巻き込まれて、図らずも警官を殺してしまったせいで、指名手配犯になってまう。そして、なんとか妻子に金を残してやろうと目論み、いろいろと頑張る話
2020年公開の映画

映画 幼い依頼人 ネタバレ感想 児童虐待の実態と酷さ

児童虐待のリアルかつ厳しい韓国社会の現状が描かれていた。こんな酷い親本当にいるのかね、と思っちゃうくらいに継母と親父がクソすぎて、まるで同じ生き物には見えない。という意味では、この作品はホラーだ。この世はホラー的世界だなと思わされる。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 トゥルーヒストリー オブ ザ ケリーギャング ネタバレ感想

ケリーが義賊的な人物として立ち上がり、名声を高めるものの、没落していく姿をイキイキと描いた作品なのかと期待してたんだけども、そういう内容ではない。どちらかというと、母との愛憎まみれた人間関係が描かれ、それに苦しみながら末期を迎えた一人の男の物語というように見えた。
映画

映画 ある戦争 ネタバレ感想 アフガニスタンにおけるデンマーク兵の罪

アフガニスタンでタリバン襲撃に備えて治安維持をするデンマーク軍の部隊。ある日、謎の襲撃を受け、敵から味方兵を守るために空爆の要請をしたクラウス隊長が、後日、法務官に呼び出されて軍事裁判をかけられることに。クラウスには敵を確認せずに空爆をした疑いがあり、しかも地元の民間人が犠牲になってしまっていたのだ。果たしてクラウスは無罪か有罪なのかーーネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました