スポンサーリンク

映画『強盗狩り』ネタバレ感想 ラストまで緊張感のないボンクラ強盗団

強盗狩り
スポンサーリンク

強盗狩り

強盗団VS警察&FBI VS殺人鬼というシッチャカメッチャカなお笑いサスペンス。つまらなくはないと思うけど決して面白くもない、何だかもったいない感じのする珍作である。ネタバレあり。

―2016年製作 米 84分―

スポンサーリンク

あらすじ・スタッフとキャスト

あらすじ:熟練の銀行強盗団は、建物内に閉じ込められてしまった。そこへ、目玉への異常な執着心に満ちた凶器の足音が迫る。血塗られた混乱に、もはや逃げ場などない。(NETFLIX

監督:マイク・メンデス
出演:ヘンリー・ロリンズ/トランス・クームズ/ヴィクトリア・プラット/マイケル・シャノン・ジェンキンス/ニック・プリンシプ/マーク・ケリー

ネタバレ感想

作品全体に緊張感なさすぎ(笑)

何となくあらすじに魅かれて鑑賞してみた。序盤から物語が動き出すまでが退屈。そこを乗り切れた人は、劇終まで何とか耐え抜けるだろう(笑)。

決してつまらなくはないのだが、ハラハラドキドキ、スリリング! という感じに楽しめる作品ではない。

問題なのは、製作側の技量の低さなのか、役者がへたくそなのか、その両方なのか、ともかく、どいつもこいつも緊張感なさすぎなのだ。

物語の中心にあるのは主人公らの強盗行為である。であるから、警察組織と強盗団の人質をダシにした駆け引きが繰り広げられる。

さらに、強盗団は金庫室に潜む目玉くりぬき殺人鬼にも対応しなくてはならぬ。そんなシチュエーションとあれば、鑑賞者はスリリングな展開を期待せずにはいられない。

にもかかわらず、画面からは何の緊張感も伝わってこない。出てくる奴らはどいつもこいつも避難訓練でもしてるかのように、のんびりしているようにしか観えない(笑)。これはある意味すごいことだ。

ツッコミ入れて楽しむ作品

ということで、この作品は登場人物たちの支離滅裂かつトンマな言動を微笑ましく思いつつ、優しい気持ちで鑑賞し続けられれば、愛すべきツッコミ作品として受け入れられるだろう(笑)。

とか偉そうに言っているが、俺は、登場人物たちのアホさにイライラさせられながら観ていた(笑)。特に中盤くらいまでは。

例えば強盗団。そろいもそろってアホばかり。主人公っぽいボスの頭脳が間抜けだから、彼の従える仲間もボンクラであるのは仕方ない。

トンマなボスは、乗り込んだ銀行の従業員に実の弟がいたので、いきなりマスクを脱いで、弟に正体を明かしてまう。なぜそんなことをする必要があるのか、さっぱり理解ができぬ。

このシーンでボスは仲間の女性に非難されていた。無駄に正体明かしてんだから、当たり前だ(笑)。銀行に乗り込んですぐにボスがこういうアホなことをやってのける。それ以降は、全員のやることなすこと、不注意かつ不用意すぎてイライラさせられるのだ。

いくら相手が猟奇殺人者だとは言え、全員が銃を持っている集団がいいようにやられちゃうってのは、トンマすぎる。よく今までチームとして捕まらずにいられたなと思うほどに低脳な強盗団だ。

だがしかし、そうしたボンクラシーンを延々と見せられているうちに、ボンクラどもの言動が、楽しめるようになってくるのが本作の特徴だ(そう思えるのは俺だけかも)。

ということで、総じて言うならそれなりに楽しめたし、そんなに悪くもない作品だと思ったのである。二度観たいとは思わないが。

※この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

強盗が出てくる作品の記事↓

映画『そして友よ、静かに死ね』ネタバレ感想
実在したギャングの自叙伝をもとに製作された作品らしい。オリヴィエ・マルシャル監督らしく、非常に男汁満載のハードボイルドな内容である。にしても、友情に厚い男って考えようによっては、迷惑この上ないわな。カッコいいけど。ネタバレあり ―2012年公開 仏 102分―
映画『ギャング・イン・L.A.』ネタバレなし感想 エドワード・ファーロング(笑)
実話をもとにした物語だそうです。イスラエルからアメリカンドリームを求めて移住した主人公のアイザックは、夢を実現できるのか。邦題や煽り文句にのせられて鑑賞すると、内容にガッカリしちゃうだろう。ネタバレあり。 ―2012年製作 米 93分―
映画『グッド・タイム』ネタバレ感想
冒頭から行き当たりばったり。その場しのぎの対策を立てて何とか弟を助けようとする兄貴が、最後までジタバタし続ける。そんな兄貴にグッドなタイムはあったのか。ネタバレ感想。 ―2017年公開 米 100分―
映画『友は風の彼方に』ネタバレなし感想 レザボアドッグスに影響を与えた一作
タランティーノの『レザボア・ドッグス』に影響を与えたと言われる、リンゴ・ラム監督の代表作の一つ。久しぶりに観たら古臭い感は否めないが、まぁそれは仕方ない。語らずとも通じ合う、男の友情が描かれている。ネタバレなし。 ―1991年公開 香 105分ー
映画『夜に生きる』ネタバレ感想 主人公の信条が参考になる作品
1920年以降のアメリカで起こった出来事もかなり出てくるので、アメリカの歴史的なことに対する知識が深いと、より楽しめるんだろうと思う。とはいえ、その辺の知識はなくても別に問題はない。個人的には、このブログにテーマに関わる内容が描かれていると思った。ネタバレすこしだけ。 ―2017年公開 米 129分―
映画『ベイビー・ドライバー』ネタバレ感想 カーチェイスがいい!
ベイビー・ドライバー 事前の期待を下回ることはない作品で楽しめた。でも、個人的に物足りなさを感じた点もいくつか。後半はネタバレ。 ―2017年公開 英・米 113分― 見どころとあらすじ・スタッフとキャスト 見どころ:『ワールズ...
映画『バッド・デイズ』ネタバレ感想 結末まで全てハードボイルドである
バッド・デイズ あまり知られていない作品だと思うが、この映画は良作だと思う。決して傑作とは言えない。だが良作である。なぜそうなのかというと、ハーヴェイ・カイテル演じるロイが渋いのだ。ハードボイルドである。ネタバレあり ―1997年 ...
映画『ゲットバック』ネタバレ感想 ニコラス・ケイジは必死だが
いつも困った顔をしているニコラス・ケイジが主人公。リミット12時間、身代金10億円、娘が誘拐された! これは大変と思うけども、話が小さくまとまりすぎている感じがして、あんまり面白くなかったです。ネタバレあり ―2012年公開 米 95分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました