スポンサーリンク

映画『ドラゴン×マッハ!』耐久力高めの娯楽アクション!

スポンサーリンク

『ドラゴン×マッハ!』(2015)香港=中国

解説:ドニー・イェン、サモ・ハンらが出演した『SPL/狼よ静かに死ね』の続編。『マッハ!』シリーズでブレイクしたトニー・ジャーを主演に迎え、前作のウー・ジンとサイモン・ヤム、『グランド・マスター』などのマックス・チャン、『アクシデント』などのルイス・クーらが集結し、ムエタイとカンフーの異種格闘技戦がさく裂する。監督を『軍鶏 Shamo』などのソイ・チェン、アクション監督を『プロジェクトBB』などのニッキー・リーが務める。刑務所での囚人200人による大立ち回りなど、肉弾アクションの連続にくぎ付け。(シネマトゥデイ)

あらすじ:香港の臓器売買について調査していた捜査官チーキット(ウー・ジン)は素性がばれ、タイの刑務所に送り込まれてしまう。指揮官のチャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を捜す一方、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)はチーキットに暴行を繰り返していた。見て見ぬ振りをするしかない看守チャイ(トニー・ジャー)だったが、チーキットが難病を患う娘の適合ドナーだとわかり、彼を救おうとする。(シネマトゥデイ)

監督:ソイ・チェン

出演:トニー・ジャー/ウー・ジン/サイモン・ヤム/ルイス・クー/マックス・チャン

以下、軽くネタバレしてます!

スポンサーリンク

飛び蹴り飛び過ぎなド派手アクション

トニー・ジャーが出てる映画を始めてみました。彼のひざ蹴りの推進力はすごいですなぁ(笑)。『SPL/狼よ静かに死ね』の続編だそうです。正直、続編である意味がよくわからないし邦題も変なんだけど、格闘アクションとして高水準な娯楽映画。だから観終わった後の帰り道は、無性に身体が動かしたくなる!

前作と比較すると・・・

前作はドニー・イェンとウー・ジンの路地裏での決闘がともかくカッコよかった。今作はどうかというと、刑務所内での格闘、空港での銃撃戦、刑務所での乱戦、ラストのウー・ジン+トニー・ジャーVSマックス・チャンの激闘などなど、1シーンというよりは随所に見所があって、「やっぱり香港映画の格闘アクションはすごいなぁ」って思わせる出来栄えでした。

内容としては前作同様、極悪非道な悪役がいて主役側は悲惨かつ過酷な目に合いつつも、頑張ってそいつらをぶっ飛ばしていくわけだけど、突っ込みどころは多い。でも、ストーリーでも観客を引っ張ろうとしている意気込みは感じました。その辺は前作よりも好感度高いかな。

ウー・ジンが主役な作品は始めて見た

主役はウー・ジンなんだけど、俺の鑑賞歴では彼って悪役の印象が強くて、とにかくムカつくくらい強いってイメージがあった。なんで今作では、その強さ度が薄まっているように感じたところが少し悲しい。『インビジブル・ターゲット』とか、前作とかでの鬼畜とも呼べる強さがよかったのに、主役側に回るとその強さがあまり感じられなくて…。

例えば、ドニー・イェンの映画は、そういうところのバランスの取り方がうまいよね。『イップ・マン』シリーズでも『導火線 FLASH POINT』でも、『スペシャルID 特殊身分』でも、『カンフー・ジャングル』でもドニー師匠はいつも強い! 敵も当然強いんだけど、やっぱ師匠のほうが強い!

まぁ今作の場合は、トニー・ジャーにも見所をつくらなきゃいけないわけだし、だから2人がかりでないと倒せないくらいにマックス・チャンを強い設定にしたんだろうけど。

なぜかジョン・ローンを思い出す

この、スーツを着た涼しげな男、マックス・チャンはよかった。この人、なんかジョン・ローンに似てないですか? ジョン・ローンを最後に映画で見たのは、ジェイソン・ステイサムとジェット・リー主演、ステイサムの意味不明な爆笑日本語炸裂の『ローグアサシン』だった。あの作品で久しぶりに彼の姿を見て、ちょっと悲しくなったのを覚えている。・・・てのは関係ない話だな。

映画『ローグアサシン』ネタバレ感想 ステイサムの日本語とジョン・ローンは必見
公開当時に劇場で鑑賞したときに、笑いを押し殺すのに難儀したシーンがある。それはジェイソン・ステイサムが日本語を話すシーンだ。マジで笑えるのでそこだけでも観る価値はある。仮に、そこで笑えなくてもそれなりに楽しめる作品だとは思う。ネタバレあり。 ―2007年公開 米 103分―

耐え抜く男、ヤム大先生

サイモン・ヤム大先生は相変わらずの活躍ぶり。だが、あんた耐久力高すぎだろ(笑)。あれだけやられたら普通は死ぬと思うんだが。ていうか、この人は体術で頑張る俳優じゃないので、こういう格闘系の作品に出て敵と戦うシーンがあると、すごい悲壮感がある。というか、そういうふうに見ちゃう(笑)。

ヤム先生に限らず、主役たちは身体を鋭利な刃物で貫かれたり、切りつけられたりするシーンがあるものの、彼らはことごとくそれらの攻撃に耐え、死には至らない。この耐久力の高さは異常だが、脇役はそうでもないところが気の毒(笑)。

それにしても、ヤムヤムはこれでもかってくらいたくさんの作品に出てて、その活躍度が衰えないのがすごい。ジョン・ウーの『ワイルド・ブリット』に出てた若かりし頃が懐かしいですな。

あと、ルイス・クーも出てるね。なんか坂本龍一みたいな髪型で笑ってしまった。さらに、ユン・ピョウに何となく似てる、盧惠光て人も出てる。この人、いろいろな作品で見かけるんだけど、名前の読みがわからない(笑)。

どうしても突っ込みたいところ

すげぇ気になって仕方なかったのは、物語の中盤以降、トニー・ジャーが頑張ってウー・ジンとサイモン・ヤムを助けに来てくれるのに、ウー・ジンとサイモン・ヤムは彼を屠殺場? みたいなところに置き去りにして、すぐに助けに行かずにのんびりしてるところ! あれが気になって仕方なかった。

殺されるかもしれないんだから、早く助けにいってやれよと。偶然出会ったトニー・ジャーの娘とイチャイチャしとる場合じゃないだろ、ウー・ジンよ。彼女のお父さんが捕まっているんだぞ、君のせいで(笑)。やっぱり彼は、冷酷な殺人マシーン役やっているほうが輝いてると思った(笑)。

『イップ・マン 継承』にも期待!

ということで、腐してばっかりだけど、『スペシャルID 特殊身分』や『カンフー・ジャングル』よりも面白いです! ちなみに、ドニー・イェンの作品では、ストーリーはともかく『導火線 FLASH POINT』が最高ですよね。今年の春公開の『イップ・マン 継承』も期待!

映画 導火線 ネタバレ感想 ドニーイェンの格闘アクション
香港から遅れること3年後くらいに日本でも上映されたドニー・イェン先生の格闘アクション。正義感強すぎて容疑者や犯人を半殺しにしてしまう暴力刑事の活躍を描いた良作。ラストバトルのカッコよさが際立つオススメ作品。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 87分―
映画 SPL 狼たちの処刑台 ネタバレ感想 ウェットな格闘アクション
公開初日に鑑賞。前作の『ドラゴン・マッハ』もよかったけど、さすがウィルソン・イップ とサモ・ハン・キンポー。同じくらいに楽しめた。ただ、アクション要素は『ドラゴン・マッハ』には及ばない感じも。ストーリーはなかなかしっかりしている。ネタバレあり。 ―2018年公開 香=中 100分―
映画『イップ・マン 序章』ネタバレ感想 無敵の詠春拳
『イップ・マン 継承』を先日観たこともあって、序章から見直したくなって鑑賞。このシリーズのいいところは、新作になるほど面白さが増していること。実在の人物を取り上げてるものの、フィクションぽい描写が多いのは別にそれで構わない。カンフーアクションが見たいわけなので。ネタバレ少し。 ―2011年 香港 108分―
映画『イップ・マン 葉問』ネタバレ感想 サモ・ハンかっこよすぎ(笑)
劇場で『継承』を見て以来、全作再鑑賞したくなり、こないだ『序章』を観たので、次は本作。やっぱいいねぇ。ドニー先生はもちろん、サモ・ハンがとてもかっこいい。渋すぎるぜ師匠。ということで本作の見どころを紹介。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 109分―
映画『イップ・マン 継承』ネタバレ感想 マックス・チャンが素晴らしいです
ドニー先生ファンは間違いなく見に行くと思うのでそれはいいとして、シリーズを観たことない人、ドニー先生を知らない人、香港映画に興味ない人にも、とにかくオススメしたい。本当に面白いしカッコいい、個人的には今年劇場で観た中ではベストに入るくらいの満足感を得られた作品である! ―2017年 香港=中国 105分
映画『おじいちゃんはデブゴン』ネタバレ感想 サモハンカムバック
5月公開の期待の一作ということで、武蔵野館で鑑賞してきた。近年のサモハンは本当に渋くてカッコいい。こういうオッサンを見ていると、歳を取るのも悪くないなって思うのである。ネタバレあり。 ―2017年 中国=香港 99分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました