スポンサーリンク

映画『ローグアサシン』ネタバレ感想 ステイサムの日本語とジョン・ローンは必見

スポンサーリンク

ローグアサシン

公開当時に劇場で鑑賞したときに、笑いを押し殺すのに難儀したシーンがある。それはジェイソン・ステイサムが日本語を話すシーンだ。マジで笑えるのでそこだけでも観る価値はある。仮に、そこで笑えなくてもそれなりに楽しめる作品だとは思う。ネタバレあり。

―2007年公開 米 103分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:伝説の暗殺者・ローグと、復讐に燃えるFBI捜査官・ジャックの戦いを描いた迫真のアクション。ジェット・リー(「HERO」)、ジェイスン・ステイサム(「トランスポーター」)という東西のアクションスターの共演が見ものだ。監督はエミネムや50セントのPVなどを手がけるフィリップ・G・アトウェル。本作が長編映画初挑戦となる。(KINENOTE)

あらすじ:サンフランシスコ。FBI捜査官、クロフォード(ジェイスン・ステイサム)は、相棒のトムと共に、伝説の殺し屋ローグ(ジェット・リー)を追い詰めていた。しかし、逆にクロフォードが撃たれてしまう。そして、クロフォードのとどめを刺そうとしたローグを撃つトム。ローグは顔を直撃され、海に落ちてしまった。しかし、何故かその死体は見つからなかった。数日後、トムとその家族が惨殺される。現場にはそれがローグの仕業であるという証拠が残っていた。ローグへの復讐を胸に誓うクロフォード。それから三年が経ち、サンフランシスコはチャイニーズ・マフィアと、ジャパニーズ・ヤクザの抗争の渦中にあった。クロフォードはFBIアジア犯罪特別捜査班を指揮していた。そんな中、再びローグが現れる。彼はチャイニーズ・マフィアのリーダー、チャンの元で働いていたが、実は裏でジャパニーズ・マフィアとも通じており、対立する両方の組織から報酬を得ていたのだった。やがてチャンの手下はヤクザの集まる食事会に攻撃を開始。駆けつけたクロフォードたちFBIも巻き込んで、三つ巴の抗争へと発展していく。その時、狙撃ライフルからの一撃が事態を一変させる。両陣営を見境無く攻撃する銃弾。それはローグが放ったものだった。再びローグを追跡するクロフォード。果たしてローグとは一体何者なのか? そして彼の真の目的とは?(KINENOTE)

監督:フィリップ・G・アトウェル
出演:ジェット・リー/ジェイソン・ステイサム/ジョン・ローン/デヴォン青木/ルイス・ガスマン/石橋凌/サン・カン/ケイン・コスギ/テリー・チェン

ネタバレ感想

ジェット・リーは顔がムカつく

ジェット・リーって悪役顔だよなぁ。あの不敵な面構えがそういう印象を与える。『リーサル・ウェポン4』あたりでアメリカの映画に出るようになって、それ以降のアメリカで撮られた作品の出演作ほとんどでそう思う。この作品だと、彼は最終的には悪役というわけではないことがわかるものの、ともかく顔がムカつくんである。この人、いっつも人を馬鹿にしたような表情をしているように見えるのだ。あくまで俺の主観ではあるが。

裏切り者は、奴でした

てなことで、いきなりネタバレに近いことをしてしまった。なのでこのままさらにネタバレすると、本作は中盤くらいまで、ステイサム演じるFBIのクロフォード捜査官が主人公かと思わせておいて、中盤以降、突然彼の影が薄くなる。で、ジェット・リー扮する暗殺者、ローグの活躍?が描かれ、ラストのネタバレ展開に入っていく。

にしても、クロフォード捜査官は、ひどい暴力野郎である。彼の捜査はすべて、相手に手がかりを吐かせるための暴力なのだ。そのほかに、仕事で何をやるかというと、射撃場で銃を撃っているか、ローグやヤクザ、中国マフィアのトライアドと戦うために銃を撃つだけ(笑)。

そんなクロフォードとローグが対面するラストはかなりアッサリしてて、なんとも物足りない感じではあるが、その過程に見所がいくつかあるので、俺は結構好きな作品だ。

ではどこにみどころがあるのか。

日本語メチャクチャなステイサム

まずは冒頭にも書いたステイサムの日本語シーン。ここだけでもぜひ、吹き替えではなく字幕で観ることをオススメする。ステイサムがローグの行方を吐かせるために、あるヤクザを痛めつけるんだが、日本語がひどすぎて、脅しにぜんぜん迫力がない(笑)。ステイサムの日本語がひどいのは仕方ない。だから、それを笑っちゃうのはどうかと思うものの、面白いんである。笑っちゃうのである。ごめんな。

ジョン・ローン(泣)

あとは、老けたジョン・ローンが見られる。『ラストエンペラー』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』で活躍していた頃の彼のファンは、軽くショックを受けちゃうんじゃないかという老けっぷり。かなりの美形だったのに、ただのオッサンになってしまっているのである。

さらには、最近ほとんど見かけなくなった、ケイン・コスギも登場するし、こちらも最近見かけない、デヴォン・青木も拝める(拝みたい人はいないかもしれないが)。さらにさらに、石橋稜がヤクザの親分として登場する。ちょっとだけ殺陣シーンもあって、なかなかカッコいいでござった。

てなわけで、いろいろと無茶のある日本的描写もあるものの、総じて言えば、楽しめる作品である。ステイサムが出てる映画って大体面白いからね。

ちなみに、トンでも日本描写と面白日本語を楽しみたい人には、ドルフラングレン主演の『リトルトウキョー殺人課』もおすすめ。

映画『リトルトウキョー殺人課』 ドルフラングレンVSヨシダ(笑) ネタバレ
ヨシダハドコダー!! ドルフのインチキ日本語は必見。イントネーションもくそもない棒読み台詞の「ヨシダハドコダー!」。それ以外に聞き取れる日本語はない。
映画『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』ネタバレ感想
久しぶりに鑑賞して思うのは、やっぱりこの作品はミッキー・ロークとジョン・ローンを観て楽しむ映画だということ。物語的な面白さもあるんだけども、スタンレーのキャラが手前勝手すぎるし、有能というよりは強引なだけって感じがして、あまり感情移入ができないからだ。ネタバレあり。 ―1986年公開 米 134分―
映画『ゴースト・オブ・マーズ』ネタバレ感想 ジェイソン・ステイサムに毛がある(笑)
本作はジョン・カーペンター監督の2000年代最初の作品で、このあと監督したのは2010年の『ザ・ウォード/監禁病棟』だけ。影が薄くなってしまって残念である。最近は何してるんだろうか。ネタバレは少し。 ―2002年 米 98分―
映画『メカニック ワールドミッション』ネタバレ感想 続編は難しい
前作が面白かったので昨年劇場で観ようとしてたのに行けなかった作品。レンタルしてきて観た。前作ではステイサム演じる殺し屋のビショップが一匹狼なところがよかった。果たして今作ではどうだったんだろうか。ということでネタバレあり。 ―2016年 米 99分―
彼は帰りたい世界に帰ってないだろ! 映画『ザ・ワン』 主演 ジェット・リー
映画『ザ・ワン』 ジェット・リー主演の多元宇宙もの。124人他者としての自分がいるのは良しとしても、多元宇宙を限定してしまったら、多元的な宇宙が限定されることに他ならないわけで、その宇宙は有限ではないにしても、破綻しているのではないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました