スポンサーリンク

映画『ゴースト・オブ・マーズ』ネタバレ感想 ジェイソン・ステイサムに毛がある(笑)

スポンサーリンク

ゴースト・オブ・マーズ

本作はジョン・カーペンター監督の2000年代最初の作品で、このあと監督したのは2010年の『ザ・ウォード/監禁病棟』だけ。影が薄くなってしまって残念である。最近は何してるんだろうか。ネタバレは少し。

―2002年 米 98分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ

解説:「遊星からの物体X」(82)「光る眼」(95)のジョン・カーペンター監督が火星を舞台に描くSFアクション・ホラー。入植のため火星にやってきた人類が、謎の封印を解いてしまったことにより、火星先住民族の亡霊が解放されてしまう。人類VS亡霊の壮絶な死闘が、怒れる赤い惑星で始まった。主演は「アナコンダ」のアイス・キューブ、「スピーシーズ/種の起源」のナターシャ・ヘンストリッジ。

あらすじ:西暦2176年の火星。地球を脱出し、火星に植民地を築いた人類は、64万人が辺境の地で生活を送っていた。彼らの主な仕事は、火星に豊富にある天然資源の採掘だった。火星警察に配属されて2年目になるメラニー・バラード警部補(ナターシャ・ヘンストリッジ)は、鉱山町シャイニング渓谷の刑務所にいる囚人で火星一の犯罪者、ジェームズ“デゾレーション”ウイリアムズ(アイス・キューブ)を護送するためシャイニング渓谷に向かっていた。しかし、到着してみるとそこは無惨な死体が転がるゴーストタウンと化していた。生き残っていたのは牢獄にいるウイリアムズを含む数人の犯罪者だけだった……。

スタッフとキャスト

監督:ジョン・カーペンター
脚本:ラリー・サルキス/ジョン・カーペンター
音楽:アンスラックス/ジョン・カーペンター

出演:ナターシャ・ヘンストリッジ/アイス・キューブ/ジェイソン・ステイサム/クレア・デュヴァル/パム・グリアー

美女の白目が観れます(笑)

久しぶりに鑑賞。本作はカーペンター監督の『要塞警察』的なシチュエーションなども入っているし、カーペンター的荒唐無稽感も健在と言えば健在である。だが、過去作と比べると何かが足りない感じも。でも、こうして10年以上ぶりに観てみると、こんな内容でこんな人たちが出ていたんだなぁと、なかなか感慨深いものがあった。

てなことで、キャストはけっこう豪華だ。ナターシャ・ヘンストリッジは『スピーシーズ』のように裸にはなってくれないが、白目を剥いてくれます。しかもけっこう長い時間。白目マニアがいるとしたら、涎ものではないだろうか(笑)。美人な彼女が出ずっぱりで活躍し、しかも白目を剥く大サービスをしてくれるわけだから(笑)、なかなかいい映画である。

そして、アイス・キューブ。美味しいキャラでしたなぁ。最後もメラニー(ナターシャ)を助けに来るし、いかすぜ。ちなみにこれ、『要塞警察』のナポレオンと似たようなキャラだよね。

パム・グリアーは序盤のほうでいつの間にか生首に(笑)。この当時はいろいろなB級作品に出てたクレア・デュヴァルもけっこう粘ったものの、アッサリ死んじゃう。にしても、彼女、最近見ないけど何してるんだろうね。

映画『要塞警察』ネタバレなし ジョン・カーペンターの憎い演出が光る良作
ジョン・カーペンター監督の中でも好きな作品の一つ。主人公側のキャラが渋い。細かい説明的なセリフを使わずに、偶然出会って戦うことになった人間たちの信頼関係みたいなのがよく描けている、カッコイイ映画です。ネタバレあり。 ―1976年製作 米 91分―
映画『パラサイト』ネタバレ感想 人類が理想郷をつくるにはどうすればいいのか
面白い作品です。というのも、人間にとってのユートピアとはどんな世界なのかと示唆している描写があって、主人公はそれを否定して現実に生きようとする映画だから。要するにそれは、今ある世の中と向き合って「戦え、肯定しろ」っていうメッセージにも感じるんですなあ。そこがこの作品のよいところと思います。

毛のはえたステイサム(笑)

そして! 本作にはあのジェイソン・ステイサムが出ていたのである。前に見た時は気づかなかった(笑)。ブレイク前だったんだろうか? 今だからこそ笑えるのが、本作だとチョッと毛があるんだよね、彼。

メラニーと少しだけいい仲になるイケメン枠で登場している。でも、あんまカッコよくない。今の髪の毛がないステイサムのほうがセクシーに見えるのは、彼がそれだけ役者として成長したってことなのかもね。

いずれにしても、役者たちのチョイスの渋さがいい。

だが、内容はメチャクチャです

火星に住む人たちに幽霊みたいのが憑依してて(火星の幽霊ってのが、そもそもわけわからんけども)、そいつらが襲ってくるのでメラニーたちは抵抗する。その抵抗の仕方がボンクラ。憑依されてる人間を銃で殺しちゃったら、気体みたいになって幽霊が別の肉体に宿るのわかってるのに、撃ちまくるわ爆発させるわ、何の解決にもならんだろ、あれ(笑)。

ともかくいろいろが適当すぎで、普通の映画だと突っ込みたくなるんだけど、カーペンター監督だから別にいいや。と思わせるところがしびれるね、本当に。

カーペンター、カムバック!

カーペンター監督作品の記事↓

映画『ゼイリブ』奴らは生きている! サングラスをかけろ!
地球人になりすましている異星人と戦う男の話。主人公が、地球に住んでいる人類の何%かが、地球人になりすました異星人であることに気付きます。この作品がすごいのは、内容が社会風刺にもなっておるところであります。
映画『要塞警察』ネタバレなし ジョン・カーペンターの憎い演出が光る良作
ジョン・カーペンター監督の中でも好きな作品の一つ。主人公側のキャラが渋い。細かい説明的なセリフを使わずに、偶然出会って戦うことになった人間たちの信頼関係みたいなのがよく描けている、カッコイイ映画です。ネタバレあり。 ―1976年製作 米 91分―
映画『パラダイム』ネタバレ感想 カーペンター監督の謎めいたホラー
ジョン・カーペンター大先生の作品。わかりづらい話だが、ホラーとして単純に面白い。一応自分なりの解釈があるので、そのお話を。邦題がヒントになっている。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画『ザ・ウォード 監禁病棟』ネタバレ感想 ラストまでカーペンター色が薄い…
ジョン・カーペンター監督の作品はけっこう好きなのが多いし、このブログでもいくつか紹介している。そのカーペンター監督作にも関わらず、この作品は楽しめない。2度目の鑑賞であったが、初見時と印象の変わらない残念作品であった。何が残念かというと、個人的にはオチを含めたストーリーが最も残念なポイントだ。ネタバレあり ―2011年公開 米 89分―
映画『光る眼』ネタバレ感想 カーペンター監督の手がけた普通作品
ジョン・カーペンター大先生の手がけた宇宙からの侵略者を描いたホラー作品。この頃の作品から先生は低迷し始めたような印象。原作がよいからか、扱っている題材については興味深く、個人的には嫌いではない。ネタバレあり。 ―1995年公開 米 99分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました