スポンサーリンク

映画『ザ・ウォード 監禁病棟』ネタバレ感想 ラストまでカーペンター色が薄い…

スポンサーリンク

ザ・ウォード 監禁病棟

ジョン・カーペンター監督の作品はけっこう好きなのが多いし、このブログでもいくつか紹介している。そのカーペンター監督作にも関わらず、この作品は楽しめない。2度目の鑑賞であったが、初見時と印象の変わらない残念作品であった。何が残念かというと、個人的にはオチを含めたストーリーが最も残念なポイントだ。ネタバレあり

―2011年公開 米 89分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:身に覚えのない罪で精神病棟に隔離され、奇妙な出来事に巻き込まれるヒロインの姿を描く「ゴースト・オブ・マーズ」のジョン・カーペンター監督作。(KINENOTE)

あらすじ:1966年。20歳のクリステン(アンバー・ハード)は身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られる。同年代の少女ばかりを収容する奥の病棟に隔離され、そこでは一人ずつに部屋があてがわれた。クリステンは、初日の夜から見えない人の気配を感じ、いわれのない不安を抱く。同じような境遇の少女は、ボロボロのぬいぐるみを抱くゾーイ(ローラ・リー)、華やかなサラ(ダニエル・パナベイカー)、絵を描くのが好きなアイリス(リンジー・フォンセカ)、歌を得意とするエミリー(メイミー・ガマー)4人。自分のことを狂人と認めている彼女たちとは違うと自負するクリステンであったが、担当医ストリンガー(ジャレッド・ハリス)と面接する中、自分の仕業とされる放火を見たことと自分の名前以外、一切の記憶を失っていることに気づく。さらにその夜、廊下を歩く奇妙な女性の姿を目撃し、事態は新たな展開を迎えるのだった……(KINENOTE)

監督:ジョン・カーペンター
出演:アンバー・ハード/メイミー・ガマー/ダニエル・パナベイカー/ローラ=リー/リンジー・フォンセカ/ミカ・ブーレム/ジャレッド・ハリス

ネタバレ感想

いきなりネタバレします。この作品はオチを知らないほうが楽しめるので、未見でこれから本作を鑑賞しようとしてるなら、この先は読まないほうがいいです。ちなみに、『アイデンティティー』という映画のオチにも触れているので、そちらを知らない方もご注意ください。

ラストのオチについて

ということで、最後の部分。クリステンはアリスという主人格がつくりだした、別人格だったことが判明する。それだけでなく、あの病棟で一緒に過ごしていた女性たちは、全員アリスの別人格。物語冒頭で消されたタミーは、病棟の治療によって消されたアリスの別人格であり、その代わりにつくられた人格が、クリステンらしい。

てことは、あの病院でのアリスの治療は全くうまくいってないようだ。とかまぁ、それはどうでもいいとして、ともかく、多重人格を題材にしたミステリーかつホラー作品だったのである。

主人公が多重人格者でしたというオチ

この作品が作られたのは、2010年くらいらしい。主人公が多重人格者だった的なオチの作品は、類似作品がすでにいくつもある。だから俺は初めて観たとき、『アイデンティティー』と一緒じゃん。と思ったのである。同作から7~8年もあとの作品で同じようなことオチにもって来ちゃうカーペンター監督に、度肝を抜かれた。残念ながら悪い意味で。

ついでにこの作品て、カーペンター監督っぽさをあまり感じないんだよね。どこがって言われると返答に困るんだけど。

多重人格の人間が出てくるミステリー映画の中での個人的な一押し作品は、ジョニー・トー大先生の『MAD探偵』がある。これは本作の数年前に製作されている。

で、人格消されちゃうクリステンとかは、自己意識はあるんだと思うの。だから、この作品で描かれるように、主人格であるアリスを治療のため別人格を消してしまうのって、殺人と言えば殺人だと思う。物語とは関係ないが。

ちなみに、2017年公開された多重人格者を題材にした『スプリット』て映画があった。多重人格を題材にしながら、別の展開を披露してみせたシャマランパイセンは、何気に優れた監督だなぁと思った。なかなか面白く観られたし。

いっぽう、本作のカーペンター監督はこの映画以降、新作を出してない。何とかあと一作くらい、頑張って作ってほしい。好きな監督なので。

映画『スプリット』ネタバレ感想 セルアウトしちゃいます!
シャマランパイセンに思い入れは全くない。彼の作品を4~5作くらいは観ているはずだが、その中でも本作はけっこう面白いと思った。多重人格ものを今さらやってのける、パイセンのチャレンジ精神に乾杯! ネタバレあり。 ―2017年 米 117分―
映画『サイコ』ネタバレ感想 主人公は誰なんだろう?
ヒッチコックの有名な作品。アマゾンプライムで鑑賞。モノクロだし映像に古臭さはある。それは当然だ。でも名作と言われるだけあって、面白く観られる。ストーリーの作り方とかが最近の作品と比べると凝っているように感じたのは、気のせいだろうか。ネタバレあり。 ―1960年 米 109分―

カーペンター監督作品の記事

映画『パラダイム』ネタバレ感想 カーペンター監督の謎めいたホラー
ジョン・カーペンター大先生の作品。わかりづらい話だが、ホラーとして単純に面白い。一応自分なりの解釈があるので、そのお話を。邦題がヒントになっている。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画『要塞警察』ネタバレなし ジョン・カーペンターの憎い演出が光る良作
ジョン・カーペンター監督の中でも好きな作品の一つ。主人公側のキャラが渋い。細かい説明的なセリフを使わずに、偶然出会って戦うことになった人間たちの信頼関係みたいなのがよく描けている、カッコイイ映画です。ネタバレあり。 ―1976年製作 米 91分―
映画『ゼイリブ』奴らは生きている! サングラスをかけろ!
地球人になりすましている異星人と戦う男の話。主人公が、地球に住んでいる人類の何%かが、地球人になりすました異星人であることに気付きます。この作品がすごいのは、内容が社会風刺にもなっておるところであります。
映画『ゴースト・オブ・マーズ』ネタバレ感想 ジェイソン・ステイサムに毛がある(笑)
本作はジョン・カーペンター監督の2000年代最初の作品で、このあと監督したのは2010年の『ザ・ウォード/監禁病棟』だけ。影が薄くなってしまって残念である。最近は何してるんだろうか。ネタバレは少し。 ―2002年 米 98分―
映画『光る眼』ネタバレ感想 カーペンター監督の手がけた普通作品
ジョン・カーペンター大先生の手がけた宇宙からの侵略者を描いたホラー作品。この頃の作品から先生は低迷し始めたような印象。原作がよいからか、扱っている題材については興味深く、個人的には嫌いではない。ネタバレあり。 ―1995年公開 米 99分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました