スポンサーリンク

映画『イップ・マン 継承』ネタバレ感想 マックス・チャンが素晴らしいです

スポンサーリンク

イップ・マン 継承

ドニー先生ファンは間違いなく見に行くと思うのでそれはいいとして、シリーズを観たことない人、ドニー先生を知らない人、香港映画に興味ない人にも、とにかくオススメしたい。本当に面白いしカッコいい、個人的には今年劇場で観た中ではベストに入るくらいの満足感を得られた作品である!

―2017年 香港=中国 105分

 

解説:ブルース・リーの唯一の師として知られる詠春拳の達人イップ・マンを、ドニー・イェンが演じるシリーズ第3作。1959年香港。町を牛耳る悪徳不動産王フランクの暴挙に立ちはだかる武術家イップ・マン。だがそれは、家族をも命の危険にさらすことを意味していた。共演は「グランド・マスター」のマックス・チャン、「イップ・マン 葉問」のリン・ホン、「冷血のレクイエム 極限探偵B+」のパトリック・タム、「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」のマイク・タイソン。第1作「イップ・マン 序章」、第2作「イップ・マン 葉問」に続きウィルソン・イップが監督を務める。(KINENOTE)

あらすじ:1959年。好景気に沸く香港は、その一方で無法地帯になりつつあった。妻と息子と共に穏やかに暮らしていた武術家イップ・マン(ドニー・イェン)は、裏社会を牛耳る外国人の不動産王フランク(マイク・タイソン)による暴挙から町を守るため、立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか……。(KINENOTE)

監督:ウィルソン・イップ
アクション監督:ユエン・ウーピン
出演:ドニー・イェン/マックス・チャン/リン・ホン/パトリック・タム/カリーナ・ン/マイク・タイソン

スポンサーリンク

立川の極爆上映がオススメです

立川シネマシティの極爆上映てので観てきました。すげぇよかった…。別に極爆の上映回を狙ったわけではないんだけど、打撃音だの水滴の飛び散る音だのともかく素晴らしい。刃と刃が擦れ合う嫌~な音まできっちり耳の奥に入ってきて、ともかく満足できる映画体験であった。

シリーズ中ベストの作品であった

本作はイップ・マンシリーズの3作目ってことだが、劇場で観たこともあってシリーズ中で最も満足できる内容。このシリーズは実在の人物を描いているものの、多分にフィクション的要素が詰め込まれているので、俺はストーリー自体には面白みをさほど感じない。物語の進行に影響しない無駄なシーンもけっこうあるし。

とは言え、格闘シーンはどれも見どころ満載で、今年公開された『ドラゴン×マッハ』が霞んでしまうくらいに楽しめたのである。

タイソンとの格闘はかなりの名勝負

その格闘シーンに面白味を加えているのが、マイク・タイソンとマックス・チャンである。タイソンは漢字名では「泰臣」となっていた。で、まずはそのタイソン。ヘビー級にしては小柄だが、ドニー・イェン先生と比べればウェイト差はかなりある。シフトウェイトに全盛期のようなキレはないものの、ヘビー級の殺人パンチは健在。ドニー先生は肘でパンチを受けていたが、普通なら肘のほうが壊れるだろってくらいの重量感のあるパンチなんである。

で、ドニー先生はあまりにパワフルな相手の攻撃に劣勢になる。そこで戦い方を変える。なんかコサックダンスみたいに片足を水平にしながら深く腰を落としての構え。構えの名前をなんていうのかしらんが、体幹が強くないとあれはできなそう。あの構えだとどう考えてもスピーディに動けなそうであんまり意味ないと思うのだが、ドニー先生は「かかってこいや」と言わんばかりにタイソンを挑発。

どんな攻防になるかというと、対ボクサー戦略のセオリー、下半身攻めに入るのである。やはりそう来るか! 猪木対アリのような構図になるのか? と思わせて攻防が再び始まる。もちろん猪木のようにずっと寝っ転がっているわけではない。あの構え自体はやはり何だったのかよくわからんが(笑)、下半身攻めにはそれなりの効果が。

でも、途中でドニー先生はその攻撃に飽きたのか、やめちゃうのである。またいつも通りの構えに戻って格闘が続く(笑)。

てなことで、投げ技も盛り込みながら、タイソンのパワフルな打撃に対応しつつつ、詠春拳おなじみのコツコツ回転パンチなどを駆使して、互角の戦いを繰り広げるドニー先生。いったいどうなってしまうのか!!? と思っていたら、目覚まし時計の音が。そういえば、戦闘が始まる前にタイソンが、「3分間立っていられたら云々」と言っていた。つまり、どう考えても3分以上戦ってたと思うが、ラウンド終了の合図だったのである。では、仕切り直しの第2ラウンドか? と思わせてこの戦いは終了。タイソンは「なかなかやるな、カンフーマン」てな感じでニヤリと笑い、引き分けに終わるのである。

おいおいおいおい

と思ったけど、まぁいいか。タイソンもヘビー級のレジェンドチャンプとしてのプライドもあるだろうから、敗北する姿をうつされるのは嫌だったんだろうなぁ。白黒つけろやと思う人もいるかもだけど、俺はあの引き分けはいいのではないかと思った。どっちのすごさも堪能できる、名バトルになっていると思う。

 

ラストバトルはタイソン戦ではない

で、その後どうなる? てわけだが、俺はこれで映画が終わるのかと思った。でも、まだまだ話は続くのである。実は、タイソンはラスボスではないのだ。ラスボスは、序盤から登場してカッコいい戦闘を繰り広げまくっている、マックス・チャンなのであった。

おいおいおいおい

と、正直思いました、最初は。というのも、俺はこのマックス・チャンがタイソンといろいろあって戦うことになってボコられ、その仇討も含めてドニー先生がタイソンと戦うことになるという流れになると思っていたからだ。しかしそれだとサモ・ハン師匠が出てた、前作と同じパターンになっちゃうよな(笑)。あえて王道パターンは外したということなんだろうか。

よく考えてみれば、序盤からあれだけ活躍してたマックス・チャンがあのまま出てこないで終わるわけがない。このマックス・チャンはドニー先生と同じく詠春拳の使い手。しかも、かなり腕に自信を持っているから、ドニー先生と初対面のときから、戦いたくてウズウズしてたんだな。物語途中で金に目がくらんで悪の道に走るので、そこを突っ走るのかと思わせておいて、そうはならなかったりとなかなか中途半端な描かれかたではあるけど、ともかく彼が最後のボス。

ちょっと変だなと思ったのは、彼の成り上がりのスピード感。最初、彼との果たしあいにドニー先生が現れないのは、死期が迫っている奥さんとの時間を大事にしたかったから。それはわかる。でも、奥さんの病気が発覚したとき、医者は「あと半年くらい」と余命を宣告していた。

てことは、マックス・チャンは車夫からあれだけの武館を構えるまでに半年もかからなかったということだ。各流派の師匠を瞬殺することを繰り返せば確かに瞬く間に名が売れるだろうけど、さすがに早すぎだろとは思った。

マックス・チャンの魅力溢れる作品

まぁでも面白いからいいや。今作のマックス・チャンはすげーすげーカッコよい。こないだ『ドラゴン×マッハ』の記事でジョン・ローンに似ていると言ったけど、本作だと成宮寛貴と堂本剛、さらにジョニー・デップを足したようなワイルドさも混じった超絶イケメン。いうほど若くはなくて、実は俺より年上の42歳だそうだけど、体術もキレキレだし本当にカッコいい役者だと思った。ドニー先生ももちろんいいんだけど、俺は今作でマックス・チャン兄貴にかなりやられた。

映画『ドラゴン×マッハ!』耐久力高めの娯楽アクション!
トニー・ジャーのひざ蹴りの推進力はすごいですなぁ(笑)。本作は『SPL/狼よ静かに死ね』の続編なんだとか。正直、続編である意味がよくわからないし邦題も変なんだけど、格闘アクションとして高水準な娯楽映画。だから観終わった後は、無性に身体が動かしたくなって帰れる素敵な作品です!
映画 イップ・マン外伝マスターZ ネタバレ感想 マックスチャン再び
前作でマックスチャンの詠春拳に痺れたので、ラストバトルのデイヴバウティスタとの対決が一番興奮した。イップ・マンに敗れたチョン・ティンチのその後を描く、彼の成長物語。ネタバレあり。―2019年公開 香=中 108分―

見どころたくさんの作品です

あとあと、ちょっとしか出てこないけど学校教師役のカリーナ・ンていう女優さん。この人がすごく美人であった。素敵な容姿であった。また何かの作品でお目にかかりたい。

作品自体は105分しかないのであっという間に終わるのかと思ったけど、次から次に戦闘シーンが繰り広げられるので、濃密でおなかいっぱいになれる作品である。

エレベーター内でのムエタイ使いとの戦闘シーンなど、他の見どころについても書きたいけど、文章なんかで読むよりは、ともかく鑑賞したほうがよろしいです!

映画『イップ・マン 序章』ネタバレ感想 無敵の詠春拳
『イップ・マン 継承』を先日観たこともあって、序章から見直したくなって鑑賞。このシリーズのいいところは、新作になるほど面白さが増していること。実在の人物を取り上げてるものの、フィクションぽい描写が多いのは別にそれで構わない。カンフーアクションが見たいわけなので。ネタバレ少し。 ―2011年 香港 108分―
映画『イップ・マン 葉問』ネタバレ感想 サモ・ハンかっこよすぎ(笑)
劇場で『継承』を見て以来、全作再鑑賞したくなり、こないだ『序章』を観たので、次は本作。やっぱいいねぇ。ドニー先生はもちろん、サモ・ハンがとてもかっこいい。渋すぎるぜ師匠。ということで本作の見どころを紹介。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 109分―
映画 イップ・マン外伝マスターZ ネタバレ感想 マックスチャン再び
前作でマックスチャンの詠春拳に痺れたので、ラストバトルのデイヴバウティスタとの対決が一番興奮した。イップ・マンに敗れたチョン・ティンチのその後を描く、彼の成長物語。ネタバレあり。―2019年公開 香=中 108分―
映画 導火線 ネタバレ感想 ドニーイェンの格闘アクション
香港から遅れること3年後くらいに日本でも上映されたドニー・イェン先生の格闘アクション。正義感強すぎて容疑者や犯人を半殺しにしてしまう暴力刑事の活躍を描いた良作。ラストバトルのカッコよさが際立つオススメ作品。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 87分―
映画『帝戦 BAD BLOOD』ネタバレなし感想 ストーリーって大事だね
黒社会の跡目争いを描いたサスペンスにカンフー要素を加えた作品。そんなわけだから、戦闘シーンに銃はほとんど出てこない。みんなひたすら刃物や素手で格闘するのである。その格闘シーン自体はなかなかすごいんだけども、ストーリーに難あり。ネタバレなし。 ―2010年製作 香 94分―
映画『おじいちゃんはデブゴン』ネタバレ感想 サモハンカムバック
5月公開の期待の一作ということで、武蔵野館で鑑賞してきた。近年のサモハンは本当に渋くてカッコいい。こういうオッサンを見ていると、歳を取るのも悪くないなって思うのである。ネタバレあり。 ―2017年 中国=香港 99分―
映画『三国志英傑伝 関羽』ドニー・イェンはすごいんだが 
アクションはすごいと思う。さすがドニー・イェン先生。ただし、ストーリーはかなりつまらない。そこんとは覚悟して鑑賞することをおすすめします。ネタバレあり ―2012年公開 中国 109分―

その他、香港映画の記事↓

香港
「香港」の記事一覧です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました