スポンサーリンク

映画『ホワイト・バレット』ネタバレ感想 ラム・シューのホクロひげ(笑)

スポンサーリンク

ホワイト・バレット

解説:『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』などの鬼才ジョニー・トーが放つサスペンスアクション。ある救急病院を舞台に、重傷を負った強盗犯と彼を監視する警部、手術を拒む強盗犯を説得する医師の姿を、病院に忍び寄る強盗犯の仲間との攻防を交えて活写する。『レクイエム -最後の銃弾-』などのルイス・クー、『最愛の子』などのヴィッキー・チャオ、『モンスター・ハント』などのウォレス・チョンらが出演。病院内という限定された舞台設定が生み出す緊張感と、物語の展開に引き込まれる。

あらすじ:警察との銃撃戦で頭部に被弾した強盗団のメンバーであるチョン(ウォレス・チョン)が、救急病院に搬送されてくる。チャン警部(ルイス・クー)らは一味の情報を聞き出そうとし、医師トン(ヴィッキー・チャオ)は手術の準備を進めるが、チョンは人権を盾に手術を拒否する。やがてチャン警部は彼から一味につながる電話番号を聞き出し、トンも手術の同意が得られる。しかし、チョンは彼らの裏をかき、仲間と連絡を取ろうと画策。各者の思惑が交錯する中、チョン奪還を狙う強盗団が病院に迫ろうとしていた。(シネマトゥデイ)

スポンサーリンク

ネタバレ感想

文句なしに面白いです(ジョニー・トー補正あり)

ジョニー・トー監督の作品は大好き。ということで、新宿武蔵野館に行ってきました。…これはすごいです。面白い! ジョニー・トー好きにはたまらん内容でした。序盤からラストまで、緊迫感溢れる展開。とは言えその合間、ラム・シュー演じるドジな刑事や精神病の老人を演じるロー・ホイパンといったジョニー・トー作品の常連が所々で笑わせてくれます。

これぞジョニー・トー映画!

圧巻は終盤! 何分くらいあるのかわかんないけど、長回しっぽい銃撃戦が繰り広げられます。ジョニー・トーのすごいところは、銃撃戦のある作品において、常に何らかの新しい演出を見せてくれること。個人的には、このシーンだけでも一見の価値アリな映画だと思いました!

インテリ強盗、やるね!

作中の強盗団の一員、チョンは哲学者ラッセルの言葉を引用するなど、なかなかのインテリですね。で、こいつにチャン警部は翻弄されっぱなしなわけですが、果たしてラストはどうなるのか…。

気楽にいこうぜ!

ということで、警部、医師、犯罪者、三者三様の思惑が交錯してラストにつながっていくわけですが、「人生はもっと気楽に構えていいんだ。仕事も根を詰めすぎず、余裕を持ってやろうや」とジョニー・トー監督に励まされているように感じました。面白かったなぁ。

映画『ザ・ミッション 非情の掟』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の傑作
ジョニー・トー監督の名作にして傑作。年に1度は観たくなる。合計何回鑑賞しているのか覚えてないくらいだが、いつも楽しめる素晴らしい作品。ガンアクションや男の友情的な話が好きな人にはぜひおすすめしたい。ネタバレあり。 ―2001年公開 香 81分―
映画『ドラゴン×マッハ!』耐久力高めの娯楽アクション!
トニー・ジャーのひざ蹴りの推進力はすごいですなぁ(笑)。本作は『SPL/狼よ静かに死ね』の続編なんだとか。正直、続編である意味がよくわからないし邦題も変なんだけど、格闘アクションとして高水準な娯楽映画。だから観終わった後は、無性に身体が動かしたくなって帰れる素敵な作品です!
映画『レクイエム 最後の銃弾』男の友情を描いているが・・・
香港映画の『レクイエム 最後の銃弾』。サスペンス+アクション映画ってとこでしょうか。少し長めなんだけど、アクション系とか男の友情系が好きな人は、楽しめるのではないかと。あと、ベニー・チャン監督の他作品とダンテ・ラム監督についてほんとに軽く、言及してます。
ユン・ピョウっていいよね! 映画『ユン・ピョウin ポリス・ストーリー』『検事Mrハー 俺が法律だ!』(ネタばれアリ)
冷凍デスマッチ!!『ユン・ピョウin ポリス・ストーリー』、「俺が法律だ! 貴様ら死刑!」『検事Mr.ハー・俺が法律だ!』。 ユン・ピョウのいかしたアクションを見るならこの2作!

コメント

タイトルとURLをコピーしました