バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』ネタバレ感想 ジョニートー監督作品

ジョニー・トー大先生の作品。けっこう大味ではあるものの、潜入捜査ものとして楽しめる内容だし、中盤とラスト近くの銃撃戦のかっこよさは、さすがジョニー・トー監督である。ネタバレあり。 ―2014年公開 香=中 106分―
韓国映画

映画『監獄の首領』ネタバレ感想 

刑務所に収監されているくせに所長や刑務官を買収して王のように振舞うイクホ。一芸に秀でた囚人たちを部下にして、娑婆に繰り出しては犯罪を犯して金を稼いでいるというメチャクチャなやつ。要するに、犯罪組織を率いるボスなのだ。
バイオレンス・クライム

映画『68キル』ネタバレ感想 美女に翻弄されていた男が成長する物語

ダメ男が美女に翻弄されながら犯罪に手を染めていくうちに、男として成長していく話。ネタバレあり。―2018年公開 米 93分―
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画『ヘドローバ』ネタバレなし感想 銭湯の戦闘シーンが楽しい

くたびれた団地の住民を搾取して暮らしている祖母と、彼女の孫である兄弟。3人は悪びれもせずに汚い手を使って金を稼いでいる。そんな閉塞した団地世界の中に、ある生き物が生まれようとしてた。果たしてどうなってしまうのか――という話。ネタバレなし。 ―2017年公開 日 79分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『MAD探偵 7人の容疑者 神探』ネタバレ感想 人の内面が見えちゃう狂人

多重人格ものを扱った中では、けっこう異色な内容である。なぜかというに、真相究明に活躍する人物がイカレちゃってるから(笑)。しかも、多重人格者の描写の仕方が非常に斬新。細部に突っ込みどころはあるものの、さすがジョニー・トー監督が共同監督の片割れを務めているだけはある。ネタバレあり。 ―2011年公開 香 89分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『エレクション 死の報復』ネタバレ感想 黒社会の血みどろ選挙運動

前作で会長になったロク。側近には前回の選挙の騒ぎに乗じて彼の下についたジミー(ルイス・クー)、トンクン(ラム・カートン)、フェイ(ニック・チョン)らの実力者がいる。ロクは任期を終えても会長の座に居座り続けることを画策、他の3人もそれぞれに野心がある。では、今回の選挙はどうなるのかという話。ネタバレあり。 ―2006年製作 香 92分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『エレクション 黒社会』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の犯罪組織作品

ジョニー・トー監督アクション少なめのクライムサスペンス。香港のある犯罪組織は100年前の伝統を守って任期2年の会長選挙を行っている。で、その選挙を経て誰が会長になるのか。2人の候補は我こそが会長になるべきと、組織の面々を懐柔しようと試みる。しかし、彼らは犯罪組織。ボスに収まるためにはそれなりの闘争が必要なのであった。ネタバレあり。 ―2006年製作 香 92分―
バイオレンス・クライム

映画『獣道(2017)』ネタバレなし感想 実話をもとにした青春ドラマ

地方都市に生きる若者たちを描いた青春映画。まったく爽やかな内容ではなく、行き場も居場所もない若者たちが自暴自棄的に生きる姿が描かれ、切実な何かを感じさせる内容の作品であった。地方都市の現状だけでなく、格差の広がる日本の現在を垣間見せてくれる。では格差を是正するためにはどんな社会になればいいのか。ネタバレはないです。 ―2017年公開 日=英 94分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました