バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!

リアリティとかを気にしなければ楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。―2015年 米 101分―
バイオレンス・クライム

映画『ヘッド・ショット』ネタバレ感想 敵役暴走恋愛格闘アクション

『ザ・レイド』のイコ・ウワイス主演のインドネシア産の格闘アクション。グロい描写もあるものの、皆さん耐久力高いのでさほど痛さは伝わってこない(笑)。イコ・ウワイスは、強いのか弱いのかよくわからんのだが、キレキレのアクションはかっこよいです。ネタバレあり。 ―2017年公開 尼 118分―
バイオレンス・クライム

映画『マグニフィセント・セブン』ネタバレ感想 生き残るのは誰か

『七人の侍』、『荒野の七人』が下敷きになっているそうで、確かに内容的にはそのまんまって感じ。ラストで使われる音楽も『荒野の七人』だよね。ということで、「悪者は俺たちがぶっ殺す!」という正義側(メンバーに犯罪者もいるが)の活躍が描かれる内容。話の筋もシンプルでわかりやすいので、物語にのめり込みやすく、鑑賞後はスカッとできるんではないか。ネタバレあり。 ―2017年 米 133分―
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画『DEMON デーモン』ネタバレ感想 ヒロインが違う女優だったら・・・(笑)

田舎の閉鎖的な感じとか、希望のない生活的な雰囲気が出ている映画。内容については積極的に人に薦めたいと思うような良作ではない。この映画の残念ポイントはどこにあるのか。観た人ならきっと言わなくてもわかると思うが、ぜひ言っておきたい。タイトルで言ってるんだけど(笑)。ネタバレあり。 ―2015年製作 米 91分―
韓国映画

映画『殺人の告白』ネタバレ 感想 壮大な釣り映画

ある人間たちがグルになって、殺人犯を追い詰めようとする話だということが、後にわかる。しかし、その間に起きるシーンなどが物語としてのリアリティを損なわせているように感じて、なんか真に迫っている部分との乖離がすごくて個人的には興ざめしてしまった。ネタバレあり。 ―2013年 韓 119分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『おじいちゃんはデブゴン』ネタバレ感想 サモハンカムバック

5月公開の期待の一作ということで、武蔵野館で鑑賞してきた。近年のサモハンは本当に渋くてカッコいい。こういうオッサンを見ていると、歳を取るのも悪くないなって思うのである。ネタバレあり。 ―2017年 中国=香港 99分―
バイオレンス・クライム

映画『ケンとカズ』ネタバレ感想 青春犯罪友情映画

これはなかなか切ない話だ。底辺の生活から抜け出すには、犯罪に手を染めるしかないのだろうか。現代社会のリアルな一面を描いているようにも思わせて、非常に優れた作品だと思いました。関係ないけど、なんかね、タイトルの語呂の良さが「ずんのやす」を思わせる。「ずんのやす」「ケンとカズ」(笑)。ネタバレすこし。 ―2016年 日 96分―
バイオレンス・クライム

映画『カエル少年失踪殺人事件』ネタバレ感想 犯人はお前だ!(たぶんね)

事実を基にした物語だそうです。韓国でも有名な未解決事件の一つだとか。確かに謎な事件だなぁ。とは言えこの映画の全てが事実であるわけではない。それも含めてなかなか楽しめる作品でした。ネタバレあり。 ―2012年 韓 132分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました