スポンサーリンク

映画『監獄の首領』ネタバレ感想 

スポンサーリンク

監獄の首領

―2018年公開 韓 124分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「シュリ」のハン・ソッキュ×「江南ブルース」のキム・レウォン主演によるクライム・アクション。ソウルの刑務所。犯罪組織のボスであるイクホは囚人たちを指揮し、夜な夜な塀の外で完全犯罪を繰り返していた。そんなある日、元刑事のユゴンが収監されてくる。共演は「時間離脱者」のチョン・ウンイン、「密偵」のシン・ソンロク、「暗殺」のイ・ギョンヨン。撮影を「戦場のメロディ」のホン・ジェシク、音楽を「LUCK-KEY/ラッキー」のパン・ジュンソクが担当。監督・脚本は「光州5・18」の脚本を手がけたナ・ヒョン。(KINENOTE)

あらすじ:ソウルのとある刑務所。夜になると囚人たちが塀の外に飛び出し、証拠も痕跡も残さずに完全犯罪が行われていた。100%アリバイを保証する完全犯罪区域として変貌したその刑務所の中で、首領のように君臨する囚人チョン・イクホ(ハン・ソッキュ)。囚人だけでなく、看守からも恐れられている彼は、犯罪組織のボスであり、囚人たちを指揮する張本人だった。そんなある日、検挙率100%を誇り“死神”と呼ばれる元刑事ソン・ユゴン(キム・レウォン)が、ひき逃げ・証拠隠滅・収賄の容疑で収監されてくる。負けん気が強く、血気盛んなユゴンはトラブルを繰り返すが何度もイクホに助けられ、それをきっかけに、徐々に犯罪の世界へと足を踏み入れるようになっていく。やがてユゴンに目をつけたイクホは、新たな犯罪計画にユゴンを利用しようとするのだが……。(KINENOTE)

監督・脚本:ナ・ヒョン
出演:ハン・ソッキュ/キム・レウォン/チョン・ウンイン/シン・ソンロク/イ・ギョンヨン

ネタバレ感想

刑務所に収監されているくせに所長や刑務官を買収して王のように振舞うイクホ。一芸に秀でた囚人たちを部下にして、娑婆に繰り出しては犯罪を犯して金を稼いでいるというメチャクチャなやつ。要するに、犯罪組織を率いるボスなのだ。

で、こいつのいる刑務所に元刑事のユゴンがやってきて、イクホにその能力を認められて、犯罪に加担するように。しかし、ユゴンには真の目的があったのだ。それは何なのか――というのが適当なあらすじ。

で、それは何なのかというと、ユゴンは実は刑事のままで、自分の兄貴を殺害したイクホの悪事を明るみにするために刑務所に潜入していたという話なのである。まぁ、そういう設定でないと、ユゴンの目的がなんだかわからなくなっちまいますわな。

強烈な印象に残るシーンは特になく、それぞれのキャラにもさほどの魅力を感じずに鑑賞を終えてしまった。この手の韓国映画を観すぎてしまったからだろうか。感想にするまでもないような話で、すいません。

映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ネタバレなし感想
野心家のジェホと頭の切れるヒョンスの絆を描いた友情・愛憎物語であり、信頼と裏切りの物語。期待通りに楽しませてくれる暴力映画であった。韓国のノワール作品は毎年のように質が高いものが量産されてて、本当にすばらしい。ネタバレなし ―2018年公開 韓 120分―
雑談 バイオレンス映画、犯罪映画が好きだ。なぜなのか
バイオレンス、犯罪映画が好き! 3つの理由がある。要約すれば悪に対する憧れであろう。善悪の基準を介入させずに生きられるのが悪人だ。俺は社会から逸脱して善悪の彼岸に生きたい。しかし善悪を超えた言葉を獲得できないから無理だ。そういうお話。
映画『犯罪都市』ネタバレ感想 マ・ドンソクが素敵すぎる暴力エンターテイメント
マ・ドンソク主演のエンターテイメント暴力韓国映画。しかも、実話をもとにした物語らしい。韓国映画特有の銃を用いない暴力描写がすさまじく、目を覆っちゃうような場面もあるものの、マ・ドンソク扮する人間味あふれる強面刑事、マ・ソクトのかっこよさが堪能できるとても面白い作品。ネタバレあり。
映画『男たちの挽歌』ネタバレなし感想 無駄に生きるな。熱く死ね!
数年に一度は観たくなる、暑苦しすぎる男の友情映画。個人的にはホーの、弟=キットに対する思いとかはどうでもよく、ただただ、マークのカッコよさが際立つ作品である。無駄に生きるな。熱く死ね! ネタバレなし。 ―1987年公開 香 95分―
映画『友へ チング』ネタバレ感想 チャン・ドンゴンのギラギラ感がよい
ジュンソクとサンテクの友情物語的展開なのだが、サンテクは単なるわき役。実はジュンソクとドンソクの似た者同士な男2人の青春刺し殺しムービーであった。ネタバレあり。 ―2002年公開 韓 118分―
映画『そして友よ、静かに死ね』ネタバレ感想
実在したギャングの自叙伝をもとに製作された作品らしい。オリヴィエ・マルシャル監督らしく、非常に男汁満載のハードボイルドな内容である。にしても、友情に厚い男って考えようによっては、迷惑この上ないわな。カッコいいけど。ネタバレあり ―2012年公開 仏 102分―
映画『友は風の彼方に』ネタバレなし感想 レザボアドッグスに影響を与えた一作
タランティーノの『レザボア・ドッグス』に影響を与えたと言われる、リンゴ・ラム監督の代表作の一つ。久しぶりに観たら古臭い感は否めないが、まぁそれは仕方ない。語らずとも通じ合う、男の友情が描かれている。ネタバレなし。 ―1991年公開 香 105分ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました