スポンサーリンク

映画『フルタイム・キラー』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の手抜き作品(笑)

フルタイムキラー
スポンサーリンク

フルタイム・キラー

新旧殺し屋がナンバーワンを決めるために死闘するアクション作品。ジョニー・トーの作品としては小粒な感じだが、笑えるし俺はけっこう好きだな。ネタバレあり。

―2004年公開 香 101分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:殺し屋の頂点を目指す2人の男が壮絶な戦いを繰り広げるアジアン・フィルム・ノワール。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウと「13階段」の反町隆史。監督は「ザ・ミッション 非情の掟」のジョニー・トゥと、「ヒーロー・ネバー・ダイ」のワイ・カーファイによる名コンビ。(KINENOTE)

あらすじ:マレーシア。孤高の殺し屋である“O【オー】”(反町隆史)は、冷静沈着な敏腕の殺し屋。“O”は過去に依頼された仕事を遂行する際に、偶然そこに居合わせたかつての旧友の命を奪ってしまったことがあった。タイでは、とある警察署に乗り込む、もう一人の殺し屋がいた。男は拘留中のターゲットを、手榴弾によって派手に爆発死させる。彼は、派手なスタイルで殺人を楽しむことを自分の流儀としている新人の殺し屋トク(アンディ・ラウ)だった。トクは殺しの世界で徐々に頭角を現してきていて、“O”を蹴落としNo.1になるという目的を持っていた。トクはまず香港の“O”のマンションで、家政婦チン(ケリー・リン)に接近する。“O”とトクは、同じ殺しのプロとして通じ合う部分を感じていて、互いの距離を縮めていた。その一方で、数年来“O”を執拗に追い続けている捜査官リー(サイモン・ヤム)もいた。“O”とトクの動きを観察しながら次第に近づいていくリーだが、常にあと一歩のところで取り逃がしてしまう。また、チンも“O”とトクの間で揺れ動き……(KINENOTE)

監督:ジョニー・トー/ワイ・カーファイ
脚本:ワイ・カーファイ/ジョーイ・オブライアン
原作:エドモンド・パン
製作:ジョニー・トー/ワイ・カーファイ/アンディ・ラウ
出演:アンディ・ラウ/反町隆史/ケリー・リン/サイモン・ヤム/チェリー・イン

ネタバレ感想

何が面白いって、反町氏が広東語(たぶん)喋れないから、香港人の役者たちが日本語喋っちゃうところ。字幕つけといてくれないと、何言っているのかよくわからない。ちなみに、反町の日本語もよく聞き取れないので、こちらもできれば字幕がほしいところだ(笑)。

トク(アンディ・ラウ)は病気持ちだが、売り出し中の凄腕殺し屋。ナンバーワンと言われるO(反町)に肉薄する腕前の持ち主で、何とかOを出し抜こうとする。赤い革ジャンとかよく着れるなと思うが、そこはさすがイケメンのアンディ・ラウである。なかなかに似合っている。

彼はOを出し抜こうとしているわけだが、実はOの実力ってさほど凄くないのではないか。警察の包囲から逃げられたのも、トクが横槍入れてくれたからだし。

彼らの間に入る女性の心理が俺にはよくわからんかったが、トクもOも彼女に惚れているらしい。どっちもイケメンだから、迷いますなぁ。

で、この作品のいいところは、ラストで彼女を介して、トクとOが楽しそうに酒を飲むところ。あの3人のシーンはとてもいい。友達みたいだ。

ともかく、ハチャメチャな内容ではあるが、一応スッキリ落ちはついているし、演技に難ありとは言えども、当時の反町隆史はイケメンだったなぁと思う。最近はこの手の顔の人はさほど人気ではないみたいだけど、男っぽくていい顔しているとあらためて思った。イケメンうらやましい。演技はダメだが(笑)。

ジョニー・トー監督は当時、反町を起用した理由について「商業的なことだ」と正直に言っちゃったらしい。さすがだ(笑)。他のアクション作品と比べると内容は少し物足りないし、手抜きな感じはするものの、俺はけっこう好きな作品である。それは反町氏の存在によるところが大きい。いろいろな意味で(笑)。

映画『ザ・ミッション 非情の掟』ネタバレ感想 ジョニー・トー監督の傑作
ジョニー・トー監督の名作にして傑作。年に1度は観たくなる。合計何回鑑賞しているのか覚えてないくらいだが、いつも楽しめる素晴らしい作品。ガンアクションや男の友情的な話が好きな人にはぜひおすすめしたい。ネタバレあり。 ―2001年公開 香 81分―
映画『ホワイト・バレット』ネタバレ感想 ラム・シューのホクロひげ(笑)
ホワイト・バレット 解説:『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』などの鬼才ジョニー・トーが放つサスペンスアクション。ある救急病院を舞台に、重傷を負った強盗犯と彼を監視する警部、手術を拒む強盗犯を説得する医師の姿を、病院に忍び寄る強盗犯の仲間との...
映画 銃撃戦 ガンアクションがすごい良作2本!『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』
映画の銃撃戦シーンが大好きな人って多いと思う。俺も好き。いろいろ思い浮かべる作品はあるけども、あまり凄さが知られてなさそうな『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』を簡単に紹介。ガンマニアではないので、武器の扱い方とか射程距離がどうのとかそういう細かいところは知らん。『誘拐犯』は結末に触れてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました