スポンサーリンク

映画『沈黙-サイレンス-』立場を変えて考えたら、あることに気付いた!

スポンサーリンク

沈黙-サイレンス- (2016)

解説:遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マー
ティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる
江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。『アメイジング・
スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野
忠信ら日米のキャストが共演。信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。(シネマト
ゥデイ)

あらすじ:江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師の
フェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロド
リゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロ
ー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々
と出会い……。(シネマトゥデイ)

監督:マーティン・スコセッシ

主演:アンドリュー・ガーフィールド/アダム・ドライヴァー/窪塚洋介/浅野忠信/イッセー尾形/リーアム・ニーソン  他

以下、ネタバレしてます!

スポンサーリンク

沈黙しちゃうね

以前紹介した『沈黙の陰謀』とは違う意味で、そしてタイトル通り、沈黙しちゃう映画でした。もちろん、いい意味で。素晴らしい映画です。

ただ、なんというか、感想を言いづらい作品だなぁとも思うです。なんでだろうかって考えると、カトリックつまりキリスト教の布教活動が物語の軸になっているからだろうか。

物語での神父たちは師匠の消息を知る目的で日本に来るわけだけど、キリスト教の布教にも使命感を持っている。それはね、いいんです。いいんだけど、作品内でも触れられているように、布教活動ってある意味では余計なお世話なんだよね。

しかも、主人公のロドリゴさん、ものすごく信仰心が篤いからなかなかの頑固者。だからこそ、簡単に棄教はできないのであり、かなり苦しむことになるわけだ。

頑なすぎてちょっとツライ

浅野忠信が演じる通辞だったか、リーアム・ニーソン扮する師匠だったか忘れてしまったけど、「仏教もカトリックも、本質の部分では通底した部分があるんだよ」。みたいなセリフがあった。そうなんだよねぇ。だからそんなにキリスト教の神様ばかりを絶対視しなくてもいいと思うんだが。

ということで、個人的には通辞や井上筑後守、師匠=沢野忠庵の言っていることのほうが共感というか納得できちゃって、主人公のパードレさんにはけっこうイライラしてしまったのである。

なぜって、人々を救済するのが宗教の役目の一つなんだとしたら、その教祖だったり神様だったりの教えというか、その宗派の教義を破るような行為って、どこかで必要になってくると思うんですね。

信仰心だけでは人は救えない

だから、イエスや神様への信仰心を捨てない主人公のロドリゴ・パードレさんは、信者をほとんど救えてないんですよ。むしろ苦しめて死にいたらせている。まさにこの作品ではそうした状況が描かれているわけです。

個人的には、神様が最後まで沈黙していたのかどうかというのは、あまり関心がなくて、殉教を選ぶほどの信仰心が、どうして人の心に生まれるのかとかを考えさせられた。いろいろと要因となることは考えられるものの、もちろん、結論はでないが。

でも、そういう一面的な見方でいいのか?

ただ、自分は特定の宗教を信じていないので、埒外からものを見ているような感覚でいたけども、いろいろ考えてみたら、実は外側にはいられないんだってことがわかった。頑固という意味では、俺もパードレさんと同じ穴の狢なのである。

なぜなら、特定の神を信じないことを信じているから。つまり、宗教ではない何かを信じているから。信じていない状態を信じているから。

今日から●●を信じなさい!

どういうことかというと、仮に無神論者が迫害・弾圧される世の中になったとする。ある特定の”何か”を信じるように強要されたとする。そのときに自分の世界観を捨てて、”何か”を信じることができるだろうか?

できない、したくないと思うのではないか。作品内で「形だけでいいから」というセリフがあった。確かに、形だけならできるだろう。でも、それは文字通り形だけのこと。

ガリレオのように、「それでも地球は動く」と、きっと言いたくなるはずだ。つまり、俺自身も宗教とは違う、何か別の概念を信じて生きているのである。

実は、普遍的な問題だったのだ

そう考えると、この映画はパードレやキリシタンたちの苦悩、そして神を信仰するとはどういうことなのかという内容を描きつつ、登場人物たちが陥っていた状況は、実は誰にでもありうることで、他人事のようには見られない作品だったのだなと思わされる。すごい。

イッセー尾形がすごくいい

日本人の俳優さんたち、いい感じでしたね。中でもイッセー尾形さんがすごくいい。なんなんだろうか、あのそれっぽさ(笑)。ツバをゴニョゴニョしたりとか、扇子でハエをはらったりとか、人を呼びつけるときのあの感じ。所作全てに説得力があるというか、なんだかよくわからんのだが、あの人の演技だけずっと見ていたくなった。そのくらい素晴らしかった。

ということで、スコセッシ監督の映画はけっこう好きな作品いっぱいあるけど、この映画もその中の一つに加わることになりました。

信仰にまつわる話が出てくる記事↓

映画『パラダイム』ネタバレ感想 カーペンター監督の謎めいたホラー
ジョン・カーペンター大先生の作品。わかりづらい話だが、ホラーとして単純に面白い。一応自分なりの解釈があるので、そのお話を。邦題がヒントになっている。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画『 哭声 / コクソン 』ネタバレ感想 噂に流されてはいけません
劇場で2回観たけどようわからん。映画評論家の町山智浩氏の「映画無駄話」によると、この作品は細部の全てが辻褄が合うようにつくられてはいないらしい。監督は「何でなにもしてない人間が苦しむのか」「神はいるのか」的な話を描きたかったんだとか。それも踏まえた感想。ネタバレしてます。 ー2017年公開 韓国 156分ー
映画『エンド・オブ・デイズ』 悪魔VSシュワちゃん 結末が・・・だけど、面白いです ネタバレ
聖職者たちは「神を信じなさい、信じるものは救われる。教会に篭り、時が過ぎるまで娘をかくまい続けよう」と言うのですが、ジェリコはそれを認めません。「信仰が何になる? そんなので娘(クリスティーン)を救えるか! 俺が俺の銃で守ってやる、そのほうがいい」・・・
映画『捕らわれた女』 こんなエンドロール、見たことない!(ネタバレ)
サスペンスかと思ったら、全然違った(笑)。まぁでも、淡々と物語が続くものの、最後まで見ようと思わせてはくれる作品だとは思う。細部に突っ込みはいろいろあるものの、作品自体にそこはかとない静謐さが漂っていたこともあって、まぁ、いいかなと思えた。しかし、エンドロールがそういう気持ちを台無しに・・・(笑)。
映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』 真理などは絶対にない、というのが真理なんだ
素晴らしい作品。とにかく荒唐無稽でぶっ飛んでる。瞑想タンクとキノコの幻覚剤を使用して自分の中にある生命の根源の記憶を追体験する装置。そこに入るとすさまじいトリップ状態に陥り、自分の生まれる以前の細胞、遺伝子の記憶を見る旅が始まる。中盤からラストの展開にぐいぐい引き込まれる・・・
映画『ロスト・ソウルズ』雰囲気だけのホラー
悪魔憑きの話なのに悪魔が出てこない。実はその点には好感を持ちました。とはいえ、酷いです。話が平坦すぎて飽きるし、謎めいているというよりは、ただ意味のわからないだけの説明不足の会話。重要な伏線かと思いきや、意味不明なだけに終るシーン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました