スポンサーリンク

映画『九龍猟奇殺人事件』ネタバレなし感想 実話を基にした猟奇殺人事件の顛末

スポンサーリンク

九龍猟奇殺人事件

鑑賞を終えてから知ったんだけど、この話は実際にあった出来事を基にしてつくられたらしい。好んで鑑賞する香港映画とは異なる、シリアスな内容だったけどなかなか楽しめた。ネタバレなし。

―2016年製作 香 98分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

香港で実際にあった売春婦バラバラ殺人事件を元に描いたサスペンススリラー。ティンという男が、援助交際をしていた16歳の女子高生・ジェイメイを殺害、解体して捨てたと自首してくる。不審に思ったチョン刑事は、事件を執拗に追い続けるが…。(KINENOTE)

監督・脚本:フィリップ・ユン
出演:アーロン・クォック/エイレン・チン/ジェシー・リー/マイケル・ニン/パトリック・タム

感想

実話を基にした殺人事件

アーロン・クォック主演てことで、『極限探偵』シリーズみたいな内容かと思ったら、全然違って、実際にあった事件が題材。事件そのものの手口とか登場人物たちの置かれた生活環境は、恐らく実話に基づいているのかなと思わされる。

人物に詳細な心理描写はない。しかし、登場人物たちの思いみたいなのは垣間見えてくるつくりになっている。これらは、事件を掘り下げたうえで描かれるフィクション的な部分だろう。

てなことで、現在と過去が入り混じり、細かい説明がないので物語に没入するのがなかなか大変だったけど、鑑賞し終えてみると、なるほど、そういう話だったのかと納得。

逃れられない環境で起こる凄惨な事件

俺は香港には一回だけ観光で行ったことがあって、あのゴチャゴチャした街並みがものすごく気に入って、また訪れてみたいと思っている。

ただ、香港も格差社会で貧富の差がかなりあるらしく、観光的に夜景だのあの街並みを楽しんでる分にはいいけども、厳しい生活環境におかれている人もたくさんいるわけだ。当たり前だけど。

特に、香港の場合は低所得者の住環境って本当に酷いんだろうなということを、この映画その他、香港の作品を観ているとよく感じる。あんだけ人口があるのに土地が狭すぎるんだよね。だからこそ、ああした街並みになるんだし、外から見ている人間はその景色に刺激を受けるし魅力なんだけども、あんな薄暗いビルの中にある狭い部屋に住みたいとはなかなか思えない。高級なタワーマンションとかに住めるなら別だけどさ。

この映画に出てくる人たちは、そんな悲惨な住環境で生きざるを得ない人たち。自分で望んだわけでもないのに貧困層の両親から生まれてしまったら、その時点で人生の選択肢は限られてしまう。そういう意味では実際に起きた事件を題材にしているだけあって、香港の社会状況の一面を知らせる優れた内容になっている。

しかも、この作品で被害者となる少女は、香港出身ではなく、どっかの地方都市からやってきたようだ。そうなると、香港の社会状況というよりは、中国の――とも言えそうである。

この作品を娯楽として面白いかと言われると、微妙な部分はあるけども、この作品で描かれる貧困層の生活環境って、日本(というか、世界全体か)でも対して代わりないんだろうと思う。

映画『全員死刑』ネタバレ感想 題材は大牟田一家4人殺害事件
バイオレンス描写がなかなかエグイが、ところどころで笑えてしまう変な映画。実際に起きた事件を題材にして脚色を加えた内容に、作り手のパワーを感じた。最後まで面白く観られる娯楽作品である。ネタバレ少し。 ―2017年公開 日 98分―
映画『ケンとカズ』ネタバレ感想 青春犯罪友情映画
これはなかなか切ない話だ。底辺の生活から抜け出すには、犯罪に手を染めるしかないのだろうか。現代社会のリアルな一面を描いているようにも思わせて、非常に優れた作品だと思いました。関係ないけど、なんかね、タイトルの語呂の良さが「ずんのやす」を思わせる。「ずんのやす」「ケンとカズ」(笑)。ネタバレすこし。 ―2016年 日 96分―
映画『クズとブスとゲス』ネタバレ感想 クソとボケとバカ(笑)
これはなかなかすごい映画だ。よくわからない熱を感じる作品であった。主演も努めた奥田康介監督のあの風貌。忘れようにも忘れられん。まさにクズが服を着て歩いているような男で、その突き抜け方にはある種の爽やかさすら感じる。普段と異なる映画体験がしたい人にはオススメです。ネタバレあり。 ―2016年 日 141分―
映画『ディストラクション・ベイビーズ』ネタバレ感想 行為の塊と化した機械人間の話
主人公は「喧嘩をする」という行為そのものの存在で、行為の塊なのである。まさしく喧嘩機械、戦闘機械、攻撃本能だけで生きているような別次元の人間なのだ。それでもあえて1人の人間として類型化してみると、恐らく彼は、真っ直ぐで純粋な人間であったんだろう。
映画『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』見どころは高速道路の銃撃戦
登場人物が多めなんで、ある程度は役者の顔を識別できたほうが、話の筋を追いやすい。てなことで、香港映画好きじゃない人が見るにはその点がちょっときついかも。面白いんだけどね。少しだけネタバレ ―2013年公開 香港 102分―
映画『コールド・ウォー 香港警察 堕ちた正義』ネタバレ感想
警察内の権力争いを描いた前作の結末と、今作をあわせて、ようやくラウ(アーロン・クォック)とリー(レオン・カーフェイ)の戦いに決着がついた感じ。個人的には今作のほうが面白く感じた。ネタバレあり。 ―2017年公開 香=中 110分―
映画『プロテージ 偽りの絆』ネタバレ感想 ドラッグの恐ろしさが分かる良作
潜入捜査もの、麻薬がらみの犯罪ものが好きな人にはオススメしたい良作です。香港映画がすごく好きな人は当然知っている作品なんだろうが、そうではない人も観る価値のある映画と思う。ネタバレ少し。 ―2007年製作 米 109分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました