スポンサーリンク

映画『殺人の才能』ネタバレ感想 恋人あきらめてればよかったのに

スポンサーリンク

殺人の才能

失業したことで裏社会の仕事をすることになった主人公が、自分の中に隠れていたある才能に気づく。その才能とは、殺人を犯すことであった――。そんな彼が、どうなっちゃうのかという話。個人的には、なんだかよくわからない変な映画だと思った。あと、主人公の恋人に全く魅力を感じない。ネタバレ少し。

―2014年製作 韓 102分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:『プンサンケ』のチョン・ジェホン監督によるスリラー。リストラされ、恋人にも振られたミンス。そんなある日、再会した元上司に見下されたミンスは、怒りのあまり衝動的に殺害してしまう。自らの「殺人の才能」に気付いた彼は、快楽殺人鬼と化し…。(KINENOTE)

あらすじ:長年勤めた職場から追い出され、一瞬にして失業者になってしまったミンスは、結婚を約束していたガ-ルフレンドに振られてしまう。そんなある日、ミンスは偶然前の上司に会い、思わず殺してしまう。自責の念も束の間、彼は自分の中の“殺す才能”に気づいてしまい…。殺人の快楽に目覚めた男を描いた、スリラー作品。 (「Oricon」データベースより)

監督・撮影:チョン・ジェホン
出演:キム・ボムジュン/ペ・ジョンファ/チョン・キュウォン

ネタバレ感想

肉屋さんは臭うんです

失業した主人公は肉屋でバイトするんだけども、他人から「肉臭い」と言われる。この発言ってものすごい職業差別に思うし、言ってる人間に対して、「おまんらはその肉を食ってんだろ」と言ってやりたくなる。――というのは本筋とは全く関係ない話だ。

リストラ社員の再就職先は?

主人公は保険会社での働きがあまりよくなかったらしい。だから、「早期退職」と本人は言うものの、実はリストラ。職場の仲間からも使えない奴というレッテルを貼られていたようだ。気の毒。しかし、街にある防犯カメラの位置を記憶しているなど、そうした部分ではなかなか優れた能力を持っていたようにも思える。

怒りで殺人衝動に目覚める

で、そんな彼が恋人の弟の誘いを受けて、車の窃盗という犯罪で稼ぐ道を選ぶことに。最初の犯罪以降は味を占めて順調に稼ぎを得ていた。ところがある日、元上司と遭遇していろいろバカにされたもんだから、激怒してそいつを絞殺。自分の中にある殺人衝動に目覚めていくわけだ。

殺人の才能とは?

本作の邦題は「殺人の才能」ってなっているけども、これって解釈のしようが幾つかあるように思う。おそらく邦題をつけた側の意図としては、主人公のミンスが持つ、他人にはない能力の1つに殺人があると言いたいんだと思われる。

だけど、殺人の才能ってなんだろうか。殺人をしても捕まらない用意周到な計画づくりができることだろうか。そうだとすると、ミンスのやっている犯行はかなり杜撰。街中の防犯カメラに写らないところで車の運転代行をして、その持ち主を絞殺するってことなわけだが、死体はその辺に埋めているだけで、あんなことしてたら、いずれは捕まるだろうと思われる。だから、捕まらない才能はない。

というか、あんだけ人が失踪しているんだから、世間でもっと騒がれてしかるべきだとおもうんだけど。ちょっと都合がよすぎ。

殺人の才能とは? その2

てことで、俺が思った彼の才能というのは「ためらいなく人を殺すことができる才能」なんではないかということ。殺人って人として一線を超えちゃう行為。その線の向こう側にいくことができるのがミンス。そういう才能があるってことなんだと解釈した。

彼は殺人にかなりの快楽を覚えているようで、どうも犯行を思い出して自慰行為をしているように思わせる描写もある。つまり一般的に言えば、変態野郎だ。元上司殺しで一線を超えたときに、自分の潜在的な欲望みたいなものに気づいちゃったわけだ。

勝手に別の展開を期待してしまった

俺は物語の展開として、この主人公が裏社会で殺し屋として殺しの才能を発揮し、財を成していく話になるんだろうと思ってて、それを期待していたんだけども、残念ながら全然そういう話にはならなかった。

主人公は恋人の弟と一緒に、車を盗むのだ。で、その犯行の中で車の持ち主を殺し続ける。そのうちに、殺すのが目的になっていき、車を盗むほうがついでになっているようにも見えてくる。

いずれにしても、こんなん続けてても先はないだろうと思っちゃうんだが、彼にはそういう想像力がないようで、その辺が一般的な仕事ができない無能さだったのかもしれない。

あの彼女のためにそこまでする心境がわからんです

あと、理解できないことが1つ。ミンスの彼女がクズすぎないかね。一度振られたときに彼女の本性が知れたんだから、よりを戻そうと頑張る必要なんて、なかったんじゃないかと思った。この辺もミンスのバカさを表現しているんだろうか。だってあの女、相手に金しか求めてないじゃん。酷いと思うよ。付き合う相手を選ぶ才能がない男だったんだな、ミンスは。

てなことで、最後までよくわからん変な映画であった。

映画『アイム・ノット・シリアルキラー』ネタバレ感想 ラストに超展開
ソシオパスの主人公がシリアルキラーと対決する話。シリアルキラーの殺人現場を目撃したことで彼に興味を持ち、相手の生活に入り込んで少しずつ追い詰めていき、クライマックスのあの展開。あれは何だったんだろうか。よくわからん(笑)ネタバレあり。 ―2017年公開 愛=英 104分―
映画『オフィス 檻の中の群狼』ネタバレ感想 社畜はつらいよ(笑)
韓国って就職するの大変らしいね。だからあの女の子はあんな糞会社でも必死なんだろうとは思わされる。家族を殺しちゃうオッサンのラストのセリフなんかも、社畜の辛さが垣間見えるものであった。ネタバレあり ―2016年公開 韓 111分―
映画『22年目の告白 私が殺人犯です』ネタバレ感想 サイコパスは出てこない
オリジナルと比較するとサスペンス的な内容に仕上がっているところがいい。とはいえ、なんか腑に落ちない部分もあったなぁ。ネタバレあり ―2017年公開 日 117分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました