スポンサーリンク

映画『リベンジ・リスト』ネタバレ感想 激おこトラボルタ

リベンジリスト
スポンサーリンク

リベンジ・リスト

公開当時に観られなかったのでレンタルで鑑賞。トラボルタ主演映画作品なんて久しぶり。内容は良くも悪くも期待通り。リベンジ映画としては小粒感もあるが、安心して楽しめる作品ではあった。ネタバレ少し。

―2017年公開 米 91分ー

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ジョン・トラボルタが元特殊工作員を演じるアクション。目の前で強盗に妻を殺害された中年男スタンリー。容疑者は捕まるが悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。妻を守れなかった己の無力さへの怒りが男の過去を呼び覚まし、壮絶な復讐劇が始まる。(KINENOTE)

あらすじ:自動車整備工のスタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)は、ある日、目の前で強盗に妻ビビアン(レベッカ・デモーネイ)を殺害されてしまう。容疑者チャーリーは捕まるが、裏社会と繋がっているギブソン刑事(サム・トラメル)によって事件はもみ消され、チャーリーは釈放される。そんななか、理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが男の過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らしていたスタンリーは、実はかつて数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の工作員であった。同じく元工作員の情報屋デニス(クリストファー・メローニ)の協力を得ながら、封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていくスタンリー。標的は、チャーリー、裏社会のボスであるレミ・K、そしてギブソン刑事……。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、スタンリーの怒りは臨界点を突破する……。(KINENOTE)

監督:チャック・ラッセル
出演:ジョン・トラボルタ/クリストファー・メローニ/アマンダ・シュル/サム・トラメル

ネタバレ感想

妻を殺された自動車整備工のビル(トラボルタ)が、怒って復讐に走る話。実は彼、過去に特殊部隊の工作員として殺し屋のような働きをしていたんだが、奥さんとの結婚を機にその世界から足を洗って普通の生活をしていた。

てなわけで、奥さんを殺されたことに激怒した彼が、殺した犯人たちを捜し出してぶち殺すための活動を始めるのであった。

似たような設定の映画は最近作でも結構あるので、特に目新しさはない。しかもそれぞれのアクションシーンもさほど派手さはなく、倒すべき黒幕もそれなりに巨大ではあるものの、ラストの展開も結構小粒。あっという間に復讐を果たしちゃう感じでなかなかあっさり劇終を向かえちゃう。

まぁでも、全編通して退屈さはなく、最後まで楽しめる内容であった。よい部分は、過去の相棒が登場し、彼がいろいろと便宜を尽くしたり、戦闘に加勢してくれるところ。腕も錆ついてないようで頼りになるし、ビルと軽口を叩き合うシーンなんかもあって、バディームービーとしても観られる内容として仕上がっていた。

ちょっと気になったのは、元プロの工作員だったにしては、娘を守るための備えが適当な感じ。それでも娘が死なずにすんだのは単なる運によるところが多いのであり、ビルたちの計画によるものではない。その辺はもっと慎重になってもよかったんではないだろうかね。その方がプロとしての凄みが出たと思うんだが。

映画 銃撃戦 ガンアクションがすごい良作2本!『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』
映画の銃撃戦シーンが大好きな人って多いと思う。俺も好き。いろいろ思い浮かべる作品はあるけども、あまり凄さが知られてなさそうな『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』を簡単に紹介。ガンマニアではないので、武器の扱い方とか射程距離がどうのとかそういう細かいところは知らん。『誘拐犯』は結末に触れてます。
映画『アトミック・ブロンド』ネタバレ感想 女性特有の格闘術が見どころ
アクションとしても単純に楽しめる作品だけど、鑑賞にあたっては、SNSで流れている作品の人物相関図を事前に見ておくとイイと思う。あとは、ベルリンが東西に分断されていた時の歴史とかを少し知っておくと、より作品の背景がわかってて楽しめる。いきなりネタバレしますので、未見の方はご注意ください。 ―2017年公開 米 115分―
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ネタバレ感想 娘役が可愛くない
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK シリーズものの2作目。おもしろポイントは無口でクールな主人公が女性に振り回されるシーンだろうか。ネタバレあり ―2016年公開 米 118分― 解説あらすじ・スタッフとキャスト ...
映画『スリープレス・ナイト』ネタバレ感想  充分スリープできます(笑)
フランス映画のリメイクらしいです。眠れないほどの心配事ができてしまったジェイミー・フォックス演じる主人公。けっこうな超人ぶりを発揮してくれます。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 95分―
映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!
リアリティとかを気にしなければ楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。―2015年 米 101分―
映画『メカニック ワールドミッション』ネタバレ感想 続編は難しい
前作が面白かったので昨年劇場で観ようとしてたのに行けなかった作品。レンタルしてきて観た。前作ではステイサム演じる殺し屋のビショップが一匹狼なところがよかった。果たして今作ではどうだったんだろうか。ということでネタバレあり。 ―2016年 米 99分―
映画『フリー・ファイヤー』ネタバレ感想 銃撃戦が満載だが…
予告が面白そうだったので鑑賞してきた。銃撃戦に突入してからは劇的な展開があるわけでもなく、登場人物が淡々と撃ち合いをしている感じ。眠たい映画でした。ネタバレあり。 ―2017年 英=仏 90分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました