スポンサーリンク

映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!

スポンサーリンク

ジョン・ウィック

7月に2作目が上映されるということもあって、再鑑賞。完全に内容を忘れていたので観ておいてよかった。リアリティとかを気にしなければ思ったより楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。

―2015年 米 101分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ

解説:「スピード」や「マトリックス」シリーズなどキアヌ・リーブスを主演に迎え、亡き妻の忘れ形見を奪われた元殺し屋がたった一人でマフィアに向かっていく復讐劇を描いたアクション作品。ガン・アクションとカンフーを組み合わせたスタイル『ガンフー』や、フォード・マスタングやシボレー・シェヴェルでのカー・アクションといった目を引くアクションを、スタイリッシュに映していく。監督は「マトリックス」シリーズのスタントコーディネーターや「ウルヴァリン:SAMURAI」のアクションコーディネーターを手がけたハリウッドきってのスタントマン、チャド・スタエルスキ。共演は「プラトーン」のウィレム・デフォーほか。

あらすじ:ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は裏社会にその名を轟かせた殺し屋だったが、愛に目覚め引退。しかし妻が死に、その忘れ形見はロシアン・マフィアの手により散ってしまう。ジョン・ウィックは怒りに身を任せ、たった一人、復讐に乗り出す。

予告とスタッフ・キャスト

(シネマトゥデイ)

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス/ウィレム・デフォー/エイドリアンヌ・パリッキ/ブリジット・モイナハン/ジョン・レグイザモ/デイヴィッド・パトリック・ケリー/ケヴィン・ナッシュ

類似作品より優れている設定

「ガンフー」と呼ばれるらしい、銃撃と体術を駆使した近接戦闘用の殺人技。これは『リベリオン』のガン=カタに近い格闘術だ。あとは、殺し屋など裏家業の人間が使えるホテルとか、その筋のやつらのみに流通しているっぽい金貨とか、殺し屋社会の掟みたいのがあるなど、随所にオリジナリティのある設定が見てとれる。

この辺がトンデモな世界観と言えばそうなんだけども、そこがこの作品の良さになっているという意味では、細部の設定づくりがうまいんだなぁと思った。そういう部分を含むと、似たようなジャンルの『イコライザー』とか『ザ・コンサルタント』よりも好ましく感じたのである。

映画『ザ・コンサルタント』新しい殺人マシーンもの誕生!
面白いです、この映画。難しく考えず楽しめるですな。ベン・アフレックてなんかモッサリしたイメージあるけど、この作品で見せる殺人術シラットはなかなかのもんでした。本家インドネシアの『ザ・レイド』ほどではないにしても。あと、使用される銃器がすべてかっこいい! シリーズ化されたらまた見たいですね。

キアヌカッコイイ。犬がかわいいいいいい!!

あと、単純にキアヌがかっこいい。そして、亡き奥さんがジョン(キアヌ)にプレゼントしてくれるビーグル犬が、キュン死にしそうなくらい可愛い。序盤で殺されちゃうのは残念極まりない。あの犬を拝むだけでも、観る価値はある(笑)。

ジョンは伝説になるほどの強さか?

とは言え、突っ込みどころはある。5年ブランクがあるとはいえ、あんなチンピラに自宅を襲われちゃうのはどうなんだろうとか、あのチンピラどもも、あそこまでするならジョンを殺しちゃえばいいのにとも思った。それじゃあ作品にならんのだが。

あと、掟を破ってでもジョンを抹殺しようとしてた女殺し屋。あんだけしぶとく生き延びさせておいてジョンとは最終対決に至らず、掟を守る組織にあっさり殺されちゃう。せっかく美人な女優つかっているのに、その美人さがあんまり活きていない撮り方されているのも、もったいないなと思った。

さらに、狙撃が上手いウィレム・デフォーはジョンを支援してくれるわけだが、表向きはロシアンマフィアのボスに雇われて動いてることにしてるんだから、もう少し最後まで慎重に動けやと思った。あんな余裕綽々で家に帰ってくるなんて、おかしいだろ。よく今まで生き延びてこれたと思うのである。

という感じに、周囲の助けや間抜けさにも助けられているため、ジョンが伝説級の殺し屋キラー(殺し屋を抹殺する殺し屋)には見えないのは、どうなのかと思うところだ。これはブランクがあるせいなのか。そこんとこは続編に期待したい。何しろ続編はこの作品の数日後くらいの話らしいので、リハビリを終えて、だんだんと過去の強さを取り戻していくかもしれないからだ(笑)。

レグイザモは続編にも出てほしい

ついでに、ジョン・レグイザモが自動車整備工場を営んでいるのだが、個人的には好きな俳優なんで、もう少し活躍してくれたらよかったかなーと。序盤のチンピラの追い出し方とか、ボスに対する態度とか、なかなか毅然としていて、非常にイカす奴だった。個人的に観てきたレグイザモの出演作の中では、かなりイイ役所のように思った。だからもっと活躍してほしかったのである。

とは言え、全体を通して言うと、この手の作品が好きな方にはオススメしたい内容の面白作品です。続編もぜひ鑑賞したい! 再鑑賞のクセに初めて観たような感想だ(笑)。

鑑賞しました↓

映画『ジョン・ウィック チャプター2』ネタバレなし感想 
殺し屋など裏家業の人間が使えるホテルとか、その筋のやつらのみに流通しているっぽい金貨とか、殺し屋社会の掟みたいのがあるなどオリジナリティを感じる設定が、個人的にこのシリーズの好きな部分。最初から最後まで暴れ続けるキアヌが拝める。ネタバレなし ―2017年 米 122分―
映画 ジョンウィックパラベラム ネタバレ感想 戦いの準備というより続編の…
「パラベラム=戦闘の準備」とかいう意味らしいけど、この内容だと「4作目の準備」だろ。やっていることは1作目から変わらん。ジョンの周りにわらわらと殺し屋が群がってきて、そいつらと格闘を繰り返すだけ。ジョンがガンフーアクションでひたすら暴れまくる映画と割り切れば、それでいいんだけども、さすがに飽きてきた。

7月までに公開される期待作↓

映画 2017年6~7月公開 期待の7作品! 
2017年6~7月公開予定の個人的期待作を7つ紹介。これは! というくらい絶対に観たいものは別にないけども、粒ぞろいだなとは思っている。

若い頃のキアヌ主演作品↓

映画『チェーン・リアクション』 エネルギー革命を起こせ!
いろいろ半端すぎて、なんとも言えない珍作。キアヌ演じるエディは、あるプロジェクトの中で重要な役割を果たしていた有能なエンジニアです。で、いろいろあって身柄を拘束するために追われたり、命をとられそうになったりする。だから逃げ続ける。
映画『ザ・ウォッチャー』と消えた少女の話をします
今回はキアヌさん主演の『ザ・ウォッチャー』の話です。でも、途中で余談を入れます。むしろ余談のほうが長いです。内容は期待してなくて、マリサ・トメイが目当てで見た。でも、彼女がなんかドッサリとした長髪になってて、『オンリー・ユー』の時の短髪の可愛げがなくなってて、ただのトホホなオバサンに見えてしまったので余計にガッカリ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました