スポンサーリンク

映画『ザ・コンサルタント』新しい殺人マシーンもの誕生!

スポンサーリンク

ザ・コンサルタント

解説:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンを演じたベン・アフレックが、複数の顔を持つアンチヒーローを体当たりで演じるアクション。夜な夜な巨悪に鉄槌を下す片田舎の会計士が、裏社会で壮絶なバトルを繰り広げる様子を映す。『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどのアナ・ケンドリックや、『セッション』などのオスカー俳優J・K・シモンズらが共演。複雑なストーリー展開に手に汗握る。(シネマトゥデイ)

あらすじ:小さな町で会計士として働くクリスチャン(ベン・アフレック)のもとに、ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる。調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが依頼は突然取り下げられ、それ以来クリスチャンは身の危険を感じるようになる。実は、彼は闇の社会の会計士として各国の危険人物の裏帳簿を握るすご腕の暗殺者だった。(シネマトゥデイ)

以下、ネタバレあり!

スポンサーリンク

新しい殺人マシーンもの誕生

平凡な生活を送っていると思われた男が、実はメッチャ強いやつだった! そういう作品ってけっこういっぱいあるよね。最近のだと『アジョシ』とか、デンゼル・ワシントンの『イコライザー』とか、『ドント・ブリーズ』も系統は違う作品だけど、そうだった。で、今回主人公の会計士は、軍人の父親に鍛えられ、自分も軍歴のある男です。

盲目サイコ親父、自分のあれを飲む(笑) 映画『ドント・ブリーズ』(ネタばれアリ)
2016年に日本公開されたホラー・スリラー映画で、ベスト3に入る作品。長すぎず短すぎない尺の中で、物語が二転三転。最後まで緊張感を途切らせずに楽しませてくれました。映画館に行く前からある程度の情報を得て、この作品に対して興味を持っていた点があります。

 

天才会計士であり、しかも超人的に強い

彼の超人的な強さは子供の頃から父親に厳しく訓練されたのが大きいけど、それに加えて彼は数学的才能が素晴らしく、会計士としても超有能。そのずば抜けた能力、彼が先天的な障害を抱えていることが一つの要因になっている。こういう人物がアクション作品の主人公ってけっこう珍しいと思うけど、どうだろうか。そして、この特徴がうまく活かされていることが、この作品の面白さにつながっていると思われる。

例えば、あの冷酷ぶり

この主人公って疾患のせいか、本人も自覚しているようにだいぶ他の人とはズレている。ただ、その部分がけっこう殺しの場面では活かされていて、ともかく、マシーンのように冷酷無比に相手の息の根を止めていきます。倒れた敵に必ず2発目をぶちこむとかなんかは、まさにそうだよね。

社会的な必要悪とか知らん

社会に貢献しているけども悪人。こういう輩って殺すか殺さないか葛藤しちゃいそうだけど、彼はそんなことはない。ためらいなく眉間ぶち抜きます。とは言っても、そうではないシーンもなくはない。その線引きがどの辺にあるのかは、彼にしかわからないのかも。そもそも彼が会計士として裏社会とつながっているのも、彼のこうしたパーソナリティと関連があるんだろうなと想像させられる。

アクションもいいです

てなことで面白いです、この映画。もう一回みれば細部がもっとよくわかると思う。単純なアクションとしても魅せるので、難しく考えず楽しめるですな。ベン・アフレックてなんかモッサリしたイメージあるけど、この作品で見せる殺人術シラットはなかなかのもんでした。本家インドネシアの『ザ・レイド』ほどではないにしても。あと、使用される銃器がすべてかっこいい! シリーズ化されたらまた見たいですね。

銃撃がカッコいいと言えば、こちらもおススメ

映画『ホワイト・バレット』ネタバレ感想 ラム・シューのホクロひげ(笑)
トー監督に励まされました あと、ラム・シューのホクロひげ(笑) ジョニー・トー好きにはたまらん内容。序盤からラストまで、緊迫感溢れる展開。圧巻は終盤! ジョニー・トーのすごいところは、銃撃戦のある作品において、常に何らかの新しい演出を見せてくれること。このシーンだけでも一見の価値アリな映画だと思いました!
映画 銃撃戦 ガンアクションがすごい良作2本!『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』
映画の銃撃戦シーンが大好きな人って多いと思う。俺も好き。いろいろ思い浮かべる作品はあるけども、あまり凄さが知られてなさそうな『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』を簡単に紹介。ガンマニアではないので、武器の扱い方とか射程距離がどうのとかそういう細かいところは知らん。『誘拐犯』は結末に触れてます。
映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!
リアリティとかを気にしなければ楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。―2015年 米 101分―
映画『リベリオン』単なる風刺のきいたSFアクションではない
管理社会を風刺、そしてその恐怖を描いた傑作の一つです。単なるアクション作品としても面白い。オリジナルの格闘術ガン=カタがいいですね。そして、考えれば考えるほど、広がりが出てくる作品と思います。こういう作品を見て思うのは、今の社会も悪くない。むしろよいってことですね。いろいろのことを自分で選べるわけだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました