スポンサーリンク

盲目サイコ親父、自分のあれを飲む(笑) 映画『ドント・ブリーズ』(ネタばれアリ)

スポンサーリンク

ドント・ブリーズ

 盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが、反撃に遭う恐怖を描くスリラー。リメイク版『死霊のはらわた』などのフェデ・アルバレス監督がメガホンを取り、オリジナル版のサム・ライミ監督と、ライミ監督とタッグを組んできたロブ・タパートがプロデュースを手掛けた。目は見えなくとも研ぎ澄まされた聴覚を持つ老人に『アバター』などのスティーヴン・ラングがふんし、リメイク版『死霊のはらわた』などのジェーン・レヴィ、『プリズナーズ』などのディラン・ミネットらが共演する。(シネマトゥデイ )

スポンサーリンク

ネタバレ感想

中だるみなしで緊張感が持続する秀逸な作品

2016年に日本公開されたホラー・スリラー映画で、ベスト3に入る作品。本作以外では、『イット・フォローズ』と『死霊館 エンフィールド事件』がよかったですね。長すぎず短すぎない尺の中で、物語が二転三転。最後まで緊張感を途切らせずに楽しませてくれました。

作品を見る前に気になってたこと

映画館に行く前からある程度の情報を得て、この作品に対して興味を持っていた点があります。それは、襲われる役である主人公たちのチームが3人と少ないこと。よくあるこの手の作品では若者はもう少し多くて、少なくとも4人以上のグループが襲われることが多いと思うので、「襲われる役が少ないけど、そこをどう面白く見せてくれるのか」と気になっていました。

あとは、ごく一般的なアメリカの住宅内が物語の舞台になっていること。日本の住宅よりは土地もあるだろうから広いとはいえ、郊外の別荘などではない以上、空間はある程度限定されているはず――。果たしてそこをどのように料理して作品として魅力を引き立たせるのか。前評判が良かっただけに、そういう点を気にして見てみました。

獲物が少ないなら増やせばいい。狭い空間なら外を使えばいい

と言うことで、人数の問題は序盤から伏線として出てくる人物が途中で登場。なるほど、少ないなら増やせばいいのだなと(笑)。あと、3人組のうち、黒人の青年が一番強そうなんだけど、早々に処分されちゃう。速攻で全滅か?! と思わせながら、残った2人、女の子と気のよさそうな青年の耐久力が異常に高い(笑)。死ぬだろ絶対! という攻撃を受けても絶命しないんです。でもまぁ、それも物語としておかしさを感じさせるほどではないからいいんでしょうね。

空間に関して言えば、山奥の別荘などが舞台になる場合、外にも広大なフィールドがあります。本作に関してもそれは同じでした。強盗に入るための下調べで主人公たちは老人の家の近所に誰も人が住んでいないことを把握している。だから、外でも人目を憚らず殺人を犯すことが可能なわけ。デトロイトという荒廃した街だからこそ実現可能な、今日的な背景を利用することでその点をクリアしてました。

ヒロインにあまり魅力がないのが…

これは好みの問題なんだけど、ヒロインの役者さんがあまり素敵ではなかったなと。役柄にもあまり感情移入できない。妹のためというのもあって必死なんだろうけど、もう一人の青年がちょっと不憫でしたな。

とは言え、青年のおかげで助かる部分はあるものの、盲目サイコ親父に抵抗して頑張るところなんかは、イイですね。盲目サイコ親父が自分のアレを図らずも口に含んじゃうシーンなんか、ホント笑えます。

続編つくれそう。別になくていいけど(笑)

ラスト、女の子は無事、妹とデトロイトを脱出。そして盲目サイコ親父は罪に問われない半面、金は失ってしまったわけだけど、やろうと思えばまた屋敷に侵入してきた娘を囲うこともできなくはないのではないか。続編を制作しようと思えばできるし、そうはしなくてもきちんと辻褄があってて、納得のラスト。脚本というかストーリーといいますか、一つの作品としてぬかりなく作りこまれたものなんだということを感じさせてくれるとても素晴らしい映画で、2016年の最後を飾るにふさわしい、楽しい作品でした。

評判悪いけど、個人的には楽しめた作品↓

映画『バイバイマン』ネタバレ感想 ラストにもう一工夫ほしいが面白い
何これ、おもしろい。特におっかないわけでも、グロ描写があるわけでもないから、ホラー好きな人には物足りないかもしれない。けど、俺はバイバイマンの設定に関心したので楽しめた。考えるな、言うな。考えるな、言うな。考えるな言うな考えるな言うな考えるな言うな、言うな、考えるな! ネタバレあり。 ―2017年公開 米 96分―

その他、オススメホラー作品の記事↓

映画 イット・フォローズ ネタバレ 少年は蚊トンボから獅子にかわったのか? 
少年は蚊トンボから獅子にかわったのか? 映画『イット・フォローズ』 (ネタばれアリ) 町山智浩氏の映画無駄話を引用しつつ、ちょっと異なる視点で同作品を説明
映画『クレイジーズ』ネタバレ感想 ロメロ作品の良質リメイクホラー
ジョージ・A・ロメロ監督作品のリメイクで、本作では彼が製作総指揮をとったらしい。ホラー映画として上質な出来だと思った。感染者の行動に一貫性がないのでその辺には不満があるものの、最後までハラハラドキドキできる。ネタバレあり。 ―2010年公開 米 101分―
映画『パラダイム』ネタバレ感想 カーペンター監督の謎めいたホラー
ジョン・カーペンター大先生の作品。わかりづらい話だが、ホラーとして単純に面白い。一応自分なりの解釈があるので、そのお話を。邦題がヒントになっている。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画『散歩する侵略者』ネタバレ感想 概念を奪うってすごい
人間から言葉の概念を奪っちゃう侵略者ってすごいね。ちょっと長めの感想になりますが、個人的なこの映画の解釈について紹介します。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 129分―
映画『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』ネタバレ感想 結末も面白い
前半と後半のイメージがガラッと変わる変な映画。鑑賞後に思ったのは、人間は目糞鼻糞だってこと。面白い映画だったと思います。ネタバレ全開。結末にも触れてます。 ―2006年公開 米 109分ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました