スポンサーリンク

映画『ジョン・ウィック チャプター2』ネタバレなし感想 

ジョンウィックチャプター2
スポンサーリンク

ジョン・ウィック チャプター2

殺し屋など裏家業の人間が使えるホテルとか、その筋のやつらのみに流通しているっぽい金貨とか、殺し屋社会の掟みたいのがあるなどオリジナリティを感じる設定が、個人的にこのシリーズの好きな部分。最初から最後まで暴れ続けるキアヌが拝める。ネタバレなし

―2017年 米 122分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:キアヌ・リーブス主演による元殺し屋の壮絶な復讐劇「ジョン・ウィック」の続編。再び隠遁生活に入ったジョンは、イタリアン・マフィアからある殺しを依頼されるが一蹴。マフィアの怒りを買ったジョンは、想い出の詰まった自宅をバズーカで破壊されてしまう。監督のチャド・スタエルスキ、脚本のデレク・コルスタッド、音楽のタイラー・ベイツといったスタッフや、オーレリオ役のジョン・レグイザモ、ウィンストン役のイアン・マクシェーンらが前作から続投。新たに「ラン・オールナイト」のコモン、「パッセンジャー」のローレンス・フィッシュバーン、「誰のせいでもない」のピーター・ストーメア、「二ツ星の料理人」のリッカルド・スカマルチョ、「トリプルX 再起動」のルビー・ローズ、「ジャンゴ 繋がれざる者」のフランコ・ネロが出演。(KINENOTE

あらすじ:伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)による壮絶な復讐劇から5日後。ロシアン・マフィアの残党から愛車フォード・マスタングを奪い返した彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)が姉殺しの依頼にやってくる。彼はかつてジョンが殺し屋業界を引退するために課された実現不可能とされたミッションを助けたことがあった。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴。サンティーノの怒りを買ったジョンは、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始。だが命の危機を感じたサンティーノは、ジョンに7億円の懸賞金を懸け、全世界の殺し屋がジョンの命を狙い始める……。(KINENOTE

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/リッカルド・スカマルチョ/ルビー・ローズ/ジョン・レグイザモ/コモン/ピーター・ストーメア/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/フランコ・ネロ

ネタバレなし感想

冒頭に書いたように、前作同様の独自設定を活かしてジョン・ウィックが終始暴れまくる内容であった。殺し屋同士の語らない友情めいたものを感じさせる相手もいれば、ジョンを殺すことで名を挙げたいと思っているような輩もいるし、サンティーノのボディーガードみたいな女殺し屋など、いろいろな相手をジョンが抹殺しまくるのである。

群がる雑魚もその筋ではそれなりの手練れたちだと思うんだが、ジョンにかかるとゴミ同然(笑)。雑魚らしくバッタバッタとぶち殺されていく爽快アクションが繰り広げられる。

にしても、ジョンは伝説になるくらいだから強くて当たり前なのはいいとして、冒頭から車にはねられたり、銃弾を受けたり、かなりのダメージがあるはずなんだが、ラストまで何だかんだ飛び回り走り回り、銃を撃ちまくり、敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げ続ける。

本作を鑑賞していて思ったのは、ジョンの強さって戦闘術にあるのはもちろんだが、あの耐久力こそが伝説の殺し屋たるゆえんでないかということだ。あと、あんだけの人数を相手にし続けられるスタミナ(笑)。

もちろんいつもこのブログで紹介しているB級映画と同じく、ツッコミたいところはたくさんある。でも、そんなんどうでいいかと思わせるのだ。観てて楽しいから。ちょっと残念なのは、キアヌのシャツの下の肉体がブヨブヨであったこと(笑)。そして、個人的に好きな役者であるジョン・レグイザモの出番が、前作にも増して少なくなっていたことくらいか。

映画『ジョン・ウィック』ネタバレ感想 ビーグル犬が可愛すぎる!
リアリティとかを気にしなければ楽しく観られる娯楽作品だ。凄腕の殺し屋が組織をぶっ潰す系の作品って昔からあるし、最近も多いけど、その中でも本作は独自の設定みたいのがあって楽しめる。ネタバレ少しだけ。―2015年 米 101分―
映画 ジョンウィックパラベラム ネタバレ感想 戦いの準備というより続編の…
「パラベラム=戦闘の準備」とかいう意味らしいけど、この内容だと「4作目の準備」だろ。やっていることは1作目から変わらん。ジョンの周りにわらわらと殺し屋が群がってきて、そいつらと格闘を繰り返すだけ。ジョンがガンフーアクションでひたすら暴れまくる映画と割り切れば、それでいいんだけども、さすがに飽きてきた。
映画『誘拐の掟』ネタバレなし感想 ハードボイルドなリーアム兄さん
リーアムニーソンが己の肉体と経験を駆使して悪と戦う映画ってなると、どうしても『96時間』を連想してしまうが、この作品はそこまで無敵なリーアム兄さんが拝めるわけではない。だが、ハードボイルドな内容でなかなか楽しめる作品であった。ネタバレあり。 ―2015年公開 米 114分―
映画『メカニック ワールドミッション』ネタバレ感想 続編は難しい
前作が面白かったので昨年劇場で観ようとしてたのに行けなかった作品。レンタルしてきて観た。前作ではステイサム演じる殺し屋のビショップが一匹狼なところがよかった。果たして今作ではどうだったんだろうか。ということでネタバレあり。 ―2016年 米 99分―
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』ネタバレ感想 娘役が可愛くない
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK シリーズものの2作目。おもしろポイントは無口でクールな主人公が女性に振り回されるシーンだろうか。ネタバレあり ―2016年公開 米 118分― 解説あらすじ・スタッフとキャスト ...
映画 銃撃戦 ガンアクションがすごい良作2本!『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』
映画の銃撃戦シーンが大好きな人って多いと思う。俺も好き。いろいろ思い浮かべる作品はあるけども、あまり凄さが知られてなさそうな『ブレイキング・ニュース』と『誘拐犯』を簡単に紹介。ガンマニアではないので、武器の扱い方とか射程距離がどうのとかそういう細かいところは知らん。『誘拐犯』は結末に触れてます。
映画『ホワイト・バレット』ネタバレ感想 ラム・シューのホクロひげ(笑)
ホワイト・バレット 解説:『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』などの鬼才ジョニー・トーが放つサスペンスアクション。ある救急病院を舞台に、重傷を負った強盗犯と彼を監視する警部、手術を拒む強盗犯を説得する医師の姿を、病院に忍び寄る強盗犯の仲間との...

コメント

タイトルとURLをコピーしました