バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画『ビジランテ』ネタバレなし感想 入江悠監督の描く骨太ノワール

骨太なノワール作品でした。入江監督の作品はSRシリーズ(ドラマ含む)の全てと『22年目の告白』を観ているけども、この作品がもっとも言葉を費やすのが難しい多層性のある物語だと思った。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 125分―
韓国映画

映画『殺人の才能』ネタバレ感想 恋人あきらめてればよかったのに

失業したことで裏社会の仕事をすることになった主人公が、自分の中に隠れていたある才能に気づく。その才能とは、殺人を犯すことであった。そんな彼が、どうなっちゃうのかという話。個人的には、なんだかよくわからない変な映画だと思った。あと、主人公の恋人に全く魅力を感じない。ネタバレ少し。 ―2014年製作 韓 102分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『九龍猟奇殺人事件』ネタバレなし感想 実話を基にした猟奇殺人事件の顛末

鑑賞を終えてから知ったんだけど、この話は実際にあった出来事を基にしてつくられたらしい。好んで鑑賞する香港映画とは異なるシリアスな内容だったけど、なかなか楽しめた。ネタバレなし。 ―2016年製作 香 98分―
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画『全員死刑』ネタバレ感想 題材は大牟田一家4人殺害事件

バイオレンス描写がなかなかエグイが、ところどころで笑えてしまう変な映画。実際に起きた事件を題材にして脚色を加えた内容に、作り手のパワーを感じた。最後まで面白く観られる娯楽作品である。ネタバレ少し。 ―2017年公開 日 98分―
バイオレンス・クライム

映画『オペレーション・メコン』ネタバレ感想 一番活躍するのは犬です

実話を基にした物語なせいか、ダンテ・ラム監督作にしては男の友情的な要素が他の作品よりは控えめに感じた。だが、そこがよいと思う。どこまでがノンフィクションなのかはわからんけども、緊迫感のある作戦が繰り広げられるので、なかなか楽しめる。ネタバレあり。 ―2017年公開 中=香 140分―
バイオレンス・クライム

映画『リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン』ネタバレ感想 

犯罪組織を描いた作品が好きなので、個人的にはかなり楽しめた。実話に基づいて製作されているためか、派手な演出はほとんどなく残酷な暴力の数々が描かれてて、そこはけっこうキツイんだが、そのリアルさがよかったと思う。ネタバレあり。 ―2015年公開 米 93分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画『プロテージ 偽りの絆』ネタバレ感想 ドラッグの恐ろしさが分かる良作

潜入捜査もの、麻薬がらみの犯罪ものが好きな人にはオススメしたい良作です。香港映画がすごく好きな人は当然知っている作品なんだろうが、そうではない人も観る価値のある映画と思う。ネタバレ少し。 ―2007年製作 米 109分―
バイオレンス・クライム

映画『潜入者』ネタバレ感想 潜入捜査官に、家族はいらない

実話に基づいた物語ってことで、なかなか面白く観た。潜入捜査を行うメイザ―氏がどんな思いで潜入捜査を進めていて、彼を取り巻く人々との間の葛藤もセリフを多用せずに描かれているところがよい。ネタバレなし ―2017年公開 英 127分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました