バイオレンス・クライム

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 DENGEKI 電撃 ネタバレ感想 セガールアクションのましなやつ

そこそこ楽しめるし、今作の格闘術を観るに、何か違う路線を模索してたのかなって思わせる内容だ。あと、この作品ではまだスリム(笑)。
バイオレンス・クライム

映画 ノーカントリー ネタバレ感想 不条理な暴力に満ちた世界

暴力にまみれた世の不条理を描いた作品であるが、本作は別に、こういうテーマ的なものを読み取ろうとしなくても、ストーリーを追っているだけでも楽しめる、アクションサスペンス作品としても高水準の出来になっている。
バイオレンス・クライム

映画 許されざる者 ネタバレ感想 無双ガンマンのイーストウッド

イーストウッドが監督としての存在感を強め始めたアカデミー賞受賞作品。この頃から大先生は単なるアクションやサスペンスではなく、そこに芸術性みたいなんを込めた作品を制作しだす。その芸術性ってのは人間の人生のやりきれなさみたいな絶望感や、人間の善悪を問うようなものだ。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 フルスロットル ネタバレ感想 ポールウォーカー主演作

ビビ・ナセリのパルクールは超人的。相棒役のポールウォーカーと彼が、お互いに自分に自信を持っている者同士として反目したり強さを誇示し合いながら次第に信頼関係を培っていくバディムービー的要素も込められているうえ、そのやりとりにユーモアがあるところが良い。
バイオレンス・クライム

映画 SWAT ネタバレ感想 ジェレミーレナ―がチンピラ

なかなか豪華なキャストのアクション作品。ジェレミーレナーてこういうチンピラ役が似合うよなぁ。そこが見どころ。
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

映画 殺されたミンジュ ネタバレ感想 なぜかと思わせるキムギドク

この内容を表現したいがためのストーリーと人物設定で、そういう意味ではリアリティに薄く、ツッコミどころもたくさんあるんだけども、寓話的な物語と考えるにそれはそれで、いいのかなっていう感じ。
2020年代の作品

映画 タイラーレイク命の奪還 ネタバレなし感想

ダッカの貧民街のマンションみたいなところで繰り広げられる近接格闘は、狭い場所だからこそのアクションって感じがして、迫力満点。あそこだけでもこの映画を観てよかったなと思えた。
2020年代の作品

映画 狩りの時間 ネタバレ感想 ネットフリックス 青春バイオレンス友情作品

希望のない韓国のある街に生きる若者(ジュンソク)が台湾にある楽園のような島への脱出を図って強盗をしたものの、現実の厳しさに苛まれてんやわんやした結果、いったいどうなってしまうのかという青春バイオレンス友情作品。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました