2020年公開の映画

スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャンが出てるだけ

映画 無敵のドラゴン ネタバレ感想 マックスチャン主演作ってことで期待して鑑賞したものの、肝心の格闘シーンの撮影が下手なのか何なのか、ビジュアル的にまったく迫力がなく感じてしまったのである。つまり見せ場である格闘シーンなのに、何の興奮もわかないのだ。これは残念すぎるだろ。
2020年公開の映画

映画 PMC ザバンカー ネタバレ感想 ハジョンウの傭兵アクション

映画 PMC ザバンカー ネタバレ感想 けっこう評判が良かったので鑑賞してみた。確かに序盤から中盤くらいの展開はスリリング。ハジョンウが不法移民の傭兵部隊の隊長を務め、CIAソウル支局の命で北朝鮮の重要人物であるキングの拉致を企てるサスペンスアクション。ネタバレあり。―2020年公開 韓 125分―
2020年公開の映画

映画 ランボー ラストブラッド ネタバレ感想 乱暴者VS人身売買組織

映画 ランボー ラストブラッド ネタバレ感想 前作から10年以上の時を経て、乱暴者のランボーが帰ってきた。今回の敵は軍人ではなくて、人身売買をしているギャング団。娘にも等しい存在がゴミのような扱われ方をされたことに大激怒。容赦なしの殺戮マシーンとしての本能をよみがえらせて、ギャングどもを抹殺にかかるのであった。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 エスケープルーム ネタバレ感想 続編がありそうなラスト

映画 エスケープルーム ネタバレ感想 賞金に釣られた男女6人がビル内に仕掛けられたトラップをかわしながら生き残りを図る、脱出ゲーム作品。続編がありそうなラスト。
2020年公開の映画

映画 ハーフオブイット面白いのはこれから ネタバレ感想 ネットフリックス配信作

教養レベルが高く、他の生徒のレポートを金で作成してやっている主人公だが、中国人ということで差別的扱いを受けている。しかも、同性愛者。そんな彼女がアメフト男子の依頼でクラス1の美女へ向けたラブレターを代筆してあげることで起こる騒動を描く。
2020年公開の映画

映画 雪暴 白頭山の死闘 ネタバレ感想 強盗団VS刑事VS山小屋の人

強盗団に親友かつ相棒を殺されちまった刑事が、執念で相手を追い詰めるべく奮闘。そこに美人なヒロインとの恋模様みたいなのを絡めて描かれるクライムサスペンス。 ―2020年公開 中 113分―
2020年公開の映画

映画 プロジェクトグーテンベルク贋札王 ネタバレ感想 ラストの展開が二転三転

予想以上に楽しめた。サスペンスあり、アクションあり、ラストもそれなりに二転三転して娯楽作品としてかなり高水準。チョウ・ユンファが『男たちの挽歌』のマークのような振る舞いをするシーンもあって、オマージュ要素をかなり感じられる。そこがまたよい。
2020年公開の映画

映画 AI崩壊 ネタバレ感想 2030年の社会を予見した作品

近未来、ITとAIを活用した生活が不可欠になった世の中で、日本だけでなく世界崩壊の危機を予見した作品。フィクションではなく恐らく10年後の世界は恐らくこうなっているだろうということが感じられる作品だ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました