2020年公開の映画

スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 鵞鳥湖の夜 ネタバレ感想

バイク窃盗を生業とする犯罪集団の一員が、ムショでのお勤めを終えて戻ってきたはいいものの、組織内のいざこざに巻き込まれて、図らずも警官を殺してしまったせいで、指名手配犯になってまう。そして、なんとか妻子に金を残してやろうと目論み、いろいろと頑張る話
2020年公開の映画

映画 幼い依頼人 ネタバレ感想 児童虐待の実態と酷さ

児童虐待のリアルかつ厳しい韓国社会の現状が描かれていた。こんな酷い親本当にいるのかね、と思っちゃうくらいに継母と親父がクソすぎて、まるで同じ生き物には見えない。という意味では、この作品はホラーだ。この世はホラー的世界だなと思わされる。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 銃2020 ネタバレ感想 加藤雅也が笑える

どういう意図なのか、中村文則の『銃』を映画化したチームが、あらたに女性を主人公にして製作した作品。最後まで見ても、なぜこの作品が必要と思ったのかよくわからん内容だった。加藤雅也の存在は笑えるが。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 クローゼット(韓国) ネタバレ感想 悪霊VS建築士&祈祷師

引っ越し先で娘が失踪してしまい、行方を捜す建築士の男。娘の失踪には悪霊が絡んでいるという祈祷師の力を借りて、異界に連れていかれた娘の救出のためにジタバタするホラー作品。やたらと実績にこだわる祈祷師の実績が謎。
2020年公開の映画

映画 ワンダーウーマン1984 ネタバレ感想 ゴールドアーマーが酷い(泣)

一次大戦時から時代を1984年にうつして、女戦士ワンダーウーマンの活躍が描かれるシリーズ2作目。何でも願いが叶っちゃう石を手にしたインチキ実業家のせいで、混乱に陥った世界をワンダーウーマンは救えるのか。相変わらずガルガドットの演じるワンダーウーマンはカッコいいのだが、あのゴールドアーマーはダサい! 酷い!
2020年公開の映画

映画 処刑山ナチゾンビVSソビエトゾンビ ネタバレ少し感想

ゾンビ騒ぎで仲間と自分の片腕をなくした男、マーティンが、ゾンビの腕を移植されたことで人外のパワーを手に入れ、ナチスのゾンビ軍団と血みどろの死闘を繰り広げる。マーティンの切り札はナチスに対抗するソビエトゾンビ達を仲間に引き入れることだった。いったいどうなってしまうのかーーネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 海底47m 古代マヤの死の迷宮 ネタバレ感想 スタローンの娘が出てる

意外にも楽しめた。前作よりもこっちのが面白かったなぁ。どの辺がいいかというに、サメの登場シーンや、死体の出てくるところのタイミングがいいのか、けっこうビビらせてくれるのだ。ラストの展開もスリリング。
2020年公開の映画

映画 なぜ君は総理大臣になれないのか ネタバレ感想 小川淳也議員の17年

衆議院議員・小川淳也を17年間にわたり撮影したドキュメンタリー映画。支援者や家族と一緒に選挙活動を頑張る姿などは、なぜか見ていて泣けてきて、実際に落涙してもうた(笑)。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました