2020年公開の映画

スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 CURED キュアード ネタバレ感想 ゾンビパンデミック後の世界

ゾンビ騒ぎがある程度収束した後の社会を描いた作品。コロナ禍になる数年前に製作されてるが、コロナ禍の今見ると余計に重苦しさを感じる内容。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 リトルモンスターズ ネタバレ感想 ゾンビコメディ

ダメ人間のミュージシャンの男が、甥っ子が通う学校の先生に一目惚れして、いいとこ見せようと遠足に同行したら、ゾンビ騒ぎに巻き込まれてジタバタする話。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 初恋 ネタバレ感想 三池崇史監督のバイオレンスなラブストーリー

三池崇史監督によるバイオレンスなラブストーリー。同監督の得意としているように感じるバイオレンスな内容にうまいことラブストーリーが絡んでいるような印象で、結構楽しめた。
スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 デッドドントダイ ネタバレ感想 ゾンビにUFO ラストで物質主義への警鐘

淡々とした感じで展開するジムジャームッシュ監督作のゾンビコメディ。ラストのほうで作品に込めた意図などはわかりやすく説明してくれてて、その内容には共感できるんだけど、その過程がぜんぜん楽しめなかったなぁ。キャストは豪華。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 鵞鳥湖の夜 ネタバレ感想

バイク窃盗を生業とする犯罪集団の一員が、ムショでのお勤めを終えて戻ってきたはいいものの、組織内のいざこざに巻き込まれて、図らずも警官を殺してしまったせいで、指名手配犯になってまう。そして、なんとか妻子に金を残してやろうと目論み、いろいろと頑張る話
2020年公開の映画

映画 幼い依頼人 ネタバレ感想 児童虐待の実態と酷さ

児童虐待のリアルかつ厳しい韓国社会の現状が描かれていた。こんな酷い親本当にいるのかね、と思っちゃうくらいに継母と親父がクソすぎて、まるで同じ生き物には見えない。という意味では、この作品はホラーだ。この世はホラー的世界だなと思わされる。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 銃2020 ネタバレ感想 加藤雅也が笑える

どういう意図なのか、中村文則の『銃』を映画化したチームが、あらたに女性を主人公にして製作した作品。最後まで見ても、なぜこの作品が必要と思ったのかよくわからん内容だった。加藤雅也の存在は笑えるが。ネタバレあり。
2020年公開の映画

映画 クローゼット(韓国) ネタバレ感想 悪霊VS建築士&祈祷師

引っ越し先で娘が失踪してしまい、行方を捜す建築士の男。娘の失踪には悪霊が絡んでいるという祈祷師の力を借りて、異界に連れていかれた娘の救出のためにジタバタするホラー作品。やたらと実績にこだわる祈祷師の実績が謎。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました